丸モ盛岡中央青果株式会社
マルモモリオカチュウオウセイカ
2021

丸モ盛岡中央青果株式会社

青果物(野菜・果実等)卸売
業種
商社(食料品)
その他専門店・小売/食品
本社
岩手

私たちはこんな事業をしています

青果物(野菜・果実等)及びこれらの加工品の受託販売並びに購入販売を行う企業です。農林水産大臣の営業許可を受け、県内唯一の中央卸売市場(盛岡市中央卸売市場)の卸売業者として全国各地から新鮮な青果物を集荷し、県民の皆様へ安定供給する公共的使命を担い営業しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

地域に密着した事業展開!安心安全な青果物の流通を担う

当社は創業から50年以上、地域に密着し、盛岡市を中心とした岩手県内で青果物の流通に携わってきました。消費者のみなさまにおいしく、安心、安全な青果物を食べていただくために、生産者・出荷団体(商社)・農協各県連のネットワークを駆使。食品の流通を円滑に進め、効率的な取引に尽力しています。そして、食文化が多様化するなか、消費者のニーズや必要とされる食品の量的な変化、供給量の変化などスピーディに情報を収集するため、基幹システムの導入や情報の分析にも力を入れています。常により高い品質を探求し、実現するサービス業を目指しています。

仕事内容

幅広く活躍できる!地域の「食」を支える、貢献度の高い仕事

私たちの仕事は、農協、出荷団体、商社、農家等からの青果物を販売することです。青果物の集荷や仕入れ、販売業務のほか、産地の視察、情報の収集や発信を通して、地域の「食」に貢献。人々の生活を支える、貢献度の高い仕事です。仕事については先輩社員がOJTにて丁寧に指導します。営業職は経験を積んで、実際の販売を行うためのセリ人資格免許を取得していただきます。また、荷捌き等をフォークリフトで行います。フォークリフト免許は入社後に会社負担で取得できるので、ご安心ください。

会社データ

事業内容 青果物(野菜・果実)及びこれらの加工品の受託販売、購入販売
設立 1967年3月
資本金 5020万円
従業員数 68名(2019年08月時点)
売上高 172億円(2018年度実績)
代表者 代表取締役社長  吉田 雄一
事業所 岩手県盛岡市羽場10地割100番地
沿革 1948年       盛岡市南大通に農家相寄り市場を開設、盛岡市菜園に果樹農家が中心となり市場を開設
1963年     両市場が合併し、丸モ青果市場と名称変更
1967年03月 市内の問屋、出荷団体と大同合併し、丸モ盛岡中央青果株式会社を設立
1968年10月 旧盛岡市中央卸売市場が開場し青果部として入場する
2001年05月 現盛岡市中央卸売市場が開場し移転する
2002年11月 盛岡市中央卸売市場青果部門が2社体制から1社体制になる
ホームページ http://www.marumo-seika.co.jp
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)