福島印刷株式会社フクシマインサツ
  • 株式公開
業種 印刷関連
広告
本社 石川

先輩社員にインタビュー

IT統括部 情報システム課
高橋 佳之(30歳)
【出身】富山県立大学大学院  工学部 電子情報工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 社内情報システムの調達・開発・運用管理業務。
主に会社の運用フローを支える社内システムの設計・開発や、構築したシステムの運用・メンテナンスを行っています。
細かいところでは社員のPCの準備をしたり、故障した場合に修理の手配をしたりなどもあります。
ほとんどのシステム開発は、実際の開発部分は外注することになるので、主な仕事は開発までの企画・要件定義・設計などを行い、開発後のテスト・リリース・運用を行うことになります。
運用後のフォローも担っているので、関わったシステムについては長く付き合っていきます。
企画・要件定義といったシステム開発の初期工程から参加できるので、自分で考えてシステムを構築していくことができ、やりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
高度な知識が身に付いていくことを実感できる!
数年前から、当社も情報処理試験の資格を全社的に推奨する方針になったのですが、
高度情報処理試験(応用情報、セキュリティスペシャリスト、ネットワークスペシャリスト)を一発合格できたことがうれしかったです。
私が所属している部署では、5名で300~400台を管理しているので広い知識が必要です。
情報システム全般にかかわる仕事を普段からしているので、試験に出てくる内容のほとんどを日々の業務で体感しています。一発合格できたことで、必要な知識が身に付いていることを実感できたから嬉しかったです。
当社は印刷業と言いながら、その実態はお客様から預かったデータのデータ処理が主要部分となり、IT関連の得意先も多いですのでITの知識があると他の部署でも大きな武器になると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社員のことを真摯に考える社内風土に惹かれました。
元々大学は工学部出身で情報系の勉強をしていたのですが、印刷・デザインなどに興味があり、システム会社のほかに印刷会社を考えていました。
いくつか会社説明会を回った中で、当社の説明がわかりやすく、人事担当者の方も親切に事業内容を説明して下さりました。
また、説明会で説明していただいた社員の方のお話や、その後の社内の見学などからも、フランクな社風が自分に合っているなと感じました。
一番決め手だったのは、会社説明会か何かの後に、人事の担当者の方と雑談していた中で
「午前中は、どうやったら社員が働きやすくなるかを考える会議をしていた」と言われて、
社員を大切にする会社なのだと感じたことですね。
 
これまでのキャリア 情報システム課(今年で6年目)

この仕事のポイント

職種系統 システムエンジニア(SE)
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

やりたいことがはっきりしている人はそれを突き詰めるのがいいと思いますが、
恥ずかしながら自分は就職活動当初はやりたいことも就きたい仕事も不明確でした。
同じような方は、色々な会社を回って、その中で徐々に自分がやりたいことを固めていけばいいと思います。
最終的に固まらない場合は、会社説明会等で直感でいいなと思った企業の社員と会話してみてください。その会社に自分が合うかどうか、実際に働いている人と話すと感じるものがあると思います。

福島印刷株式会社の先輩社員

化粧品や健康食品など多種にわたるDMの印字設計・工程管理。

生産管理グループ 業務運用二課
安達 正子
富山大学 経済学部 経営法学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる