株式会社名古屋食糧ナゴヤショクリョウ
業種 商社(食料品)
食品/外食・レストラン・フードサービス/その他専門店・小売/インターネット関連
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

米穀営業部
冨田祐太郎(25歳)
【出身】南山大学  人文学部人類文化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 消費者が何を求めているかをキャッチし、スーパー等に提案する仕事です。
入社後1年間は、精米工場で製造業務を経験し、米の基礎知識を習得しました。
その後、営業職として量販店を担当し、スーパー等のお米売り場の商品構成や棚づくりを日々提案しています。
担当先はスーパーがメインですが、規模は様々。実際に相手にするのは、バイヤーの方だけでなく、店長の場合もあり、様々な方と関わりながらの毎日です。
私は、「バイヤー(スーパー等)だけでなく、その先にいる消費者がなにを求めているのか」を常に大切にしています。
そのため、新聞やネット、テレビからの情報収集だけでなく、時には店頭に立って直接消費者の声を聞いたりと、本当に求められているものを提供できる存在を目指しています。
売上や利益があがった時には、自分の思いが消費者に届いた結果だと実感でき、やりがいを感じられる仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新店OPENの大事なイベントが無事終了。「ありがとう」と言われた瞬間。
昨年、担当している大手スーパーの新店オープンが決定。4日間のオープンイベントでは、担当者として常に商品の在庫を切らさないようフォローしなければならない。
しかし、多く準備しても置いておく場所がない。そんな緊張感のある4日間がスタートし、毎日売れ行きを細かく見ながら、サポートし続けました。
結果、一度も切らすことなく、余らせることもなく、無事終了。なかなかほめていただけないバイヤーの方から「本当にありがとう」と言われたときは、とても達成感を感じました。
途中投げ出したくなった瞬間もありましたが、上司が4日間付き添ってくれたため最後までやりきることができました。
若手のうちから大きな仕事をまかせてもらうことが多いですが、こういった上司のフォローがあるからこそ安心して、頑張ることができています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「Rice Creation」米を使って挑戦できる会社
大学で食文化を学んでおり、中でも「米」は、日本人の主食として長年支えてきたため、やりがいを感じられるのではないかと思ったことが、この業界を選んだ理由です。
その中で当社を選んだ理由は、商社でありながらも、「米」から派生している加工商品を取り扱っていることです。
「米」を使った色々なアイディアを取り入れ挑戦していることが、当時の自分にはとても魅力的に見えました。
そして、「米」だけでは将来苦しくなるのではといった不安もありましたが、このような取り組みから会社として将来性を感じました。
また、若手のときから仕事を任せてもらえ、とても成長を実感できる環境であることも、この会社の魅力ですね。会社としても、社風としても魅力たっぷりの会社です。
 
これまでのキャリア 1年目 製造部:精米工場で製造業務 → 2年目~営業部

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自己分析は絶対必要です。そして、他己分析も大切です。
就職活動は、自分がどういう人間なのかを振り返る重要な機会です。
どんなことで仕事と向き合っていきたいのか、自分のことをしっかり理解して納得できる就職活動にしてください!

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる