有限会社ズーティー
ズーティー
2021

有限会社ズーティー

ECサイト「イーザッカマニアストアーズ」等の運営・実店舗の展開
業種
商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)
アパレル・服飾・雑貨・皮革製品/専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

zootie(ズーティー )は、2002年に設立し、20代~40代前半の女性をターゲットに、ファッションや雑貨などを「イーザッカマニアストアーズ」、「ファブリカ」等のECサイトや実店舗で企画販売しています。

また、実店舗も展開し、国内外からのセレクトアイテムとオリジナル商品といったベーシックなアイテムから、インパクトのある小物まで幅広い商品を取り揃えています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

『テンション高めの女子をつくる』・・・・・が、経営理念です。

創業17年目を迎えた私たち。全員で考えた経営理念は『テンション高めの女子をつくる』というものです。私たちのつくる服や雑貨で、サイトのコンテンツや1通のメールで、世界中の女子を、テンション高めにしたい。私たちの変わらぬ目標であり、原点でもあります。「服やバッグを手に取らずに買うなんてあり得ない…」と言っていた店長の考えが当社の出発点。現在、ECサイトの「イーザッカマニアストアーズ」等を展開していますが、商品企画からページ制作、運営に至るまで全てにおいて「お客様の視点で」を合言葉に、様々な工夫を凝らしています。今では当たり前となった、洋服の「身長別コメント」も私たちが先駆けだったんですよ。

事業・商品の特徴

ネットショップだけでなく、実店舗やオリジナル商品も。

ネットショップだけでなく神戸で実店舗も展開しています。実店舗の特徴は、「アナログな接客」。お客様と1時間くらいファッションの話で盛り上がる、なんてことも珍しくありません。また、商品を販売するだけでなく、ズーティーオリジナルの商品を企画・販売。実は、「アパレルメーカー」としての機能もあるんですよ。自分たちのつくったモノを、自らの手で販売し、お客様から直接評価をいただくことで、また良い商品や店舗をつくることができる。川上から川下まで、すべてに携われる会社。多彩なECサイトに実店舗、さらにはメーカーとしての機能も加わり、私たちの表現の幅は広がるばかりです。

社風・風土

アイデアが思いつけば、役員の携帯に連絡もしちゃいます。

現場のスタッフが、代表に「いいアイディア思いついたんで、ちょっと見に来て下さい!」と携帯を鳴らすこともあります。「今、出張で東京にいるから写メールで送って」と言っても、「実際に見ないと良さが伝わりません!帰ってくるまで待ってます!」というスタッフもいるくらい(笑)。そうやって、既存のニット帽に、別のワッペンを付けて商品にしたスタッフもいました。商品企画やWEBスタッフ、はたまたカスタマーサポートのスタッフまで、全員が「アイデアの素」。入社初日のスタッフから役員まで、全員がお客様目線。お客様の気持ちになって考えたことや、思いついたことなら、何でも実現できる。それがズーティーの社風です。

会社データ

事業内容 ◆オリジナルウェアやアクセサリー・雑貨・インテリア等の企画・販売

◆ECサイトの運営
運営WEBサイト
・e-zakkamania stores <イーザッカマニアストアーズ>
レディースカジュアルのファッション通販!
神戸セレクトショップから女の子に嬉しいスタイルを表現してくれるウエア・雑貨の通販を展開しています。

・Fablica<ファブリカ>
キッズもママも楽しめるお洋服やバッグたち。
プレゼントするのがもったいないくらいのカワイイ小物たち。
そんな『カワイイ』をぎゅっと詰め込んだ大人もワクワクするお店。
それが<ファブリカ>です。


◆実店舗
・ 「zootie」(ズーティー/神戸栄町店 )
・ 「Fablica」(ファブリカ/神戸栄町店、神戸岡本店)

◆zootie Styling Lab<ズーティー スタイリングラボ>

スタイリストが「コツ」や「セオリー」などのテクニックを盛り込みながら、お客様とカウンセリングとスタイリングを行い、 ファッションに関する「お悩み」を解決していくサービスです。
設立 2005年3月(創業2002年)
資本金 4500万円
従業員数 70名(男女比1:9、平均年齢29歳)
売上高 40億183万円(2018年9月期)
36億5460万円(2017年9月期)
代表者 代表取締役:今石 雄介
事業所 〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通2-2-3 東和ビル5F
実店舗のブランドこと ◆zootie<ズーティー>

人とおんなじはイヤだけどトレンドはやっぱり取り入れたい。
カジュアルは好きなんだけど、ただのカジュアルだとなんかつまんない。
安いものは買いやすくて好きなんだけど、安っぽいのは断然イヤ。
カワイイモノは好きなんだけど、可愛すぎる自分はなんかイヤ。
もちろん若く見えるのは大歓迎なんだけど、子供っぽく見えすぎるのはイヤ。
とびきりオシャレに見えなくていいんだけど、「あの子なんかオシャレだよね」って思われたい。
どうせ買うならオフィスでもお休みの日でも着れるモノが欲しい。
ラクだけど、スタイルがよく見えて、オシャレでカワイイものが欲しい。

そんな「かわいい」に貪欲な愛すべきワガママ女子達のテンションがちょっとあがる。
そんなセレクトショップがzootieです。


◆Fablica<ファブリカ>

ピンクとブルーを基調にした店内とカラフルなアイテム達。
一歩店内に入ればそこはfablicaの世界が広がっています。
ビンテージファブリックやボタンをはじめとするハンドメイドアイテム。
キッズもママも楽しめるお洋服やBAG。
プレゼントするのがもったいなくなるくらいカワイイ小物達。
そんな「カワイイモノ」をぎゅっと詰め込んだ大人もわくわくするお店。
それがfablicaです。
経営理念など ●経営理念
『テンション高めの女子をつくる』

私たちのつくる服や雑貨で、サイトのコンテンツや1通のメールで、世界中の女子を、テンション高めにしたい。

私たちの変わらぬ目標であり、原点でもあります。

「服やバッグを手に取らずに買うなんてあり得ない…」
と言っていた店長の考えが当社の出発点。

現在、ECサイトの「イーザッカマニアストアーズ」等を展開していますが、商品企画からページ制作、運営に至るまで全てにおいて「お客様の視点で」を合言葉に、様々な工夫を凝らしています。
ズーティーの心得 「「チャンスハンターであれ」」

どんな人と一緒に働きたいか? と真剣に考えた時、「テンション高めの女子を作る」ために仕事をバンバン任せたくなる仲間というのは、きっとこういう人なんじゃないだろうか。

目の前にチャンスが転がってきたら、それを拾うのは当たり前。(これはラッキーチャンス)ハンターはその名の通りハンターですから。 自分でチャンス(好機)を探しに行くのです、見つけるのです、そして我がものにする(狩る)のです。

そんなチャンスハンターの「あるべき姿」が、わたしたちズーティーの「求める人物像」なのです。

1.チャンスハンターは、常にどんなことにもチャレンジしている。

チャンスを見つけるために、常に新しい事に挑戦しています。待っていてもチャンスはなかなか転がってはきません。それどころか隣のハンターに絶好のチャンスを奪われてしまうかもしれません。「隣のハンター」は同僚だけとは限りません。他の会社や社会情勢など様々です。チャンスハンターは楽しいことに前のめりです。


2.チャンスハンターは、指示を待たず、人任せにしない。

チャンスが目の前にあるのに、いちいち指示を待っていたらその機を逃してしまいます。チャンスハンターはあらかじめ「目的・目標」を仲間と共有しておき、自立した考え・責任をもって自分の判断で「テンション高めの女子を作る」ために行動します。


3.チャンスハンターは、人の話をちゃんと聞いている。

いいチャンスを見つける人は、人の話にきちんと耳を傾けられる素直な人です。自分と異なる考え方や意見から学ぶことができる柔軟性があります。


4.チャンスハンターは、常にアンテナの感度が高い。

チャンスはどこに転がっているかわかりません。そのためにいろいろな情報を仕入れる努力を怠りません。家の中で何気なく親と交わした会話の中や、友達と遊びにいった最新のカフェに、とてつもない「ビジネスチャンス」が潜んでいることもあります。ONとかOFFとか仕事とかプライベートとか関係なく、アンテナをビンビンにして自分のチャンス狩りに活かします。


5.チャンスハンターは、枠にとどまらない。

決められたレールの上だけを走っていては、いいチャンスには巡り会えません。仮にそれでチャンスに恵まれたとしても「レールがないとこれ以上走れません!」なんて不恰好。敷かれたレールに囚われていては、真のチャンスを逃してしまいます。チャンスのハンティングは一期一会。目の前のチャンスはどうすれば狩ることができるだろうか、今までのやり方では手に負えないならば、やり方を変えてしまえばいいのです。


6.チャンスハンターは、群れない、媚びない、つるまない。

ハンターは孤独。そういうことではありません。チャンスをその手で掴むために「チームワーク」はとても大切です。ひとりがチャンスを見張り、ひとりがチャンスに罠をしかけ、ひとりがチャンスをおびき寄せ、ひとりがチャンスをしとめる。それができるのは全員が同じビジョンを描き、ゴールに向かうために必要な「自分の役割」を理解して、「自分の判断」で行動しているから。何をしたらいいかわからないときはしっかりと周りに確認をし、他の人に「依存」したりしません。


7.チャンスハンターは、前例がなくても関係ない。

「このチャンスは今まで見たことがないので狩りたくありません。」そんなことを言うハンターはいません。今まで見たことのないチャンスを見たことが、それこそものすごいチャンスです!人間は「やったことのないこと」を経験するときに一番成長すると言われています。いいチャンスハンターは、「はじめて」をたくさん経験しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)