株式会社合田観光商事
ゴウダカンコウショウジ
2021
業種
レジャー・アミューズメント・パチンコ
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

北海道・東北エリアでアミューズメント業、パチンコ「ひまわり」を経営しています。
現在は、37店舗あり働く仲間も1000名以上です!
経営方針は「お客様の喜びと社員の幸せ」です。
お客様に何が出来るのか?日々、考えつつ心地良い接客サービスを提供しています!
また、働く従業員とその家族が安心して生活出来る様に、店舗運営も会社全体で追求しています。
安心して働ける環境は、自然と笑顔になります!

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

働きやすい環境と心地良い接客サービスを

働きやすい環境と心地良い接客サービスを「お客様第一」と「従業員の幸せ」を考えて、変化と革新に満ちたサービスを提供しています。業界に先駆けて「玉やメダルの自動計数システム」を採用するなど、これらのサービスを取り入れることになった背景には、創業60年以上経った今でも常識に囚われず、良いと思ったことは経営にも反映させるという想いがあるからです。お客様に心地良い接客応対が出来るのも働く従業員の環境改善があるからこそです。お店のリニューアル時にも革新的なコンセプトで個性溢れるデザインのお店創りをしています!

社風・風土

お客様も社員も楽しさを感じられるように

「それ、ちょっと楽しくします」というキャッチフレーズのもと、お客様が日常で当社の店舗を選びやすいよう工夫をしています。変化をいとわない社風であるため、毎日のちょっとしたことが改善のヒントになります。改善をすることで、お客様へより良い気配りができるようになることや、従業員の負担が減るケースもあります。そのため、お客様にも質の高いサービスを提供できるというメリットが生まれます。全社員が小さなことでも声を挙げるキッカケとして改善提案の窓口を設けています。その中で優れた改善案には表彰する機会を設けています。ほんの「ちょっと」が、お客様も社員も大きく変えていきます。

会社データ

事業内容 チェーン型パチンコホール「ひまわり」の経営
弟子屈カントリークラブの経営
ジラフクレープFC経営
ローソンFC経営
創業 1952年5月
設立 1981年3月
資本金 5千万円
代表者 代表取締役社長 合田 高丸
従業員数 1061名(2017年9月現在)
平均年齢 35歳(2017年3月現在)
売上高 2001年 12月期   990億円
2002年 12月期 1205億円
2003年 12月期 1250億円
2004年 12月期 1490億円
2005年 12月期 1653億円
2006年 12月期 1868億円
2007年 12月期 1858億円
2008年 12月期 1819億円
2009年 12月期 1812億円
2010年 12月期 1636億円
2011年 12月期 1627億円
2012年 12月期 1654億円
2013年 12月期 1592億円
2014年 12月期 1484億円
2015年 12月期 1358億円
2016年 12月期 1258億円
2017年 12月期 1259億円
2018年 12月期 1189億円
事業所 37店舗(2018年6月現在)
店舗所在地 弟子屈、美幌、知床、中標津、紋別、北見(北見店、ウエストサイド店)、釧路、根室、士別、滝川、帯広(帯広店、柏林台店)、音更、留萌、伊達、苫小牧、室蘭、函館(函館店、日乃出店)、札幌(札幌店、豊平店、篠路店、新琴似店、ひまわりタワー店、月寒店、R36店、真駒内店、清田店)、北広島、青森県(五所川原店、八戸店)秋田県(能代店、大曲店)、岩手県(北上店)、宮城県(多賀城店、岩沼店)
関連会社 株式会社ひまわりホールディングス
本社所在地 北海道札幌市中央区南2条西10丁目1000番地2 クワガタビル
TEL:0120-51-8080(平日9:00~17:30)
FAX:011-251-8056
沿革 1952年  5月 北海道弟子屈町にて合田観光商事の前身である【合田パチンコ店】開業
1981年  3月 株式会社合田観光商事を設立 初代代表者に合田武一が就任
            資本金1千万円
1988年  8月 美幌町日の出 【ひまわり美幌店】開店
1991年  4月 代表取締役社長に合田邦彦が就任
1994年  4月 札幌市東区 【ひまわり札幌店】開店
1996年  4月 本社を弟子屈町から札幌市に移転 資本金を2千5百万円に増資
1998年12月  札幌市中央区にビルを取得 【本社移転】
2002年  4月 秋田県能代市 【ひまわり能代店】開店
2002年10月 秋田県大曲市 【ひまわり大曲店】開店
2003年11月 札幌市豊平区 【ひまわり豊平店】開店
2004年12月 札幌駅南口正面 【ひまわりタワー店】開店
2005年  8月 札幌市豊平区 【ひまわり月寒店】開店
2006年  3月 宮城県多賀城市 【ひまわり多賀城店】開店
2006年  8月 北広島市中の沢 【ひまわり北広島店】開店
2006年12月 岩手県北上市 【ひまわり北上店】開店
2007年  8月 宮城県岩沼市 【ひまわり岩沼店】開店
2008年12月 札幌市清田区 【ひまわり清田店】開店
2009年  3月 青森県八戸市 【ひまわり八戸店】開店
2014年  1月 苫小牧市 【ひまわり苫小牧店】開店
2015年10月 神奈川県横浜市 【ひまわり伊勢佐木店】開店
2016年12月 北見店移転により新装開店
2018年12月 弊社初の禁煙店舗【R36店】開店
受け継がれる理念 昭和27年、創業者の合田アイ子が弟子屈町で僅か40台の小さなパチンコ店を
始めたのが、「ひまわり」の出発点です。
「利益は僅かでもお客様に喜んでもらえればそれでいい」という考えは、
37店舗を数える現在に至ってもしっかりと「ひまわり全店」に引き継がれています。
私たちが目指すのは、“時間消費型”のローリスクな娯楽の提供です。
オンリーワンを目指し、お客様のウォンツを創造する企業として成長していきます!
次代の人材育成 店舗を増やすということだけを考えるのは、財務状態が安定している企業なら
簡単にできることかもしれません。
しかし、「いいスタッフ」がいるからこそ、素晴らしい店舗運営を築く事が出来ます。
人材の確保は一朝一夕にできるものではありません。人材力の強さは会社の
安定的な成長にも繋がります。その貴重な人材を最大限に生かし、かつ育成
できるようなキャリアパスと研修体制を、ここ何年かで構築してきました。

「パチンコやスロットの遊技経験が無く分からない。でも、魅力を感じて興味がある!」
その意欲、学びたいという気持ちさえあれば、そこからすべてが始まります。
充実した研修内容と施設 人材育成の充実こそ、今後の成長に向けた最重要課題と私たちは考えています。
そこで、札幌豊平店と仙台市に120名が収容可能な研修室を造りました。
札幌の研修施設はホールと同じようにパチンコ台が設置され、実技研修も可能です。
店舗と同様の環境で接客方法などを身につけていきます。
社員の能力を最大限に発揮してもらいたいと願っている当社では、研修内容も充実しています。
ここがポイント ◎北海道内の元気企業
1952年の創業以来、北海道のパチンコ業界のパイオニアとして、躍進を遂げてきました。
道内各地はもちろん、東北エリア・関東にも進出し積極的な店舗展開を広げています。

◎地域に愛される店づくり
町を活気づけたいという思いから始まった店は、どの土地で出店しても、変わることがなく
受け継がれています。お客様が、「家で暇をつぶすよりも、ちょっと顔を出してこようかな」と
思うような雰囲気を大切にし地域の人々との交流が生まれる店づくりを行っています。

◎風土
北海道経済の牽引力的な存在として地域社会に貢献する為、道内での雇用の創出に勤めて
います。社員の一人ひとりが会社の顔であり、財産だと考えています。
ですから、社員の幸福の実現のため、真の“終身雇用”を目指し、定年後もやりがいをもって
働ける関連事業を多数設立しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)