社会福祉法人 京都府社会福祉事業団キョウトフシャカイフクシジギョウダン
業種 福祉・介護
本社 京都

先輩社員にインタビュー

桃山学園児童養護課
川島進之介(24歳)
【出身】京都教育大学  教育学部学校教員養成課程 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 児童養護施設の児童支援員として児童の生活の支援をしています。
一緒に食事をしたり、宿題を見たり、入浴についたりといった支援から、行事等の引率、授業参観の参加など、保護者の代理として様々な養育場面に関わります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
児童の成長を間近に感じられる!
この職種は、明確な達成感などを得にくい職種だと思います。児童との日々の養育で感謝されたり、何か評価をされる場面はほとんどありません。
しかし、長いスパンで児童と関わり、去年は出来なかったことが出来るようになっていたり、授業参観でしっかりと発表していたり、そういった児童の成長が見られた時に喜びを感じますし、やりがいを感じる瞬間でもあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き こんな人になりたい!が一番の理由
私は学生の時から本施設でアルバイトとして関わっていました。
その中で、職員さんの姿を近くで見ることが出来、“こんな人たちになりたい”とあこがれを持ったことが大きなきっかけで本法人に就職したいと思いました。
 
これまでのキャリア 児童指導員 2年目

この仕事のポイント

職種系統 保育士
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のやりたいことが明確な人は、それを一番に尊重して下さい。やりたいことや目標がなくても、楽しく続けられそうだなと感じる職種が一番良いと思います。
皆さんが毎日ワクワクと出勤できるような企業に就職できることを、心から願っております。

社会福祉法人 京都府社会福祉事業団の先輩社員

障害がある方に自立した日常生活を営むことができるよう、支援しています。

心身障害者福祉センター
中村 将
花園大学 社会福祉学部・社会福祉学科

養護老人ホームの生活支援員として利用者様の日常をサポートしています。

洛南寮 養護老人ホーム
渡邉 美空
龍谷大学 短期大学部 社会福祉学科

発達障害・肢体不自由等がある子どもたちの療育に携わっています。

こども発達支援センター 療育課
高井 陽南
佛教大学 社会福祉学部 社会福祉学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる