アルフレッサ株式会社アルフレッサ

アルフレッサ株式会社

(アルフレッサグループ)
業種 商社(医薬品)
商社(医療機器)/商社(食料品)/医薬品
本社 東京

先輩社員にインタビュー

船橋・習志野支店
中村 優(32歳)
【出身】経済学部 卒
【年収】非公開
頼りになるオーガナイザー
これが私の仕事 医薬品の情報だけでなく、多方面からの提案をアプローチするお仕事です!
医薬品商社の営業は、MS(マーケティング・スペシャリスト)と呼ばれ、お得意様である医療機関や調剤薬局に対して医薬品等の情報提供・販売活動をしております。人の命に関わる商品を取り扱っているため使命感の強い仕事です。
お得意様である医療機関との関係が深く、医薬品の情報・販売活動だけではなく、時には経営支援や独自の提案ツールを活用して他社との差別化を図る事もあります。そのため、お得意先様との信頼関係の構築がとても重要になります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
失敗から学ぶ成功により、成長を実感!
営業活動において失敗は必ずあるもの。 私自身、多くの失敗を経験して何度もくじけそうになりましたが、相談できる上司や先輩社員に囲まれながら、それが失敗ではなく、次につながる経験としていかに学べるかを日々考えています。新規開業をするクリニック様のお手伝いをしていた時、一時信頼関係が崩れそうになった時がありました。当時を振り返ってみると私の行動は一方的な提案のみ。一方通行では信頼関係を構築することはできません。相手の立場を考えて誠実に、また相手のニーズに合った情報を迅速に提供することで、信頼を取り戻す事が出来ました。結果的にはドクターから「君もクリニックスタッフの一員だから」と言っていただき、失敗で諦めることなくそれを経験として学ぶこと、そこに自分自身の成長を実感した出来事でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「誰かの役に立つこと」の想いに共感!
私の就職活動は、人の役に立つという観点から医薬品業界に絞り展開しました。当時は医薬品メーカーを中心に活動しておりました。しかし、当社の会社説明会に参加した時「医薬品等を通じて人々に健康と喜びを提供」という言葉を聞き、あらゆる患者様のニーズにドクターと同じ目線で処方薬を提案することで、病気で困っている人に陰ながら手を差し伸べることのできるこの仕事に魅力を感じ入社を志望しました。実際に今、人の命にかかわる医薬品を必要としている患者様の為に貢献しているということに、とてもやりがいを感じています。「誰かのために役に立つこと」その想いが入社の決め手でした。まだ模索しながらも、人の役に立ちたいという想いから始まったこの仕事は、今も常に私を充実させ成長させてくれています。
 
これまでのキャリア 2007年入社。医療用医薬品の営業(MS)として8年目。

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

人生の中で長い時を過ごす就職先を決めるということは、言い換えれば、これからの自分の居場所を探すということでもあるので悩みも多いかと思います。その中で大切なことは私の経験上3つあると思います。まず何をやるにも諦めないことです。そして、やりたいことに対して信念を持つこと。最後に自分自身を信じることです。必ず出会いはあります。自信を持って何でもチャレンジして就職活動をすれば、皆さんに合う会社が見つかると思いますよ。

アルフレッサ株式会社の先輩社員

医療関係の生命関連商品を取り扱う営業です!

川越支店
井上 大樹
日本大学 経済学部
[指向タイプ]ポジティブな実践派

生命関連商品の取扱い+αの営業!

一宮第二支店
藤田 裕也
名古屋外国語大学 英米語学科
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

ファンを増やす仕事です!

吹田支店
岡本 毅
総合情報学部
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる