株式会社マキテック
マキテック
2021

株式会社マキテック

コンベヤ/ロボット/リフター/車いす
業種
設備・設備工事関連
輸送機器/住宅/機械/医療機器
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

変化を恐れずチャレンジしていくマキグループのDNAのもと、
多事業を展開しています!
◆搬送システム製品事業
◆物流機器事業
◆建設関連事業
◆福祉・介護製品事業
◆環境事業
その他にも飲料水の販売や溶融亜鉛メッキ事業など多岐に渡る事業を展開しております。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

変化を恐れず、進化的チャレンジを!それがマキテックのDNA。

業界トップクラスのシェアを持つ、搬送機器メーカー、マキテック。「小ロット、多品種、短納期」を強みとし、信頼の積み重ねで創業73年を迎えました。大手メーカーへの導入実績も多く、みなさんの身近なところでいえば、空港の荷物検査を行うレーンのコンベヤ、スーパーで見かけるタマゴを陳列する台車やカゴ車などから、大きな倉庫にある無人搬送台車や、ピッキングシステムまであらゆるところで商品が活躍しています。近年は、駐輪システムや外壁の設計・製造・販売といった建設事業や車イスや介護用ベッドを扱う福祉用具事業など、様々な事業を展開しています。時代のニーズを先取りし、新しいことに挑戦し続ける。それが、マキテックです。

施設・職場環境

友達にも話をしたくなる!そんな福利厚生をご紹介。

進化には、いろんな人の意見が大切!そのため≪社員提案制度≫を設けています。社歴・役職に関係なく、業務効率や職場環境に関して意見を発信できます。どんな提案でも1回、500円を支給☆これが、マキテックの進化の秘訣!また、みんなに嬉しい≪目標達成手当!≫毎年、設定した売上の目標を達成時には、目標達成手当が支給されます。さらに、社員旅行へご招待!国内外のいくつかのコースから1つ、家族も一緒に行くことが可能です。そして毎日が嬉しい≪昼食補助!≫会社で注文するお弁当を、実質200円程度で食べることができます!どうですか?これからもみなさんの意見を大切にしながら、働き甲斐と働きやすさを追求していきます。

社風・風土

やりたい!その気持ちを大切に、チャレンジ大歓迎。

仕事内容、一緒に働く人たち、すべてベストな選択ができたら大成功!だけど、なかなか見極めが難しいもの。マキテックでは、まずはチャレンジ!の気持ちを大切にしているので、機械の知識がなくても大丈夫。やってみたいという気持ちや今いる社員と一緒に働いてみたい!と思う気持ちを大事にしたいと考えています。それは、「想い」は頑張るエネルギーに変わると知っているから。より良い商品を作りたい、困っている人を何とかしたい、仕事の根底にあるその「想い」がマキテックの進化を支えています。活躍フィールドは、海外にも。より大きなチャレンジで会社を発展させていく仲間を求めています。

会社データ

事業内容 【搬送システム事業】
各種コンベヤの設計・製造・販売

【流通物流システム事業】
ロールボックスをはじめとした物流省力化機器の
設計・製造・施工・販売
FA、ロボット等の販売

【建設事業】
側溝用製品、PCカーテンウォール、設計・製造・販売
PVシステムならびに周辺機器の設計・製造・販売
建材の製造・販売ならびに建物の設計・施工

【ライフテック事業】
福祉用具の製造・販売

【その他】
洗浄機器、飲料水の販売、溶融亜鉛メッキ事業
設立 創業:昭和21年10月(1946年10月)
設立:昭和49年5月(1974年5月)
資本金 7,912.1万円
従業員数 660名(2018年4月時点)
売上高 269億(2018年3月期)
代表者 代表取締役社長/大野 裕幸
事業所 本社:名古屋市熱田区旗屋1-9-21
営業本部:愛知県弥富市鍋平1-18
製造本部:愛知県弥富市鍋平1-18

営業拠点:全国71ヵ所
製造拠点:全国12ヵ所
沿革 1946年10月名古屋市熱田区において真木政雄が真木工業所を創業。 農業用発電機、紡績部品の下請けを行う。
1961年10月 真木工業株式会社に改組。代表取締役には真木政雄が就任。
1967年7月 愛知県海部郡十四山村(現:弥富市)に十四村工場(現:弥富工場)を設置。
1971年10月 ローラーコンベヤの製造を開始。
1974年5月第2営業部が独立し、マキ商事株式会社を設立。代表取締役には真木伸一が就任。
1982年6月 名古屋市熱田区に本社ビル完成。
1987年2月 真木工業は真木政雄が代表取締役会長に、真木伸一が代表取締役に就任。
1988年12月マキ商事が株式会社マキテックに社名を変更。
1990年6月三重県三重郡菰野町に三重工場を完成。
1994年4月マキテックは真木工業と合併し、製造部門販売部門を兼ね備えた新体制に生まれ変わる。
              プラントシステムを専門とする、株式会社マキロジテックを設立。
1998年10月台湾に真木技研有限公司を設立。
1998年11月福岡県田川市に九州工場を設置。
1999年3月 みちのく食品工業を株式会社マキテックサービスに改組。
   11月 中華人民共和国江蘇省に物流機器の製造工場として無錫真木陽丘輸送機有限公司を設立。
2001年9月 (株)マキテック三重工場がISO14001の認証を取得。
2002年2月 (株)ウエルネス四万十がミネラルウォーターの販売を始める。
    4月  株式会社エムケイホームがグレーチングの販売を始める。
        12月 中華人民共和国江蘇省にコンベヤ・物流機器製造・販売の無錫真木機械設備有限公司を設備。
2003年3月 (株)マキテック十四山工場(現:弥富工場)がISO9001を認証取得。
               中華人民共和国浙江省に流通物流製品の工場として寧波真木賽力輸送機機械有限公司を設立。
        8月 (株)マキコンテック(ホイールコンベヤ製造)、(株)マキロジテック(プラントシステム)
               (株)マキテックエムティーシィ名古屋(マキグループ管理)が(株)マキテックに合併。
2005年10月 香川県仲多度郡に四国工場を完成。
2006年2月 福岡県飯塚工場にてPCカーテンウォールの製造を始める。
          3月 グレーチング販売を行なっていた(株)エムケイホームが(株)マキテックに合併。
2007年2月 中華人民共和国江蘇省に介護用品の工場として丹陽真輝康復設備有限公司を設立。
2008年7月 旧名古屋工場に4階建ての「マキビル」を新築し1・2階は事務所として使用。
               3・4階は賃貸マンション。基本コンセプトは“地球環境に優しいビル”。
2008年4月 ASP(移動棚)、駐輪機の販売を始める。
2009年4月 個人住宅・集合住宅を販売する。建設PV推進室スタート。
          7月 ソーラーパネルを配備した環境型事務所「福岡総合事務所」建設。
2010年3月 太陽光発電とオール電化の直営店「マキテックプラザ」開店。
2011年11月 屋根一体型太陽光発電システム「昴シリーズ」の販売を始める。
2012年4月 代表取締役 会長に真木 伸一が就任。代表取締役 社長に大野 裕幸が就任。
               (株)マキテック米沢工場が稼働する。
2013年1月 (株)マキテック四日市開発センターにメガソーラー設置。
          3月 (株)マキテック九州工場にメガソーラー設置。
          4月 太陽光発電を行う(株)マキサンコム開設。
          8月 ユニットハウスによる更生保護施設を建設。
          10月 ES事業部開設。LED事業をスタート。
2014年6月 60周年記念式典開催。(東京・名古屋・大阪・福岡)
2015年5月 「マキビル三重」を新築。コンセプトは“搬送用コンテナを利用した建物”。
          5月 ベトナムにマキテックベトナム有限会社を設立。ベトナム工場完成。
        11月 福祉製品販売を行っていた(株)マキライフテックが(株)マキテックに合併
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)