北九食品株式会社
キタキュウショクヒン
2021

北九食品株式会社

冷凍和菓子 製造・販売
業種
食品
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

私たちは、さまざまな企業のPB(プライベートブランド)商品を中心に、各種冷凍和菓子の製造を行っている福岡県の会社です。美味しいのはもちろんのこと、徹底した品質管理で美味・安心をお届けし、業界No.1のポジションを目指しています。その実現のためには、従業員の幸せが不可欠です。従業員の物心両面の充実を通じて、また事業の発展を通じて、地域の発展に貢献していきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

取引先企業、そしてその先の消費者の方に「こだわり」をお届け

私たちのお客さまは、一般消費者ではありません。その多くは企業で、PB商品やノベルティなどとしてご利用いただいています。取引先企業ごとに、つくりたいもの、味や形、大きさなどは異なります。OEMですので北九食品としての自社ブランドはないものの、だからこそ取引先企業の信頼・信用を失わないよう、品質管理には徹底してこだわっています。お客さまのワクワクや満足に応える、ご要望にマッチした商品開発力も私たちの強み。工場内や機械などハードウェアの効率および衛生、つくり手にとって働きやすい環境づくりにもこだわり続けます。今日もお口にしていただけるお客さまの姿を想像しながら、心を込めてていねいに仕事にあたっています。

事業・商品の特徴

お客さま第一をモットーに、OEM冷凍和菓子日本一を目指します

これまで手がけてきた商品は約500種ほど。内訳は大福系55%、桜餅系10%、わらび餅系20%、くず餅系15%です。全体の約7割が餡を生地で包むタイプのものですが、生地にも餡にもさまざまな種類があります。ヒアリングでは取引先企業の要望に応じ、形状や大きさ、味、ターゲット層などを聞き取り、営業と商品開発が力を合わせて試作品をつくります。OKがでれば商品化となり、大量に製造して納品します。取引先が求める商品をつくるのが第一ですが、決して“オリジナリティ”というハートを失っているわけではありません。逆に、取引先ごとに異なるニーズにものづくりで応えるためには、ニーズにしっかり応えることができる創造性が重要です。

会社データ

事業内容 ◆冷凍和菓子製造
設立 1978年3月
資本金 3000万円
従業員数 88名(社員35名、パート53名、2019年11月時点)
売上高 10億円(2018年度実績)
代表者 代表取締役社長 沖野 真一
事業所 【本社・工場】
福岡県鞍手郡鞍手町中山3059番地1
沿革 1978年 福岡県遠賀郡水巻町にて創業
1996年 冷凍和菓子の製造開始
2008年 創業地水巻から中間市(福岡県)に移転
2013年 ISO22000(食品安全マネジメントシステム)取得
2014年 中間工場拡張
2016年 中間市から福岡県鞍手町に移転
ホームページ http://www.kitakyushokuhin.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)