北海道地図株式会社ホッカイドウチズ

北海道地図株式会社

【地図専門メーカー】空間情報のトータルソリューション提供
業種 情報処理
出版/その他製造/ソフトウェア
本社 北海道

先輩社員にインタビュー

営業部 東京支店
長谷川 拓真(25歳)
【出身】北海道大学  文学部 人文科学科 地域システム科学講座 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 地図と空間情報を用いた課題解決型の提案・コンサルティング(理想)
ひとくちに『地図づくり』と言っても作るモノはひとつとして同じものがありません。そこに難しさも面白さもあります。

自治体のお仕事に限っても、公共の福祉や住民サービスのためのモノ、組織内部の業務を円滑にするためのモノ、自治体の外にいる人に発信・PRするモノなど、作る内容は様々です。

また、その表現方法(図面・地形図・デザイン地図・鳥瞰図など)も出力方法(紙・パネル・床地図・模型・サイネージ・システムなど)もやっぱり様々です。

『地図』という手段をベースに、様々なお客様の持つ様々な情報の可視化を行い、お客様の目的達成や課題解決のお手伝いをしていくことが私たちの仕事です。

そのために、お客様と綿密にイメージを共有し、当社の技術者とも連携を取りながら一緒にカタチにしていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様に日々新しいことを提案していった結果、大型案件を新規に受注できた
入社した頃から各自治体でハザードマップを作り変える機運が高まってきました。
世の大半の方はハザードマップの使い方も情報の意味も、ましてや作り方など全然わかりませんでした。

そのような状態では良い提案に繋がらず引継いだ案件を失注したこともありました。
「このままではダメだ」と勉強し、上司や先輩、果てはお客様にも質問して情報をインプットしていきました。増やした知識を今度はアウトプットするべく、各自治体へ提案に提案を重ねました。

良い提案をしても、上手くいかない事も多々あり挫けそうになった事もありますが、折れることなく継続的に提案し精度を高めた結果、ハザードマップ作成の大型案件を新規受注できました。

営業の醍醐味は成果が数字に表れることですが、そこに苦労や努力が伴えばその喜びはひとしおです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 旭川発、「美しい地図づくり」で世界に誇れる企業
まず当社を知ったきっかけは、地元旭川市の企業ということで当時の社長が来校された私の出身高校の職業セミナーです。

当社の特長である鳥瞰図表現で国際コンクールの最優秀賞を獲得した話などを聞き、「旭川にもこんな企業があるんだ」と強く記憶に残りました。

しかし、高校生の頃は地図や地理学の世界を志していたわけではなく、大学に入ってGISのカッコよさに惹かれて人文地理学を専攻しました。
そして就活を進めていく中で、GISを生かせる業界や職種を考えていた時に、当社のことを思い出してエントリーしました。

その上で、北海道に縁を残しつつ北海道外で働きたいという歪な希望が叶いそうだったのも決め手のひとつです。
あまり立派な経緯や理由ではありませんが、これが等身大です。(面接でも近いことを話しました)
 
これまでのキャリア 営業系総合職(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活中も、社会人になっても、趣味や「好き」は大切にした方が良いです。

北海道地図株式会社の先輩社員

地図を利用したシステムの改修

空間情報開発グループ
N・S
室蘭工業大学大学院 工学研究科情報電子工学系専攻

地図に係るサービスの営業。地図で悩んでいる方の相談相手になります。

営業部 東京支店
イワサキ エリコ
国士舘大学 文学部史学地理学科

電話・来客応対から経理・勤怠管理まで…「気づく力」が求められる仕事

管理部
K.A
岩手大学 人文社会学部 国際文化課程

地図製作の官公庁営業

営業部 東京支店
山田 紘一郎
筑波大学 人文・文化学群

「お客様にとって最適な地図」をご提案から納品まで一括サポート

営業部 仙台支店
匿名

官公庁向けの地図関係の提案営業

営業部 東京支店
匿名

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる