有限会社 熊谷機械設計クマガイキカイセッケイ

有限会社 熊谷機械設計

産業機械の開発設計(航空・真空装置・工作機械)/ものづくり
業種 機械
機械設計/精密機器/プラント・エンジニアリング/輸送機器
本社 秋田

先輩社員にインタビュー

設計部
匿名(23歳)
【出身】北里大学  理学部物理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 真空成膜装置の設計
お客様から設計の依頼を頂き、その要望を実現するのが私の仕事です。現在は、液晶パネルや有機ELパネルなどを製造するための、真空成膜装置の設計開発を担当しています。現場の方には図面によって、必要なすべての情報を正確に伝えなければなりません。今はまだ、ミスのない図面やモデルを作るのに必死ですが、先輩方のアドバイスを元に、少しでもより良いものをお客様に出せるよう日々努力しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自らの成長が目に見えてわかる
機械設計の仕事は、大学で専攻していた分野とは全く異なる内容です。CADの操作法や部品の名称はもちろん、三面図すら知らない状態からのスタートでした。入社当初は不安と戸惑いでいっぱいでした。しかし、「焦らなくていいよ」と先輩に励まされ、時間は気にせず、着実に目の前のものを吸収することに意識が向けられるようになっていきました。入社後半年が過ぎた頃から、自分で部品の検討をしてモデルを作成し、図面を書くという一連の業務が増えてきました。今もまだ間違いだらけで、周辺との関係を見落としていたり、動きが正確に把握できていなかったりといったことが多々あります。しかし、知識を吸収するので精いっぱいだった自分が、それらを少しずつでもアウトプットできるようになってきているのがわかり、成長を実感しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元・秋田でものづくりに携われる
私が当社に最も惹かれたのは、「地元である秋田県で、ものづくりを仕事にできる」という点です。就職活動当時に重きを置いていたポイントは、「地元秋田県での就職」「自らのアイデアを発信し、形にすることのできるものづくりを仕事にしたい」の2点でした。そのような私にとって、秋田の地にいながら大手取引先様と設計開発のお仕事ができる当社は、とても魅力的に感じられました。また、面接で受けた親しみやすい雰囲気も決め手の一つです。「採用試験」という感じはあまりなく、お互いの理解を深めていこうという採用担当の方の姿勢が印象的でした。変に緊張しすぎることもなく、安心して自分の本音を出すことができる面接でした。
 
これまでのキャリア 設計(今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 モノを教えることが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のやりたいこと、仕事に求めていることが何なのかを突き詰めるのが大切だと思います。就職活動では周囲の友人や就職支援センターなど、様々な所から多くの情報が入ってくると思います。業種や勤務地、待遇等、人によって重視する条件は多様です。周囲のアドバイスを参考にするのも大事ですが、それにとらわれすぎると自分を見失ってしまいます。他人からの意見よりも、自分の素直な意思を反映させると、後悔のない就職活動になると思います。

有限会社 熊谷機械設計の先輩社員

工場などの産業現場で使われている装置の機械設計を行っています。

設計部
匿名
岩手大学 工学部 機械工学科

機械装置の設計を担当

設計部
匿名
秋田大学 大学院修士前期課程 工学資源学研究科 材料工学専攻
[指向タイプ]堅実なサポート役

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる