株式会社デイヴィッドプロダクションデイヴィッドプロダクション

先輩社員にインタビュー

制作部
S.T(24歳)
【出身】法政大学  デザイン工学部システムデザイン学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 アニメーションの制作管理
簡単に言えば1本のアニメの制作進行を管理する仕事です。制作の進捗具合の確認、作業者さんのスケジュール調整、素材の管理等しながらみなさんがいつも見ているアニメを作っています。
やり取りする人が非常に多いので日々刺激をもらえます。かかわる人が多いということは楽しい反面やることも多く、てきぱき仕事を進めないと一向に終わりが見えません。だからこそ効率よく仕事をすすめるにはどうしたらいいかを考えながら仕事をしています。しかし、効率よく進めるだけでなくアニメを作る上でこだわりは持ちたいのでそのバランスをうまく取れるように精進中です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の名前が初めてTVに載った時
初めて担当したアニメのクレジットに自分の名前が載った時です。それをTVで見たときは感極まりました。それまで右も左もわからない中どうしてこんな苦労をしているんだろう、と思ったこともありましたがこのクレジットを見た瞬間すべて報われたと気がしました。わからない専門用語が飛び交う会話にはついていけず、先輩から叱責を受けることもたびたびで社外の人とお話しをする機会も頻繁にあるので、なれないうちは緊張し続けて気が休まる時がありませんでした。1本の制作が終わった時も達成感がとてもつよかったのですがやはりいろいろな人の助けを借りながら制作をしたアニメを見たときの感慨はひとしおのものでした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き まだまだ成長途中という会社で自分も一緒に成長したかったから
最初はアニメに限らず映像制作できる会社を探していました。その中の選択肢としてアニメがありました。
面接に伺う前に調べたところでは超有名タイトルも制作していてすごい会社だと思っていました。が、「うちはまだまだこれから頑張っていく会社だから一緒に頑張ってくれる人を探しています」とお話しを伺ったのが印象に残っています。その上でこの業界が大変な業界で辞めていく人も多いと率直にお話しいただいたことも記憶に残っています。
多くの人が見てくれるアニメを作ることができるというのは大きな魅力であり、働くのであれば挑戦ができる会社で働きたいと考えていたので渡りに船でした。
 
これまでのキャリア 最初は先輩の下につきながら制作進行補佐として働いていました。そこでOJTをしつつ、数か月後に自分の担当話数を持ちました。

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

調べれば調べるほど大変なことばかり出てくる業界だと思います。どうしようか迷うこともあると思いますが、やりたいと思ったら是非この業界に来てください。大変な中でもアニメが好きで精一杯働いているはたくさんいます。そんな人たちの中で働くのは楽しい上に働き甲斐は十分すぎるほどあります。この職業に限った話ではありませんが働く際にコミュニケーション能力は必須なのでいろいろな人と話せるようになっていたほうが役立ちます。就活頑張ってください。

株式会社デイヴィッドプロダクションの先輩社員

アニメ制作進行  Cutの発注からフィルムの納品まで

制作部
S.M
立正大学 経営学部・経営学科

アニメーション制作における全工程のスケジュール管理

制作部
NK
椙山女学園大学 人間関係学部心理学科

TVシリーズ作品の3D管理

制作部
RI
東洋大学 文学部哲学科

制作進行・素材管理やスケジュールの管理・各セクションとの橋渡し的役割

制作部
京極竜矢
千葉商科大学 サービス創造学部

アニメ制作進行

制作部
下田迅人
城西国際大学 総合経営学科

CG映像制作。アニメ作品内CGパートおよびフルCGアニメの制作

CG部
A.I
近畿大学 文芸学部文化学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる