酒田共同火力発電株式会社サカタキョウドウカリョクハツデン

酒田共同火力発電株式会社

東北電力企業グループ
業種 電力・電気
本社 山形

先輩社員にインタビュー

発電所(発電)
下妻 輝
【出身】鶴岡工業高等専門学校  機械電気システム工学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 発電プラントの運転監視で安全に安定した電気を供給すること
私達の仕事は、継続し安定した電力を供給すること。
その中で巡視点検に力を入れています。プラントを毎日稼働させ機器のトラブルで停止させることのないように、日々の巡視点検で、いかにトラブルの芽を摘むことができるかが重要であり、小さな事象でも上司への報連相を絶やさず、常に安全最優先・安定運転を意識し仕事に取り組んでいます。
その中で1番やりがいを感じることは、自分が巡視点検中に発見した異常を報告し、その設備が故障する前に修理され発電を継続することです。運転監視業務において会社に貢献できていると思う瞬間であり、この繰り返しでプラントの安全運転が継続できていると感じているため、巡視点検では小さな欠陥も見逃さないように努力しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
プラント起動で緊張と達成感の成功体験
入社3年目の夏、プラント起動を経験しました。プラント起動は水・燃料・電気・補助補機に分かれ各パート毎に連携を密にしながら操作をしていきます。その中で燃料担当となり、軽油から重油、重油から石炭へと燃料切替を行いました。起動初期段階では、ボイラーの過熱器を保護するために燃料量に制限が設けられており、その制限値を守りながら操作に臨むことができました。プラント起動にあたり、自分なりに各操作を予習したことや、先輩社員の皆さんのアドバイス等で的確に行動することができ、自信に繋げることができたと感じます。年間を通してプラント起動は数回しかないため、貴重な経験となり、今後の起動停止操作も積極的に携わりたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 入社してからが本当のスタート。努力次第でその道のエキスパート
私が当社に入社を決めた理由は2つあります。
1つ目はインターンシップに参加したことです。その際ある社員の方から「入社してからが本当のスタートで、教科書には載っていないことばかり。プラントに関する知識を付けることで周りからも必要とされる人材になる」と聞いたためです。この話を聞き、入社し学習する意欲を忘れず発電所のエキスパートになりたい、この職場の一員になりたい、と思い入社を目指しました。
2つ目は大きな転勤がない事です。私の家は兼業農家であり、家族4人で農業をしています。私は長男であることと、農業も好きであことから地元に残りたいと考えていました。出向という形で2~3年間県外勤務となることはありますが、その後地元に戻れることにも魅かれました。
 
これまでのキャリア 発電所(発電)当直運転監視業務

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

インターンシップの参加を通じて地元企業を知りました。Uターンを考えている人にはぜひインターンシップで地元企業を知ってほしいと思います。

酒田共同火力発電株式会社の先輩社員

社員の生活をサポート

管理部(人事労務)
守屋 秋沙
金沢大学 人間社会学域地域創造学類

ボイラー設備の保修

発電所(技術)
佐藤 剣
鶴岡工業高等専門学校 機械工学科

「総務は会社の顔」

管理部(総務)
後藤 祐紀
東北公益文科大学 公益学部

発電プラントの性能管理を通して、発電所全体を見る仕事

発電所(環境)
佐藤 光
日本大学 工学部機械工学科

経営計画や今後の事業展開の検討

管理部(企画)
齋藤 拓
東北公益文科大学 公益学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる