社会福祉法人幼年保護会
ヨウネンホゴカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
福祉・介護
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

私たちは、神奈川県横浜市を拠点として、児童の養育・自立支援、成人男性の自立更生を目指し3つの福祉施設を運営する社会福祉法人です。明治のころから社会福祉にかかわる事業として着目し、100年いじょうにわたり創立の理念を継承。2017年には神奈川県が運営していた児童養護施設「中里学園」を引き継いで運営しており、職員の熱意をにより、児童の健やかな成長、成人の社会復帰を積極的に支援しています。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

「やってみたい/やってみよう」が原動力 <横浜家庭学園>

横浜家庭学園で生活している児童には成長するために様々なことにチャレンジしてもらいます。勉強や日常の生活はもちろん、夏の水泳や年間を通して行う球技など、家庭学園で生れて初めて体験することもたくさんあります。児童は当然「やったことのない」ことには拒否的な態度であったり、不安になったりします。しかし、家庭学園ではチャレンジをとても賞賛します。そしてチャレンジの結果が失敗であってもそこを否定したり、避難しない雰囲気ではなく、何事にもチャレンジし、失敗を恐れない気持ちを育てており、職員同士も同じ雰囲気で仕事をしています。そうした当園の雰囲気に共感できる、前向きな方が魅力的な人材です!

施設・職場環境

自然を感じる緑豊かな敷地で、レクリエーションや生活指導を推進

運営する「横浜家庭学園」や「横浜中里学園」は、横浜市の中でも緑豊かな場所に位置し、広大な敷地には四季折々の季節を感じる自然があふれています。建物は年齢別のユニットで構成され、他に学習やレクリエーションなどを行う共同の区画を設けるなど、優れた教育・生活環境を有しています。専任講師を置いての専門的な学習を提供するきめ細かな学習指導をはじめ、生活を共にする中での作業やスポーツを通じた生活指導など、バランスの取れた健全な育成環境が特徴です。また、社会福祉の観点から成人の更生を目指す「甲突寮/横浜力行舎」は、周辺地域と密接につながる利便性に優れた場所で、社会復帰に向けたさまざまなサポートを行っています。

企業理念

明治から続く「5大主義」を守り、地域の福祉に貢献しています

明治時代の創立から100年を以上「勤勉・独立・共同・正直・清潔」の5大主義を守り、健全な教育を通じ「環境の調整」「心身の強健と情操の陶冶」「悪癖の矯正と除去」を目的とする施設運営を行っています。「横浜家庭学園」や「横浜中里学園」では、虐待を受けた子ども、生きづらさを感じながら社会のなかで苦しんでいる子どもなど、さまざまな境遇の子どもたちと共に暮らし、真剣に向き合うことで健やかな成長と明るい未来を創造。「甲突寮/横浜力行舎」では、精神疾患、アルコール・ギャンブル依存症の方に対する自立支援を行うなど、地域社会とのつながりを維持し、健やかな社会生活の実現に向けて、熱意あふれる取り組みを続けています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆児童指導員
施設に入所している児童に対し、暮らしを共にしながら健やかな育ち・子供たちの将来に寄り添いながら支援をします。
◆生活支援員
社会生活に挫折を経験し、心身共に傷付いてしまった入所者への生活全般の支援、自立や就労をに向けたソーシャルスキルの訓練を通して健やかな社会生活の復帰を支援します。

会社データ

事業内容 ■自立・更生を支援する各施設の運営
設立 1936年6月
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
従業員数 105名(2019年4月現在)
売上高 社会福祉法人のため売上高なし
代表者 理事長 小山 修
事業所 ■社会福祉法人幼年保護会 横浜家庭学園
〒240-0066 神奈川県横浜市保土ヶ谷区釜台町18-1

■甲突寮/横浜力行舎
〒235-0011 神奈川県横浜市磯子区丸山1丁目19-20

■児童養護施設横浜中里学園
〒227-0047 神奈川県横浜市青葉区みたけ台26-18
沿革 明治39年 初代会長有馬四郎助により「幼年保護会」を設置
明治39年6月1日 神奈川県小田原に幼年保護会矢津力行舎および小田原家庭学園を設立
明治40年10月 横浜市根岸町で少年少女釈放者の保護を開始する。
明治42年4月 横浜市根岸町に女子感化部を設立。根岸家庭学園、男子保護部を設け根岸力行舎とする
明治43年8月 財団法人許可
大正3年9月 保土ヶ谷帷子町に移転。翌年4月1日より横浜家庭学園に改める
大正12年 少年法施行により、横浜家庭学園が司法省認可少年保護団体に指定
昭和9年 少年教護法施行により、東京都・神奈川県の女子認可少年教護院へ
昭和23年 児童福祉法施行による教護院として、東京都・神奈川県より横浜家庭学園認可
昭和27年5月17日 社会福祉事業法により、財団法人から社会福祉法人に改組し認可
昭和59年4月1日 昭和58・59年度で施設を整備(定員50名)
平成10年4月1日 児童福祉法改正により、児童自立支援施設となる
平成29年 神奈川県立中里学園の事業を継承し、新たに児童養護施設横浜中里学園を開所
ホームページ https://www.yokohamakateigakuen.org/
https://www.koutsukiryo.com/
【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・説明会会場でマスクを配布します。(数に限りがございます。)
・説明会会場にアルコール消毒薬を用意します。
・予定どおり自社にて説明会を実施します。
・来社に不安のある方は、個別に電話にて面談等の相談に応じます。

連絡先

社会福祉法人幼年保護会 横浜家庭学園
〒240-0066 神奈川県横浜市保土ヶ谷区釜台町18-1
採用担当 松浦
TEL:045-331-5884(受付時間:9:00~17:00)
FAX:045-331-5013
E-mail:yokohamakatei@khh.biglobe.ne.jp

甲突寮/横浜力行舎
〒235-0011 神奈川県横浜市磯子区丸山1丁目19-20
採用担当 中村
TEL:045-751-0796
FAX:045-751-0795

児童養護施設横浜中里学園
〒227-0047 神奈川県横浜市青葉区みたけ台26-18
採用担当 井苅
掲載開始:2020/03/01

社会福祉法人幼年保護会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人幼年保護会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)