株式会社NHKテクノロジーズエヌエイチケイテクノロジー ズ

株式会社NHKテクノロジーズ

2019年4月NHKアイテックとNHKメディアテクノロジーが合併
業種 放送
通信/情報処理/インターネット関連/建築設計
本社 東京

先輩社員にインタビュー

ソリューション技術部(受信・調査)
O.
【出身】電気電子工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 安心・安全な街づくりに貢献する仕事
防災行政無線と呼ばれる、防災、応急救助、災害復旧に関する業務に使用される無線局の整備に携わっています。東日本大震災が契機となり、自治体や公共施設での防災対策が急務となっているなかで、災害などの緊急時に住民の方々に迅速に情報を提供し、適切な行動をとっていただくための設備です。
地震が発生する前に消防庁より発表される「緊急地震速報」を一秒でも早く確実に届けたり、地震後にどのような行動を取れば良いか指示する情報を流せるように設定・整備しています。「防災」「減災」に貢献したいと考えながら仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
大規模な現場で多くの人とつながる
防災行政無線の整備は工事の規模が大きく工期が長いこともあり、完成した時の達成感は何物にも代えがたいです。完了した時、お客様に「御社に頼んで良かった、ありがとう」との言葉をいただいたときは非常に嬉しく思いました。
長い間お客様と話し合いを続け、一つの現場を終える頃には何でも言っていただける仲になります。当社に興味を持っていただき、こんなこともやっているんだねと声をかけていただけると、そこからまた次の仕事につなげることもできます。
一緒に取り組んでいただく協力会社の方も、別の現場でお世話になることも多いので、人脈が広がることで次の仕事が進めやすくなると感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 災害に即応する保守体制
元々、「防災」「減災」にかかわる仕事をしたいと思っていました。東日本大震災発生からすぐに、被災地の一つである宮城県女川町で臨時災害FM局を無償で短期間に設立したこと、同時に、放送機器・受信設備設置やラジオ受信機の提供等を精力的に実施し、被災地への情報伝達及び被災者の情報収集手段の確保に貢献したことを知り、ここで働きたいと思いました。
公共放送であるNHKのグループ会社だからこそ、重要な放送インフラ整備に尽力できることが強みだと思います。これからも全国に拠点があるという強みを活かし、社会貢献を続けていきたいと思います。
 
これまでのキャリア 2016年入社 本社ソリューション技術部配属 デジタル同報無線システム整備工事担当

この仕事のポイント

仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

気になる会社の社員と会う機会があれば、積極的にお話しすることをお勧めします。採用担当者以外の社員とも話をすることで、会社の雰囲気や労働時間、諸制度、給与などがわかると思います。ピッタリ合う会社とご縁がありますよう応援しています。頑張ってください。

株式会社NHKテクノロジーズの先輩社員

世界中の映像の架け橋

報道技術部
S.H.
電子制御工学科

静岡の番組を作り、届ける仕事

静岡メディア技術事業所
M.K.
電子制御工学科

スポーツの現場の最前線!

撮影部
Y.O.
電気工学科

視聴者へ放送を届ける仕事

名古屋総支社 ファシリティ技術事業部(放送・通信)
N.K.
電気・電子工学科

NHKの営業業務を支えるシステムの開発

営業システム部
K.G.
情報工学科

NHKのシステムを支える仕事

システム運用部
K.F.
メディアコミュニケーション学部 情報文化学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる