株式会社立花エレテック
タチバナエレテック
2021

株式会社立花エレテック

【東証1部上場】
  • 株式公開
業種
商社(電機・電子・半導体)
商社(機械)/商社(事務機器・OA関連)/機械/半導体・電子部品・その他
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

当社が主に扱っているのは、電気機械や半導体。これらは私たちが日頃当たり前のように使っているスマホ、テレビ、エアコン、自動車、ビル…等を市場に登場させるのに欠かせないものです。当社は、ミクロのICチップから工場を動かす巨大なシステムまで、お客様に最適な提案ができるコンサルティング営業力と技術力をもつ「技術商社」です。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

100周年企業に向けて夢も大きく!目指すは売上2200億円

2011年に創業90周年を迎えた立花エレテック。長い歴史の中で培ってきた知恵を活かしつつ、同時に若々しい夢を持ち続けたいと考えています。2010年以降、北京、深セン、武漢、大連、マレーシア、インドネシア、青島と立て続けに販売拠点を開設してローカル化を推し進めるなど、アジア市場でのビジネスを拡大し、アジアの産業界を支える「一大技術商社」を目指しています。そして、創立100周年を迎える2021年に向けて更なる成長を期し、6ヵ年の中長期経営計画「C.C.J. 2200」を策定し、チェンジ(変革)とチャレンジ(挑戦)によって大きくジャンプアップ(飛躍)して、売上2200億円を目指しています。

戦略・ビジョン

やりがいのある、働いて楽しい会社

モノづくりの現場を支える・創る技術商社として、お客様のご要望に対応すべく、様々な課題にチャレンジをしてきました。それは、課題を達成する喜びとともに達成感を味わうことが、仕事のやりがいや、自身の成長の実感に繋がるからです。当社は、若手社員のうちから様々な課題に挑むことが後押しされる会社です。そんな、当社で働く2人の若手社員が語る醍醐味を、下記のURL先にムービーとして掲載しておりますので、是非ご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=CvX_UjoM1kQ&feature=youtu.be

会社データ

事業内容 --【FAシステム事業】--------------------
『モノ造りを創る』
お客様のモノ造りのあり方一つ一つを見つめ、さまざまな条件を洗い出し、機器一つから工場まるごとまで多くの課題に対し、幅広い仕事で培った知識・経験・技術力でシステム提案するセールスエンジニアが豊富な商品群を活かして、お客様が目指すモノ造り・工場造りをお客様と一緒に取り組みます。


--【半導体デバイス事業】----------------
『システムをかたちに』
規格品からユーザー仕様まで、ニーズに合わせた高集積度の半導体やデバイス製品を提供するとともに、システムコンサルタントとしても機能し、マイコンのソフトウエアやカスタムLSIの開発支援、各種半導体デバイスの開発にも、技術専門商社として強固な体制を有しております。


--【施設事業】--------------------------
『次世代に向かう快適空間をトータルプロデュース』
4つのワークフィールドを相互に連結させ、技術と人の暮らし、社会との関わりを真摯に見つめた活動を展開。価値ある最新技術製品やシステムのご提案を行いながら、人々の暮らしと産業を豊かに創造する快適な環境づくりに貢献しています。


--【MS事業】-------------------------------
『受託製造をワンストップソリューション』
設計ノウハウ、製造パートナーをもつ"技術商社"ならではの受託生産サービスを行なっています。EMSとMMSを合わせもつことで、基板から外装パッケージを含めた完成品まで、総合的なサービスを提供しています。


--【海外事業】-------------------------------
『国際的なネットワークでグローバルなニーズに対応』
1982年、シンガポール駐在員事務所開設以来、着実に海外活動を展開し、2012年、海外子会社を統括する持ち株会社「立花オーバーシーズホールディングス社」を香港に設置。中国、シンガポール等の東アジア、東南アジア主要国の拠点でFA事業、半導体デバイス事業などを積極的に展開しています。
創業 1921年(大正10年)9月1日
設立 1948年(昭和23年)7月12日
資本金 58億74百万円
従業員数 [連結]1,304名  [単体]822名 (2019年3月期)
売上高 [連結]
1,828億75百万円(2019年3月期)
1,783億24百万円(2018年3月期)
1,602億18百万円(2017年3月期)

[単体]
1,366億13百万円(2019年3月期)
1,305億15百万円(2018年3月期)
1,159億74百万円(2017年3月期)
代表者 取締役社長 渡邊武雄
本社所在地 〒550-8555
大阪市西区西本町1-13-25
事業所 本社/大阪
支社/東京(東京都)、名古屋(愛知県)
支店/東関東(茨城県)、北関東(埼玉県)、神奈川(神奈川県)、三河(愛知県)、東海(愛知県)、北陸(石川県)、三重(三重県)、滋賀(滋賀県)、南大阪(大阪府)、神戸(兵庫県)、姫路(兵庫県)、広島(広島県)、四国(香川県)、九州(福岡県)
海外/香港、シンガポール、マレーシア、台湾、上海、北京、深セン、武漢、
    大連、青島、韓国、バンコク、インドネシア
株式上場 東京証券取引所市場第一部
当社の魅力はここ!!のつづき(1) ■□■ 「人基軸の経営」を推進 ■□■

当社では、社員を幸せにすることが最も重要、かつ価値ある経営目標とする「人基軸の経営」を推進しています。「社員が幸せを感じられる会社」とは、社員がやりがいを持って働き、自らの成長が実感できる会社です。
当社では、今後とも一人ひとりの成長を図り、これを会社発展の原動力とする「人基軸の経営」を推進していきます。
当社の魅力はここ!!のつづき(2) ■□■ システム提案型営業と、共同開発が強みです ■□■

当社の強みは、「システム提案型営業と共同開発」。エンジニア200名を擁し、機器の販売だけではなく、コンサルティング営業を通じて、お客様にトータルソリューションを提供しています。仕入先メーカーとの共同開発も積極的に推進し、顧客企業に対するアプリケーション・エンジニアリング・サービスを強化、FAシステム、半導体デバイス、施設の3事業を軸に、高度化・多様化するニーズに応え、高い付加価値でメーカーにもユーザーにも信頼されるパートナーとして、高い評価をいただいています。
当社の魅力はここ!!のつづき(3) ■□■ システムソリューションビジネスの強化 ■□■

お客様のニーズは、従来の機器単体から周辺を含むソリューション(課題解決型)に拡大しています。なかでも高度化する生産現場のニーズに対応していくには専門知識とインテグレート力(複数の商材・サービスを組み合わせる)が不可欠です。当社は特に人手不足への対策や品質・生産性の向上などで工場自動化でのロボット需要拡大を背景に、ロボットを核としたシステムソリューションビジネスに注力していきます。
当社の魅力はここ!!のつづき(4) ■□■ 三菱電機系以外の商品も ■□■

立花エレテックの主要商品は三菱電機製品で、三菱系商社のなかでも立花エレテックは製品の大半を扱える総合商社。特にモーターやブレーカーなど電気機器に強く、これら製品の売上シェアは三菱電機の機器関連における売上高の15%を占めています。同じ三菱電機系専門商社の中では、「FA」「半導体」「ビル・空調・冷熱」「情報・映像通信」など扱う領域が広い事も優位性と言えます。また、三菱系以外にも、例えば半導体などは海外デバイスメーカーとの取引を拡大して豊富な品揃えでニーズに対応しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)