株式会社ヴィッツ
ヴィッツ
2021

株式会社ヴィッツ

自動運転・人工知能・組込システム・IoTセキュリティ技術の開発
  • 株式公開
業種
情報処理
ソフトウェア
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

~Creating Life of Your Dreams~

■ソフトウェア開発
 自動車・家電・産業機械など、ものづくり分野に特化した組込みソフトウェアを開発
■コンサルティング
 国際的な機能安全規格(ISO26262)認証を世界で初めて取得、ソフトウェアの安全設計を支援
■研究開発
 IoTセキュリティ開発や自動運転技術など、最先端の研究を実施

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

半歩先の技術で、社会貢献。

当社は、日本の根幹を支える「ものづくり」分野(自動車・家電・産業用機械など)に特化した開発会社です。少し先の未来で実用化が望まれるテクノロジーを社会に提供することを目標とし、組込ソフトウェア開発からプログラムの安全設計まで、様々なソリューションを提供しております。私たちの一番の特長は、まだ誰も作っていないものにいち早く挑戦する独自の開発姿勢にあります。例えば、雪道でも走れる自動運転技術や、人工知能の安全性を検証する技術など、これからのIoT社会には欠かせない技術を、世の中に先駆けて研究開発しています。当社は今後も新しい技術の研究開発に注力し、業界のリーディングカンパニーであり続けます。

技術力・開発力

安心・安全な未来を創る。

IoT (Internet of Things )や CPS (Cyber-Physical System) 化が進んだ近未来の社会では、あらゆるものがネットワークに相互に接続され、多くの有益な情報やサービスが瞬時に提供されるようになると考えられています。そこで懸念されるのが、ハッキングなどによる電子機器の悪用です。IoT製品を人々が安心して安全に利用できるよう、当社では数年前からIoT製品向けの次世代セキュリティ技術の研究開発に取り組んでいます。また、国内企業としてはいち早く、機能安全開発プロセスの認証(IEC61508/ISO26262)を取得しています。ノウハウを活かし、今後も様々なメーカーと協力しながら、信頼できるソフトウェアを提供していきます。

社風・風土

アクティブなIT系。

ソフトウェアの研究・開発の仕事と聞くと、“インドア”な印象を持つ人がいるかもしれません。しかし実際に入社してみれば、そんな印象は覆ることでしょう。当社では毎週金曜日を「カジュアルデー」と呼び、社員全員が私服で出社できるようにしています。また、入社後の研修ではキャンプ合宿を行い、チームワークの醸成と協調性・積極性を養います。専門性を活かしたETロボコンへの参加や、技術セミナーの開催なども積極的に行っており、想像以上にアクティブな環境です。休日には有志が任意で集まり、旅行やラフティング、登山、マラソンなどの活動もしています。もし興味があれば、ぜひ一緒に取り組んでみてください!

会社データ

事業内容  当社は、自動車や家電製品、産業機械、鉄道、ロボット、医療機器など、世の中で使われる様々な電子製品向けのソフトウェアや基盤技術の研究開発を行っています。

 私たちの一番の特長は、「まだ誰も作っていないもの」にいち早く挑戦する、独自の開発姿勢にあります。例えば以下の事例は、当社が手掛ける事業のほんの一例です。

◆◇◆ 自動運転の実現に向けた仮想化環境の構築 ◆◇◆
 自動車業界では、2020年を目標に自動運転技術の実用化に向けた取り組みが進んでいます。各社の競い合いが続く中、大きなポイントとなっているのが、車載カメラによる画像認識や物体見地のためのセンサー技術です。
 その技術試験をすべて道路の上で行うのは大変な労力がかかりますが、私たちが開発している「仮想化環境」の技術を使えば、コンピュータ上で、自動車まるごと1台のシミュレーションを行うことができます。自動車の進化に欠かせない技術が、いま、私たちの手で作られています。

◆◇◆ 車載OSの自社開発・オープンソース化 ◆◇◆
 皆さんは、スマートフォンやPCと同じように、自動車にもOS(Operating System) が搭載されているのをご存知ですか?
 この自動車用OS、自社開発をしているのは世界に10社ほどしかありません。
 実は当社は、純国産でOS開発に取り組んでいる数少ない企業のひとつ。開発成果の一部をオープンソースのソフトウェアとして公開していることも、世界に類を見ない取り組みです。
 オープンソースとは無償公開することなので直接的に利益は生まれませんが、このOSを利用する企業や人が増えるほど、「うちの製品用にカスタマイズしてほしい」「自社の開発を手伝ってほしい」という新たなニーズが生み出されています。

◆◇◆ 機能安全に基づいた製品の開発、サービスの提供 ◆◇◆
 近年の産業製品の開発では、安全性が重視される傾向にあります。
 故障しない機械製品はなく、またミスを犯さない人間もいない以上、「万一問題が起きたときにも、いかに安全性を確保するか」ということを考えて製品を設計することが、人々が安心して利用するうえでの最重要課題となるわけです。
 このような考え方を「機能安全」と呼びますが、当社は、自動車に搭載される電子製品の安全設計に関する国際規格「ISO26262」の認証を、世界で初めて取得いたしました。
 現在では、規格に適合した製品が世の中に一つでも増えるよう、安全分析や開発支援などのサービスを、様々なメーカーに提供しております。


 このように、私たちは自動車メーカーや家電メーカーが未知の領域に挑む際のベストパートナーとして、自らの専門性を発揮しています。そして、次の時代に役立つ新しい挑戦を行うため、たくさんの力を求めています。

 当社は2019年4月に東証マザーズ上場を果たし、ますますの事業拡大を予定しております。
 私たちとともに、次の時代をもっと便利に、もっと安全にするためのものづくりに貢献してみませんか。
 熱意にあふれた貴方からのご応募をお待ちしております。
設立 1997年6月
資本金 5億7618万円
従業員数 162名(男性:140名、女性:22名)  ※2019年5月31日現在
売上高(単体) 23億4000万円 (2018年8月期)

【過去実績】
 7億1800万円 (2012年8月期)
10億  900万円 (2013年8月期)
12億0200万円 (2014年8月期)
14億9900万円 (2015年8月期)
17億9000万円 (2016年8月期)
21億4000万円 (2017年8月期)
代表者 代表取締役 服部 博行
本社 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2-13-1 名古屋パークプレイス

アクセス:市営地下鉄 伏見駅下車 5番出口より徒歩10分
大阪事業所 〒530-0003
大阪府北区堂島2-1-16 フジタ東洋紡ビル7F

アクセス:京阪中之島線 渡辺橋駅下車 5番出口より徒歩5分
東京事業所 〒101-0032
東京都千代田区岩本町3-8-15 千代田NSOビル7F

アクセス:都営新宿線 岩本町駅下車 A4出口より徒歩2分
札幌事業所 〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西9丁目3番地33 キタコーセンタービルディング5F

アクセス:市営地下鉄東西線 西11丁目駅下車 4番出口より徒歩3分
沖縄分室 〒904-2234
沖縄県うるま市字州崎14番17 沖縄IT津梁パーク中核機能支援施設 B棟111号室

アクセス:
沖縄北IC(沖縄自動車道)で降り、県道36号線より沖縄IT津梁パークへ約6.5キロ。
主要取引先 アイシン精機株式会社
トヨタ自動車株式会社
パナソニックアドストテクノロジー株式会社
パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ
取引銀行 名古屋銀行 柳橋支店
三井住友銀行 名古屋支店
三菱UFJ銀行 名古屋営業部
岡崎信用金庫 上前津支店
十六銀行 今池支店
沿革 [1997年  6月] (株)ソフィックス名古屋 設立
[2000年10月] 社名を(株)ヴィッツへ変更
[2004年  4月] 自動車国際標準仕様RTOS (OSEK/VDX仕様) を開発
[2005年10月] FlexRay 通信ミドルウェアを開発
[2007年  2月] 名古屋市中区 本社移転
[2008年  5月] 第10回LSI IPデザイン・アワードIP優秀賞を受賞
[2008年  9月] 大阪事業所 開設
[2010年  3月] 東京事業所 開設
          機能安全規格 IEC 61508 SIL3 ソフトウェア開発プロセス認証取得
[2011年  9月] 自動車及び産業機械向けリアルタイムオペレーションシステム
          ( 商品名: OWLS シリーズ ) の販売を開始
[2012年  3月] 機能安全規格ISO 26262 ASIL-D ソフトウェア開発プロセス認証取得
[2012年11月] 札幌事業所 開設
[2013年  2月] 株式会社アトリエ 設立 
[2016年  5月] 制御機器セキュリティ規格 IEC 62443 準拠 Security Operating System の
          セキュリティコンセプトに関する Technical Report を取得
[2016年10月] 株式会社ヴィッツ沖縄(連結子会社) 設立 
[2016年12月] 沖縄分室 設立
[2017年 8月] 株式会社アトリエ(現・連結子会社)の株式を追加取得
[2019年4月] 東京証券取引所マザーズ市場に上場
公的研究事業 採択歴 [2005年  8月]
 地域新生コンソーシアム研究開発事業「自動車統合制御用組込みOSの開発」採択

[2006年11月]
 戦略的基盤技術高度化支援事業
 「機能安全規格対応の自動車向けソフトウエア・プラットフォームの開発」採択

[2007年11月]
 三菱UFJ技術育成財団「研究開発助成金事業」採択

[2009年  9月]
 地域経済情報化基盤整備補助事業「オープン基盤ソフトウェア普及コンソーシアム」、
 ものづくり中小企業試作開発等支援事業「機能安全開発支援ツール」採択

[2010年  6月]
 戦略的基盤技術高度化支援事業
 「形式的仕様記述を用いた高信頼ソフトウェア開発プロセスの研究とツール開発」、
 「故障未然防衛機能を有した高信頼ソフトウェアプラットフォームの開発」、
 「組込みシステムにおける性能設計評価ツールの研究開発」採択

[2011年  3月]
 生活支援ロボット実用化プロジェクト
 「安全技術を導入した搭乗型生活支援ロボットの開発」採択

[2012年  7月]
 戦略的基盤技術高度化支援事業
 「形式手法を活用した組込みセキュリティ技術の確立と安全・安心な
  CPS 社会を支える無線通信ミドルウェアの開発」、
 「ネットワーク連携が進む次世代自動車・サービスロボット等の
  利用者安全を保証するセキュリティ基盤ソフトウェアの研究開発」採択

[2014年  6月]
 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
 「精密農業に資する農業機械の高度化と低コスト化を実現する制御ソフト
  生成ツール開発」、
 戦略的基盤技術高度化支援事業
 「高度IT融合社会の安全・安心を支える次世代自動車用セキュリティ・
  ゲートウェイ・ECUの開発」、
 「農業機械のさらなる高度化と海外進出に資する次世代電子制御ソフトウェア
  基盤の開発」採択

[2017年  7月]
 戦略的基盤技術高度化支援事業
 「積雪寒冷地域の交通弱者移動支援のための雪道走行を可能とする
  自動運転技術の開発」、
 「自律的自動運転の実現を支える人工知能搭載システムの安全性立証技術の
  研究開発」採択
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)