有限会社石川養豚場
イシカワヨウトンジョウ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

有限会社石川養豚場

石川さんちのあいぽーく/ファーマーズマーケットブリオ
業種
農林
その他専門店・小売/食品
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

養豚事業部
当社は 自社ブランド肉「あいぽーく」を常時9,000頭もの豚を飼育、年間出荷22,000頭程になります。
衛生管理の徹底された豚舎の中で飼育し餌にもこだわった豚たちを当社のスタッフたちが愛情をこめて育てています。
食肉事業部
自社農場で育った豚の約7割は自社工場で加工され精肉やハムやソーセージなどの加工品に。加工品は約80品目に上りおかげざまで年間約14万人ものお客様にご来店いただいています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

養豚場の運営から商品の加工、さらに販売まで一貫体制で対応

私たちは、養豚場の運営や食肉卸小売を通じ、消費者となる皆さまの食卓を豊かにするお手伝いを行っています。農場HACCP、JGAPを基準とした衛生管理から環境への配慮まで行き届いた自社農場では、年間およそ2万頭もの養豚を出荷。「豚のプロ」として、徹底管理に励んでいます。さらに平成12年からは、愛情込めて育てた豚、そして自社工場にて手がけた商品を、お客さまへ直接お届けしたいという思いから「自社直売店ブリオ」の運営もスタートしました。食肉加工食品が食卓に並ぶまでに欠かせない、育てる、作る、販売するという工程に、一貫体制で対応しています。

仕事内容

豚の飼育・管理、出荷、開発・研究とあらゆる業務を経験できる

一貫体制で業務に取り組んでいる当社だからこそ、入社後はさまざまな業務に携わってもらいたいと考えています。たとえば、当社業務の基本となる豚の飼育や管理。はじめは給餌や清掃といった、基本的な作業からスタートし少しずつステップアップしていきます。先輩社員のサポートを受けながら、豚の栄養管理や体調管理、農場HACCP、JGAPを基準にした衛生管理さらに出荷業務や付随業務にも挑戦してください。慣れてきたら新たな生産性効率化開発のように、より専門的な研究にも携わることができます。不安なこと、心配なことがあれば、先輩社員へ相談しながらたくさんの経験を積み、プロフェッショナルとしてノウハウを身につけてください。

事業・商品の特徴

地域に愛されるオリジナルブランド「石川さんちのあいぽーく」

私たちが手がける豚肉は、まろやかさ、やわらかさ、そしてジューシーな味わいが特徴。オリジナルブランド「石川さんちのあいぽーく」として、多くのお客さまから愛されています。さらに加工食品はおよそ80品目にものぼり、年間およそ14万7千人ものお客さまからご愛顧いただいています。全国のJA中央会およびNHKが主催する「第36回日本農業賞」では、特別賞も受賞しました。こうした実績を誇りに、さらなる品質向上を目指し、これから先の未来にも愛される地域ブランドとして活躍していきたいと考えています。新しい時代を引っぱっていく、意欲ある人材と出会えることを期待しています!

会社データ

事業内容 養豚(母豚750頭の繁殖肥育一貫経営 年間出荷頭数約22,000頭)
食肉卸小売、ハムソーセージ製造卸小売、惣菜製造小売
設立 昭和57年7月1日
資本金 1,000万円
従業員数 正社員27人、パート・アルバイト50人
売上高 17億8,900万円(30年2月実績)
代表者 代表取締役 石川安俊
事業所 〒475-0948 愛知県半田市田代町44(半田農場)
〒479-0001 愛知県常滑市矢田字ダブカ脇206(矢田農場)
〒475-0977 愛知県半田市吉田町4-173(ブリオ半田店)
〒470-2101 愛知県知多郡東浦町大字森岡字田面120(ブリオ大府店)
〒475-0828 愛知県半田市瑞穂町3-10-9(ブリオ物流センター) 
沿革 昭和44年 6月20日、5頭の母豚で豚生産経営開始(稲作に養豚を加え農家の収益確保を目的に創業)
昭和48年 母豚100頭の子取り肥育一貫経営開始
昭和56年 総合施設資金を借り入れウィンドレス舎を建設、母豚200頭とする
昭和57年 7月1日有限会社田代養豚場を設立、石川万次郎が社長に就任、パソコンの活用開始
昭和58年 飼料委託配合開始
昭和59年 7月30日、有限会社石川養豚場に改称し石川安俊が社長に就任
【ホワイトポーク】の名称で名古屋食肉市場へ共同出荷を開始
平成2年 母豚350頭とし、ファーマーズマーケット構想のため全国事例調査開始
平成6年 母豚400頭直売を意識し安全とおいしさを考えた委託配合開始
平成7年 母豚550頭『石川さんちのあいぽーく』(登録商標)を『株式会社名鉄パレ』へ直売開始
平成12年 ファーマーズマーケット『ブリオ』を開設、豚肉ハムソーセージ等加工販売開始、JA農産物直売所『げんきの郷』へ出店
平成15年 農場生産量のうち直売が50%を越す
平成19年 第36回日本農業賞特別賞受賞
平成22年 ブリオ大府2号店開業、農業生産量のうち直売が60%を超す
平成24年 3号店ブリオ天白店開業、商標登録番号5497265「BRIO」商標登録取得
平成26年 ブリオ物流センター稼働開始、新分娩舎稼働開始
平成27年 矢田肥育農場稼働開始
平成29年 4号店ブリオ千種店開業
ホームページ http://aipork.com(農場)
http://www.fm-brio.com(ブリオ)
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)