千寿製薬株式会社
センジュセイヤク
2021

千寿製薬株式会社

医薬品メーカー/マイティアCL
業種
医薬品
医療機器/化学/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

◆「マイティア」でおなじみ、眼科領域に特化した製薬会社です◆

「マイティア」ブランドなどの目薬やコンタクトレンズ用剤など一般用の製品でおなじみですが
実は、売り上げの約85%は医療用医薬品。
眼科領域に特化して製品開発を行っており、眼科で使われる点眼薬から手術用剤まで幅広く揃えているため、
千寿製薬といえば、眼科のドクターは皆さんご存知です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

■眼科領域に特化したスペシャリティーファーマ

人は外から得る情報の80%以上は、眼から得ていると言われています。快適な生活を送る上で眼の健康を保つ事は非常に大切です。 私たちは、眼科領域に特化したスペシャリティファーマとして、人々のQOL(Quality of life)の向上に寄与しています。 皆さんには一般用医薬品のイメージが強いかもしれませんが、 売上の約8割は医療用医薬品です。 2009年と2012年に眼科薬市場の4割を占める緑内障領域で新製品を上市し、また極めて稀な病気の治療に用いられる稀少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)の開発にも取り組んでいます。 これからもスペシャリティファーマの強みである専門性と研究開発力で眼科医療に大きく貢献することを目指します。

社風・風土

■”If I were you”「もし私があなただったら…」

千寿製薬の経営理念は「Good Company」。会社の規模を大きくしたり、売上を伸ばすことだけを追求する「Big Company」ではなく、社会から信頼され必要とされる価値ある企業として、千寿製薬に関わるすべての人々の「しあわせ」を追求するという、変わらぬ決意を表しています。そして、千寿製薬の行動理念は「If I were you(もし私があなただったら…)」。自分がされて嫌なことはしない。自分がしてもらって嬉しいこと、相手がしてほしいと思っていることをする。常に相手の立場で考え行動する。これが私たち千寿製薬の社員に求められる行動理念です。 写真の「SENJUSENSE」は社員に配布され、大切にしている価値観を全社員で共有しています。

戦略・ビジョン

■やりたいことを実現できる環境です

『若いうちからでも裁量権が大きい』『自主性を尊重してくれる』『やってみたい!を後押ししてくれる』。社員からよく聞く当社の魅力です。当社のMRは少数精鋭の営業部隊であり、一人一人に任される仕事の範囲も大きく、やりがいがあります。 MRに必要な知識や営業スキルを身につけるための研修制度が充実しており、新入社員が一人前になるまで、密なコミュニケーションと指導を行います。そして、少数精鋭だからこそ経営陣と社員の距離が近く、やりたいことを実現できる環境が整っているのも当社の大きな特徴です。これから加わる新たな仲間にもどんどん新たな発想や意見を出し、自分の『やりたい』を形にしてくれることを期待しています!

会社データ

事業内容 ■医療用・一般用医薬品及びコンタクトレンズ用剤の製造・販売

◆「マイティア」でおなじみ、眼科領域に特化した製薬会社です◆
「マイティア」ブランドなどの目薬やコンタクトレンズ用剤など一般用の製品でおなじみですが
実は、売り上げの約85%が医療用医薬品なのです。
眼科領域に特化して製品開発を行っており、眼科で使われる点眼剤から手術用剤まで幅広く揃えています。もちろん、千寿製薬と言えば、眼科のドクターは皆さんご存知!
40品目以上の品揃えで「眼科医が求めるものは揃えている」というのが強みです。
設立 ■1947年(昭和22年)4月   
資本金 ■14億1550万円
代表者 ■代表取締役社長 吉田有宏
従業員数 ■920名(2018年3月現在)
売上高 2016年3月  377億9429万円
2017年3月 379億1414万円
2018年3月 370億9483万円
事業所 ■本  社/大阪市中央区
■研究所/神戸市中央区
■工  場/兵庫県神崎郡、佐賀県唐津市
■営業所/全国16営業所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡 他)
■海外事務所/北京(中国)、上海(中国)、アメリカ(オレゴン)、ハノイ(ベトナム)、モスクワ(ロシア)
  子会社/SENJU USA,INC.、千寿製薬科技(北京)有限公司
会社の特長 ■□■研究所の特色■□■
眼科領域に特化した新しい薬剤の研究を専門に行う研究所です。
オキュラーサイエンス研究所では、眼疾患の発症メカニズムの解明を進めるとともに、分子生物学的見地から眼疾患治療、予防のための新しい薬剤の研究開発を行っています。
若手研究者を中心に、国内に限らず海外での学会発表の機会を与えるなど、活躍の場を積極的に作るのも特長の一つ。入社2年目の研究員が、オレゴン研究所へ赴任したこともあります。

■□■MRの営業スタイル■□■
千寿製薬は眼科に特化しているため、訪問するのも眼科が中心。
眼科のドクターは皆さん千寿製薬をご存知ですので、
MRとして活動しやすい環境があります。
また、近隣の眼科ドクターの情報や地域の動向を把握しながら行動でき、
自分の力で仕事をしているという充実感を味わえます。

■□■眼科医院の開業コンサルティング■□■
社内にはMMS(Medical Management Supporter)という部署があり、
眼科医院の開業から事業継承等、医療以外の様々な業務を支援しています。
既に2200軒余(全眼科医院の約3割)のサポート実績を持ち、
多くのドクターからの信頼を得ています。
経営理念"Good Company" 経営理念である"Good Company"

それは千寿製薬と関わるすべての人々の「しあわせ」を追求するという考え方です。
すべての人々の中には、社員や社員の家族も含まれています。
”社員や社員の家族の「しあわせ」”の実現のためには「仕事と生活の調和の実現」が大切だと考えております。
ワークライフバランス(WLB)を実現することで、社員が安心し活き活きと働ける環境作りを目指します。
ワークライフバランス実現のために、以下のような取り組みを行っています。

◇年次有給休暇取得率の数値的目標設定◇
年次有給休暇取得率70%以上を継続するために、交代制による取得や一斉取得日を設けるなど有給休暇を取得しやすい環境を作っています。

◇ノー残業DAYの定着と遵守の促進◇
ノー残業DAY取得率95%以上を目指し、ポスター掲示など啓発活動を実施しています。

◇管理者の労務管理力・組織マネジメント力のさらなるレベルアップ◇
管理者向けにWLBセミナーを開催することにより、管理者のWLBへの理解を深め、
社員が育児と仕事の両立をしやすいように、周りがサポートできる環境を整えています。

◇社員の健康増進◇
WLBの推進のためには社員の健康も大切であると考え、定期健康診断の項目に加え
会社負担でのオプション検査(婦人科健診、腹部超音波検査、胃部・大腸内視鏡検査など)も実施しています。
また、健康診断後のフォローとして、保健師や外部相談窓口による健康相談なども行っています。
このような取り組みの結果、「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」に認定されました。
グローバル化 ■当社では、国内にとどまらず世界中に幅広く事業を展開しています。

完成品の輸出をはじめ、製品技術および特許の導出は50ヶ国を超えます。
米国においては、現地法人であるSENJU USA INC.を設立し米国の医薬品研究・開発を進めています。
更に、中国においては、現地法人である千寿製薬科技(北京)有限公司を設立しマーケティング活動の体制の充実を計っており、国際化への基礎づくりを着々と進めています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)