株式会社アルゴグラフィックス
アルゴグラフィックス
2021

株式会社アルゴグラフィックス

東証一部上場  CAD(CATIA)/CAM/CAE/HPC/商社
  • 株式公開
業種
ソフトウェア
情報処理/インターネット関連/コンサルタント・専門コンサルタント/商社(電機・電子・半導体)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

~日本のモノづくりを技術力で支える テクニカル・ソリューション・プロバイダー~

当社は、高度な技術的専門知識をベースに、問題解決の為に様々な製品とサービスを提供しています。
お客様は、自動車・航空産業・鉄道など名だたる大手製造企業のOEMメーカーやサプライヤーが中心。
製造設計においてグローバルスタンダードとなっている3次元CADソフトウェア「CATIA」では世界で2位、日本で1位の導入実績を誇っています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

導入実績日本1の3次元CADソフトCATIAで製造業の未来を支える!

私たちは日本のものづくりの良きパートナーです。大手メーカーのお客様を中心にIT技術で、ものづくり一連の大きなライフサイクルの課題を解決・支援しています。私たちが取り扱う設計システムの3次元CADソフト「CATIA」は日本で1位、世界で2位の導入実績を誇っています。製造業において「環境」・「グローバル化」へと変化が起こる中、私達も「世界のものづくり」をサポートする会社へと成長し、今後もハードウェア販売、ソフトウェア販売、サポートサービスを一体化した最適な組み合わせを提供できるサービス会社へと成長しつつあります。アルゴグラフィックスはナンバーワン、そしてオンリーワンを目指します。

戦略・ビジョン

より専門的に、よりグローバルに。広がるビジネスフィールド。

これまで日本の製造業では、業務の効率化・生産性の向上などが取り組まれてきました。しかし今後は、環境問題やグローバル化をキーワードとしたモノづくりが進んでいくと予想されます。日本における製造業は、より先進的な研究開発が中心となっていくと考えられます。そこで注目されるのが、HPCソリューションをはじめとするサーバーソリューション技術・サービス、そして設計の要である3次元CAD(設計システム)です。これらの分野で数々の実績を誇る当社。今後私たちに寄せられる製造業からの期待は益々大きな物となっていくはずです。アルゴグラフィックスのフィールドは、より専門的に、よりグローバルに広がっていきます。

仕事内容

「日本のモノづくりを、自らのIT技術で支える」存在に。

3次元CADソフトウェアの導入やシステム構築、PLM/HPCなどのサーバーソリューションなど様々な分野で、モノづくりの最前線を支えているのが当社のSEたち。彼らは口々に「モノづくりの現場を自分が支えているという自負が持てる」「社内外から頼りにされ、感謝される存在になれる」と、仕事のやりがいを語ります。そんな当社のSEに共通するのは、技術への探究心、フットワーク、そしてコミュニケーション力です。モノづくりやIT技術に興味があり、人と接することが好き。「日本のモノづくりを、自らのIT技術で支える」という気概がある。そんな方にとって当社のSEは、チャレンジし甲斐のある仕事、フィールドです。

会社データ

事業内容 ~ テクニカル・ソリューション・プロバイダー事業 ~

アルゴグラフィックスはPLMソリューションをはじめとしてHPCソリューション、サーバーソリューションを通じてお客様の付加価値を創造する『テクニカル・ソリューション・プロバイダー』です。

~ 「CATIA導入入実績 世界2位」×「最先端ITの技術力」 ~

製造設計においてグローバルスタンダードとなっている3次元CADソフトウェア「CATIA」では、世界で2位、日本で1位の導入実績を誇っています!

いまや製造設計においてグローバルスタンダードとなったCATIAにいち早く着目し、製造業界のリーディングカンパニーから多大な評価を受けているアルゴグラフィックス。
IBMのビジネスパートナーにも認定される高い技術力と人財で、日本のものづくりと最先端技術研究を支えています。


【具体的な事業領域】

<PLM(Product Lifecycle Management)ソリューション分野>
ものづくり支援を中心として、設計から製造、廃棄に至るまでの業務プロセス全般に最適なソリューションを提供。
~ たとえば ~
■PLM関連の開発、技術支援サービス
■3D-CAD「CATIA」などCAD/CAM/CAE/PDMソフトウェアの企画・導入・運用・保守

<HPC(High Performance Computing)ソリューション分野>
専門性の高い高度な技術計算処理に最適なシステムを提供。
~ たとえば ~
■HPCシステムの企画・導入・運用・保守

<サーバーソリューション分野>
多様化したニーズに応じ、様々なソリューションとともに最新技術を駆使したインフラシステムを提供。
~ たとえば ~
■サーバー・ストレージ等各種コンピュータシステムの販売・保守

<サービスビジネス分野>
経験豊富なエキスパートエンジニアが、お客様に安心と満足のサービスを提供。
~ たとえば ~
■海外ハードウェア、ソフトウェア製品の販売・保守


【Point! 用語の説明】

<PLMとは?>
PLMとは、Product Lifecycle Managementの略。モノづくりの企画から設計、生産、販売後のユーザーサポート、さらには環境保全に配慮した製品の廃棄に至るまで、製品のライフサイクルを管理する手法のことをいいます。

<HPCとは?>
HPCとは、High Performance Computingの略で、非常に計算量の多い計算処理のことをいいます。航空機や自動車の周りの空気の流れや医薬品の効果など、実験コストがかかる現象や人間が制御できない現象の解析に用いられます。HPCを行うための手段としてスーパーコンピュータやコンピュータクラスタ、あるいはクラウドコンピューティングを用います。
設立 1985年(昭和60年)2月19日
資本金 18億7,300万円(2017年3月31日現在)
従業員数 479名(2017年7月31日現在)
売上高 268億7,500万円 (2017年3月期)
(連結売上高:348億4,700万円)
代表者 代表取締役会長 兼CEO 藤澤 義麿(ふじさわ よしまろ)
代表取締役社長 兼COO 尾崎 宗視 (おざき むねし)
事業所 《本社》
〒103-0015
東京都 中央区 日本橋 箱崎町5-14 アルゴ日本橋ビル

《西日本事業部》
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4-5-36 セントラル新大阪ビル12階

《中部事業部》
〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉2-27-14 東海関電ビル9階

《宇都宮事業所》
〒321-3325
栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台143 (株)ホンダロジスティクス栃木事業所内

《東北事業所》
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町2-15-1 ルナール仙台ビル8階

《静岡事業所》
〒430-0926
静岡県浜松市中区砂山町325-6 日本生命浜松駅前ビル5階

《北関東オフィス》
〒373-0026
群馬県太田市東本町28-3 宮下ビル2階

《広島オフィス》
〒732-0827
広島県広島市南区稲荷町1-1 ロイヤルタワー3階

《札幌オフィス》
〒001-0012
北海道札幌市北区北十二条西3-1-15 N12ビル2階

《教育センター》
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町4-3 国際箱崎ビル8階

《商品センター》
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町4-3 国際箱崎ビル8階
関係企業 株式会社AIS北海道
株式会社アルゴビジネスサービス
株式会社ヒューリンクス
株式会社ジーダット
愛績旻(上海)信息科技有限公司
株式会社HPCソリューションズ
株式会社フォルムウェア
株式会社PLMジャパン
慧舟軟件技術(上海)有限公司
株式会社テクスパイア
アイシン・インフォテックス株式会社
株式会社クライムエヌシーデー
New System Service Co.,Ltd.(タイ)
New System Vietnam Co.,Ltd.(ベトナム)
アライアンス Global Vision Technology,
Inc.(米国)
PT. Nusantara Secom InfoTech(インドネシア)
TechniaTranscat GmbH(ドイツ)
MDCGroup, Inc.(フィリピン)
トップメッセージ ~ 高付加価値なソリューションを提供し信頼される企業へ ~

私達は日本のものづくりの良きパートナーとして、主に製造業を中心に、研究・開発分野からモノをつくるところまで一貫したサービス、ソリューションを提供する会社です。あらゆるITに関する会社の製品を最高の組み合わせで提供しています。

その中でも私達が取り扱っている設計システム、「CATIA」は製造業における3次元CAD(設計システム)の中心となってきています。これからは設計だけでなくPLM(企画、デザイン、設計、解析、生産、消費、廃棄にいたるまで)、ものづくりの一連の大きなライフサイクルまで、サービスを提供していくことが必要となっています。そこには環境・エコ問題、新しい様々な問題をどうものづくりで活かしていくかが課題になります。設計だけではなく、解析、PDM(製品データ管理)をグローバルに展開できる人がより必要になってきています。これまで日本の製造業では業務の効率化・生産性の向上などが取り組まれてきましたが、今後は環境問題やグローバル化をキーワードとしてモノ造りが進んでいくと予想されま
す。今後日本の製造業は研究開発中心となってくるであろうと考えられることから、私達も研究開発に対するビジネス展開を進めていきたいと考えています。その中でもHPCが重要な役割を担うことになります。国内外で新しいハードウェア、ソフトウェアをみつけ、組み合わせ、それらを使った情報技術をお客様に提案していく。グローバル化に対しては、海外拠点とのデータ共有化が必須となってくることからPDM(製品データ管理)のグローバル展開に注力して取り組んでいきたい。

製造業において「環境」・「グローバル化」へと変化が起こる中、私達も「日本のものづくり」から「世界のものづくり」をサポートする会社へと成長し、今後もハードウェア販売、ソフトウェア販売、サポートサービスを一体化した最適な組み合わせを提供できるサービス会社でありたい。より良い商品を組み合わせてお客様に提供することができる、それがアルゴグラフィックスだからできることなのです。

代表取締役会長 兼CEO 藤澤 義麿
社風・風土 仕事もプライベートも楽しむ。それがアルゴ流!
仕事は、机に向かってキーボードをカタカタ。プライベートはインドア。IT業界の会社の社員たちにそんなイメージをお持ちではないですか?もちろん、そういった側面も確かにあります。
でも、私たちの会社では、SEであっても営業の技術サポートとして、プリセールスとして積極的に客先に出向き、お客様とコミュニケーションを図りながら仕事を進めています。
オフには有志が集い、野球、フットサル、マラソン、ソフトボールなど、様々なスポーツで思いっきり汗を流す人も大勢います。特に公認である野球部は、様々な大会に参加するなど、本格的な部活動を展開しています。
ときにはお酒を酌み交わして、世代や部門を超えた交流を深めるなど、社員同士の連帯感、きずなを深めています。
アットホームで風通しも良く、仕事もプライベートも楽しむ。そして、思った以上にアグレッシブ。それがアルゴ流の社風・風土です。
主要取引先 ・本田技研工業
・富士重工業
・ソニー
・ニコン
・パナソニック
・アイシン精機
・デンソー
・ブリヂストン
・三菱重工業
・ジャムコ
など
沿革 -------------------------------------------------------------------------------
1985年
2月 本社を港区芝大門に仮設置し営業開始。
株式会社アルゴ21、セイコーインスツル株式会社およびソニー株式会社の出資を得て資本金1億円にて設立。
8月 本社を中央区銀座に移す。
10月 エンジニアリング・ワークステーションとして米国MASSCOMP社のReal Time UNIXをベースにしたシステムを販売開始。
-------------------------------------------------------------------------------
1986年
5月 IBM
MICRO CADAM販売開始。
7月 大阪営業所(現 西日本事業部)を開設。
IBM 5550/MICRO CADAM用19インチ大型モニターをソニー株式会社からOEMし「AR201/202」として独占販売。
-------------------------------------------------------------------------------
1988年
4月米国STELLAR
Computer社のGraphic SupercomputerをOEMして「SURGE」シリーズとして販売を開始。
-------------------------------------------------------------------------------
1990年
4月 米国STELLAR
Computer社のGraphic SupercomputerをOEMして「SURGE」シリーズとして販売を開始。
6月 IBM ワークステーションRS/6000の販売を開始。1988年
-------------------------------------------------------------------------------
1991年
1月 名古屋営業所(現 中部事業部)を開設。
-------------------------------------------------------------------------------
1992年
2月 HPC分野強化のために米国Sterling Software's Systems社「NQS/EXEC」の販売を開始。
4月 仏ダッソー・システムズ社の3次元CADシステム「CATIA」の販売を開始。
9月 UNIX版のMICRO CADAM-X(MC-X)を販売。
-------------------------------------------------------------------------------
1993年
2月 事業拡大に伴い、本社を中央区日本橋箱崎町に移転。
-------------------------------------------------------------------------------
1995年
4月 株式会社アルゴハイテックを設立。
-------------------------------------------------------------------------------
1996年
1月 タイNSS社へ資本参加ならびに業務提携。
-------------------------------------------------------------------------------
1998年
11月 株式を店頭公開、資本金を8億5,600万円に増資。
12月 浜松営業所(現 静岡事業所)を開設。
-------------------------------------------------------------------------------
2000年
5月 宇都宮営業所(現 宇都宮事業所)を開設。
-------------------------------------------------------------------------------
2001年
10月 株式会社アルゴシステムサポートを設立。
11月 米国グローバルビジョンテクノロジー社に出資、業務提携を締結。
-------------------------------------------------------------------------------
2002年
8月 広島サポートセンター(現 広島オフィス)を開設。
12月ビジネス業務の受託を主体とした株式会社アルゴビジネスサービスを株式取得により100%子会社化。
-------------------------------------------------------------------------------
2003年
2月 科学技術計算パッケージを主体に販売する株式会社ヒューリンクスの株式取得により100%子会社化。
5月 北関東営業所(現 北関東オフィス)を開設。(群馬県太田市)
-------------------------------------------------------------------------------
2004年
2月 株式を東証二部に上場。
回路設計CAD分野へ進出するために株式会社ジーダットの株式をセイコーインスツル株式会社より取得。連結子会社化。
7月 金型分野強化のために株式会社アルゴ21から「CLIKS」を主とするデジタル・エンジニアリング事業を買収。
-------------------------------------------------------------------------------
2005年
1月 株式会社PLMジャパンに出資。(出資比率49%)
3月 株式を東証一部に上場。
8月 中国 上海市に、DNE Technology社(上海)とエンジニアリング専門の慧舟軟件技術(上海)有限公司を設立。(現出資比率49%)
10月 株式会社アルゴシステムサポートの本社を札幌市に移転し、エンジニアリングセンターとしてCAE受託業務開始。
アイシングループのエンジニアリング/ ITインフラなどを支援するための新会社アイシン・インフォテックス株式会社に資本参加。(現出資比率20%)
-------------------------------------------------------------------------------

2006年
7月 株式会社HPCソリューションズを設立。(現出資比率100%)
PCクラスタシステム分野へ進出。
11月 株式会社フォルムウェアへ資本参加。(出資比率66%)
3次元デザインCAD 「FRESDAM」を販売、サポート。
-------------------------------------------------------------------------------
2007年
7月 シンガポールにDNE Technology社(上海)とARGO DNE Technology
PTE.LTD.を設立。
10月 金型設計支援のために株式会社クライムエヌシーデーへ資本参加。(出資比率20%)
-------------------------------------------------------------------------------
2008年
5月 株式会社KEN
OKUYAMA DESIGNに出資ならびに業務提携。
SCSK株式会社(旧社名:住商情報システム株式会社)と業務ならびに資本提携。
-------------------------------------------------------------------------------
2009年
1月 ベトナム進出する日系企業を支援するためにNSV社(ハノイ市)へ資本参加ならびに業務提携。
3月 ISO9001(QMS)の認証を取得。
-------------------------------------------------------------------------------
2010年
2月 株式会社HIT(旧社名:伯東インフォメーション・テクノロジー株式会社)を100%子会社化。事業の統合。
4月 東北事業所を開設。(宮城県仙台市)
-------------------------------------------------------------------------------
2011年
3月 株式会社アルゴシステムサポートと共に解析(CAE)受託ビジネスを強化のため、株式会社ISID北海道を買収し、株式会社ISS北海道と改称。(出資比率100%)
ISO27001(ISMS)の認証を取得。
-------------------------------------------------------------------------------
2012年
3月 株式会社SIM-Drive主体で開発するEV(電気自動車)の先行開発車事業第3号に参画。
-------------------------------------------------------------------------------
2013年
5月 株式会社ジーダットと共に中国における半導体設計用ソフトウェアの販売強化のため、愛績旻(上海)信息科技有限公司を設立。(出資比率30%)
6月 公共機関を中心としたものづくり支援のための株式会社テクスパイアへ資本参加。(出資比率27%)
7月 インドネシアに進出している日系企業を支援するためにNSI社(インドネシア)と業務提携。
-------------------------------------------------------------------------------
2014年
10月 株式会社アルゴシステムサポートが株式会社ISS北海道を合併し、株式会社AIS北海道と改称。
-------------------------------------------------------------------------------
2015年12月
フィリピンに進出している日系企業を支援するため、MDCGroup社(フィリピン)と業務提携。
2月NSS社(タイ)の株式を追加取得、同社及びNSV社(ベトナム)を連結子会社化。
欧州における日系企業への支援強化ならびにソフトウェアの相互提供のため、TechniaTranscat社(ドイツ)と業務提携。
-------------------------------------------------------------------------------
2016年4月
株式会社CAD SOLUTIONSが事業開始。2次元CADシステム「MICRO CADAM」を販売、サポート。
-------------------------------------------------------------------------------
2017年10月
株式会社システムプラネットの株式を取得し、連結子会社化。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)