昭和プロダクツ株式会社
ショウワプロダクツ
2021

昭和プロダクツ株式会社

昭和丸筒グループ
業種
その他製造
非鉄金属/総合電機(電気・電子機器)/機械設計/その他サービス
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

【選考直結!3,4月に説明会実施します!】ものづくり企業の深みを知れる!
私たちは、紙やプラスチックを使って、筒を製造している会社です。
多くのメーカー様が必要とされている、最先端技術を駆使した素材を巻き取る為の筒を企業様にお届けしています。
大正12年に創業し、この分野では老舗の株式会社昭和丸筒のグループ会社として、
その製品製造を担って今年で55年の歴史があります。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

独自の発想力・技術力で世の中に欠かせないものづくりを担う

「創意工夫と独自技術でオンリーワン商品を世に出すこと」。当社は、昭和丸筒グループが掲げる理念のもと、開発・製造・販売に取り組んでいます。創業以来、半世紀以上の歴史を通して独自の発想力・高い技術力で製品を生み出してきました。食品用ラップを巻き取る中芯、炭素繊維を巻き取る筒、業務用アイスクリーム容器といった身近なものから、電気自動車で使われているリチウム電池の正極材と負極材を分離するセパレーター、さらに近年はタッチパネルの部材など新たな分野にも技術を提供しています。化学製品メーカー、製紙メーカー、OA機器メーカー、印刷会社などをクライアントに事業を展開し、世の中に欠かせないものづくりを担っています。

仕事内容

製品・設備をつくる設計職、生産管理職、営業職

職種は、設計職(製品設計職、設備設計職)、生産管理職、営業職です。製品設計職の仕事は、いわば製品のレシピづくり。素材を用い、品質・価格面でお客さまによりご満足いただける製品構成を考えます。設備設計職は製品設計職と情報共有して、現場の製造スタッフが効率的に作業できる手順、安全な設備を作ります。生産管理職は、現場を取り仕切るコンダクター。他部門のスタッフと常にコミュニケーションをとりながら、良い製品を決められた日にお届けできるよう原材料の手配から始まる段取りを組み立てていきます。営業職は企業へ訪問し、当社製品の販売を行っていただきます。

会社データ

事業内容 紙および樹脂製の巻き芯(筒)、容器、樹脂成型品、物流包装材の製造
設立 昭和39年8月
資本金 4億1,500万円
従業員数 237名(2018年5月現在)
売上高 121億6031万円(2018年5月期)
代表者 代表取締役社長 湯浅 祥弘
事業所 本社/大阪府東大阪市桜町8番1号

事業所/大阪事業所(東大阪市)、関東事業所(栃木県)、名古屋事業所(愛知県)、北陸事業所(石川県)、事業所(岐阜県)、広島事業所(広島県)、鈴鹿事業所(三重県)
主要取引先 株式会社岡山製紙、オー・ジー株式会社、旭洋紙パルプ株式会社、コニシ株式会社、昭和化成工業株式会社、積水フーラー株式会社、高六商事株式会社、東洋アルミニウム株式会社、日本紙パルプ商事株式会社、福山製紙株式会社、平和紙業株式会社、丸紅紙パルプ販売株式会社
積水フーラー株式会社、レンゴーペーパービジネス株式会社
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)