弘栄設備工業株式会社
コウエイセツビコウギョウ
2021

弘栄設備工業株式会社

ロボット/建設/インフラ/設備工事/技術/コンサル/共同研究
業種
プラント・エンジニアリング
設備・設備工事関連/コンサルタント・専門コンサルタント/ゲーム・アミューズメント機器/建築設計
本社
山形、東京

私たちはこんな事業をしています

【6年で200%!成長しっぱなし企業】
私たちは「総合設備エンジニアリング企業」として、人々の居住空間を守る責任ある仕事です。
一方で、自由な発想を元にロボット開発に乗り出し、メディアにも注目されています。枠にとらわれず、チャレンジングな精神を発揮し、設備業界の風雲児になるべく業界を盛りたて、様々なことにトライ!その結果売上も拡大し、東日本エリアでトップクラスの実績を誇っています!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

絶対になくならない仕事!秘密は独自のビジネスモデル!

設備は空調や電気、給排水などといった目に見えない箇所です。しかし、建物を作る際に絶対に必要とされる…それが当社の事業!あらゆる設備の設計・施工を担いますが、時には大学のキャンパスや神社、ミュージアムなど、その土地のランドマークとなるような建物を手がけることも。友達や家族に思わず自慢したくなるような仕事です。家族とドライブ中に、「この建物はパパが作ったんだよね?」と話題に上がることもありますよ。そして、設備は約15年サイクルでメンテナンスが必要で、かつ一度お取引いただいたお客様は90%以上がリピート契約となります。そのため、景気の波に左右されず、安定的に収益が続くビジネススタイルが実現するのです。

魅力的な人材

自社開発のロボットは、2019年春に発売予定!

「設備会社がロボットの開発!?」と驚かれることが多々あります。私たちは山形大学や立命館大学と提携し、現在「ヘビ型ロボットプロジェクト」を進行中です。これは設備業で活用できる世界基準のロボットで、2019年春に発売予定。技術力の高さとユニークさで全国区のニュース番組でも取材をされました。また全社員にタブレット端末を配布し「どこでも会議」を実現。業務の効率化はもちろんのこと、働く場所や部署の垣根を超えた活発なコミュニケーションを実現しています。業界を引っ張るべく、枠に囚われず、夢の実現を目指せる環境が当社には用意されています。

魅力的な人材

CMは社員のために!経営者の仕事は社員やその家族を喜ばせること

当社は東日本エリアで業界トップクラスの業績で、経済産業省から「地域未来牽引企業」に選ばれています。会社が信頼され成長し続けているのは「社員の努力やその家族の支え、協力企業の助けがあってこそ。だから恩返しが必要」と代表の船橋は言います。BtoBの会社ですが、社員やその家族に喜んでもらいたいとテレビCMを放映したり、社員限定イベントに吉本興業のタレントを呼んだり、恩返しのアイデアは尽きません。さらに、ライフイベント等で通常の業務が難しい場合、在宅ワークも認められることも!これも業務効率化の一貫です。昨年は施工管理職の女性がこの制度を利用し、『ワーク・ライフ・バランス優良企業知事表彰』を受賞しました。

会社データ

事業内容 【感動、夢をみんなで共有し、発展し続ける会社でありたい】
私たちは「総合設備エンジニアリング企業」です。設備は人に例えれば骨格や血管。建物の見えない場所を作り、人々の居住空間を守ります。
設立 1954年
資本金 3,500万円
従業員数 116名
売上高 69億8,900万円(2017年12月実績)
代表者 代表取締役社長 船橋 吾一
事業所 【本社】
〒990-2221
山形県山形市大字風間字地蔵山下2068
TEL:023-684-4151
FAX:023-684-5798

【事業所】
・仙台支店(宮城県仙台市)
・酒田営業所(山形県酒田市)
・米沢営業所(山形県米沢市)
・蔵王営業所(山形県山形市)
・新庄営業所(山形県新庄市)
・上山営業所(山形県上山市)
・東京営業所(東京都文京区)
・北海道営業所(北海道札幌市)
沿革 1946年 山形県東根市神町に作業所開設、創業
1947年 山形市相生町に事務所開設
1950年 営業の拡充により仙台支店設置
1954年 弘栄設備工業株式会社創設
1965年 蔵王営業所開設
1972年 酒田営業所開設
1981年 米沢営業所開設
1998年 新庄営業所開設
2011年 東京営業所開設
2013年 上山営業所開設
2015年 北海道営業所開設
ホームページ http://koeisetsubi.jp/
技術提携実績 山形大学、立命館大学
メディア掲載一覧 ・日刊工業新聞 2017年11月28日
 山形大との共同研究
 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00452185
・山形新聞 2018年11月21日
 配管ロボット2種類開発
 http://yamagata-np.jp/news/201811/21/kj_2018112100433.php
・山形新聞 2018年12月14日
 社長インタビュー
出展イベント ・ジャパンロボットウィーク:2018年10月17日~19日:@東京ビックサイト
・管工機材・設備総合展  :2018年10月24日~26日:@東京都立産業貿易振興センター台東館
・施設リノベーションEXPO:2018年12月12日~14日:@東京ビックサイト
各種資格取得者(主なもの) ・一級管工事施工管理技士:48名
・二級管工事施工管理技士:22名
・一級土木施工管理技士  :7名
・二級土木施工管理技士  :15名
・消防設備士          :22名
・給水装置主任技術者    :23名
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)