株式会社ローヤルエンジニアリングローヤルエンジニアリング

株式会社ローヤルエンジニアリング

電気/エネルギー/空調/衛生/設備/環境/施工
業種 電力・電気
水道/エネルギー/住宅/建設
本社 東京

先輩社員にインタビュー

新築事業部
横川 紘一
【出身】東洋大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 円滑に安全に、そして高品質のものを。
設備工事の施工管理を行っています。
建物の空調や水廻りなどの設備工事を行う際、工程・安全・品質の管理を行っていく仕事です。

工程管理とは、建物を建てて行く中でどのタイミングでどの工事をしなければいけないか、その工事を終わらせる為には職人さんは何人必要で何日間かかるのか、などを考えて工事をスムーズに進められるようにすることです。
安全管理とは、職人さんが怪我しないようにする為に、作業手順の確認や現場で作業がしやすいよう環境づくりを行うことです。
品質管理とは、漏水が発生したり、空調の効きが悪いというようなことが起きないように設備の機器を選定したり、施工したものを記録に残したりすることです。
どれも建物にとってとても大切なものですので、抜け漏れがないよう、しっかり進めることが求められます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
仕事を理解し、きちんとコントロールできるようになってきた!
初めて新築工事を担当した時に、他業種の人と仕事の打ち合わせをできるようになったことです。
最初は何も分からずただ聞くことしかできなかったのですが、次第に『Bの仕事をするには、Aの仕事をおわらせなければならない』など仕事を覚えていき、やらなければならない事がわかってきてからは、現場をスムーズに進めるための打ち合わせができるようになりました。
打ち合わせなどで意見ができるようになると、そこで力を合わせ仕事してる実感がわき、楽しさや嬉しさ、やりがいを感じました。
職人さんから怒られることも多いですが、私が困っている時は助けてくれる人たちですので、私もそういった人たちの力になりたい、困っている人を助けられるようになりたいという気持ちで頑張っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き プロとして意識の高い、職人さんと一緒に仕事がしたいと思ったから。
やりたいことがありませんでした。そのため就職活動をしていても選考が進んでいても、途中で辞退してしまい、なかなか就職先が決まらない状態でした。そこで、改めてどんな仕事に興味あるか考えた所、職人さんと関わる仕事をしてみたいと思いました。なぜなら、学生時代に職人さんと関わるアルバイトをしていたからです。職種は違いましたが、職人さんは基本的には怖いもののプロフェッショナルとして自分の仕事に責任を持ち、上辺だけで人と接するようなことはせず、一人ひとりに思いやりを持っている人たちが多いと感じていたからです。
しかし、文系出身だった私は建築業界に入るのが不安でした。そこで目に留まったのが、この会社の働きながら学べる制度です。2年間の専門学校に通わせてもらい、その費用も負担してくれたのでとても助かりました。
 
これまでのキャリア リニューアル事業部(1年半)→新築事業部(現職・1年半)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

やりたいことが見つからない場合、やりたくないことを考えたり違う方向から企業選びをすると、興味が出てくる仕事が見つかることもあります。
私は職種を絞り過ぎて、選考が進む中で「やっぱり、やりたくない」と振り出しに戻ってしまいましたが、早い段階で色々な職種を受けてみれば良かったと感じました。
金銭面や大企業だから・・など安易な基準で決めて、環境が合わず辞めてしまった友達もいるので、その辺りも考えて選ぶと良いと思います。

株式会社ローヤルエンジニアリングの先輩社員

設計図に合わせ配管が設置されているか、快適な住空間に欠かせない仕事。

工事室2課
田倉 友徳
日本工学院八王子専門学校 建築設計課

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる