社会福祉法人 京都府社会福祉事業団キョウトフシャカイフクシジギョウダン
業種 福祉・介護
本社 京都

先輩社員にインタビュー

心身障害者福祉センター
中村 将(23歳)
【出身】花園大学  社会福祉学部・社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 障害がある方に自立した日常生活を営むことができるよう、支援しています。
起床から就床まで、自立した生活が営めるよう支援をしています。
はじめは、一人一人支援の仕方も違うので覚える事が多くてなかなか覚えられませんでした。
「移乗だけでもこんなに難しいのか!」と思っていましたが、先輩方がとても優しくて、一人で介助を行う時も様子を見に来てくれたり声をかけてくれたりフォローしてもらうことで、少しずつですがコツを掴むことができました。
利用者様と行う日常会話や普段の何気ない会話、テレビのニュースや番組の話題を通じての会話などでコミュニケーションをとり、利用者様の特徴や思いを理解出来て面白いと実感している所です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
利用者様の喜びや「ありがとう」を感じられることがやりがいの一つです!
まだ介護技術も覚えたてで、就床介助を行ったとき、利用者様から「まだメモを見ながらだけど丁寧にやってくれるし、いつも頑張っているね。ありがとう」と言ってもらえたことは、この仕事に就いてよかったなぁと思った瞬間でした。
また、余暇活動で初めて自分が企画した新春合同抹茶会では、周りの職員に沢山助けてもらいながら実施しました。利用者様からは「美味しかった」「また来年もしてね」と言葉をかけてもらい、とてもうれしかったです。
まだまだ自分の課題はありますが、利用者様からの「ありがとう」が自分の力になっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 高齢、児童、障害者などすべての分野で働けるチャンスがある!
学生時代の実習では児童養護施設に行ったため、児童分野に行きたいと思っていました。
ある就職説明会に参加したところ、案内係の人に京都府社会福祉事業団を勧められました。これが、当法人との出会いです。
ブースで説明してくれた方がすごく感じが良く、説明もわかりやすかったので話を聞いているうちに「いずれはすべての分野を経験してみたい」という気持ちになりました。
入社してから説明会で話をしてくれた方に会った時も「あの時説明会に来てくれてたね」と覚えてくれていたのがとても嬉しかったです。
 
これまでのキャリア 生活支援員 (1年目)

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

様々な企業の話をたくさん聞き「自分はここなら頑張れる!」と思う所を頑張って見つけて下さい。くれぐれも焦らないように!
僕は朝起きるのが苦手で早出が不安でしたが、慣れてくると案外起きられる自分がいました。
就職が決まればたくさんの思い出を作って最後の学生生活楽しんで下さい。学生時代の友達は一生物です。学生の時の友達は同じ職種で働いている人も多いと思うので、社会人になってもお互いに情報交換などをして刺激しあうことで頑張って行けると思います。

社会福祉法人 京都府社会福祉事業団の先輩社員

養護老人ホームの生活支援員として利用者様の日常をサポートしています。

洛南寮 養護老人ホーム
渡邉 美空
龍谷大学 短期大学部 社会福祉学科

発達障害・肢体不自由等がある子どもたちの療育に携わっています。

こども発達支援センター 療育課
高井 陽南
佛教大学 社会福祉学部 社会福祉学科

児童養護施設の児童支援員として児童の生活の支援をしています。

桃山学園児童養護課
川島進之介
京都教育大学 教育学部学校教員養成課程

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる