株式会社アクタスアクタス

株式会社アクタス

インテリア/レストラン・カフェ/アパレル
業種 専門店(音楽・書籍・インテリア)
商社(インテリア)/専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)/外食・レストラン・フードサービス/各種ビジネスサービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

店舗営業部 アクタス幕張店
Y.N(23歳)
【出身】同志社大学  政策学部政策学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 商品(主に雑貨)の接客・販売
アクタスで取り扱う生活を彩るアイテムの販売を行っています。ディスプレイなどは、「つい手に取りたくなる、使ってみたくなる」ような売場づくりを心掛けています。また、販売業の醍醐味である接客では、お客様ひとりひとりの生活環境に応じた、商品の提案を行っています。その提案はケースバイケースでまさに十人十色です。そこが難しい半面、とても楽しく、私のやりがいとなっています。売場の配置やポップの表現を変えるなどの少し手を加えてみることで、商品が売れるようになった時にも楽しさを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ポイントカードキャンペーンで一番になったこと。
配属から3か月が経過したころ、店内で4か月にわたるポイントカードキャンペーンが始まりました。ようやく仕事にも慣れ、レジでの接客が拙く情けないと思う反面、楽しくもありました。一週間ごとにポイント獲得の進捗が張り出されることで、よりモチベーションにも繋がっていました。一つ一つの獲得は、ごく僅か成果ですが、ひたすらに積み上げることはきっと有益になるに違いないと信じ、このレースの間にもスタッフ同士で楽しみながら競うことができました。やはり、「仕事は楽しんでこそ」とその時感じました。最終、店内レースで一番になりましたが、それ以上に目的をもって取り組め、自らが楽しみながら、取り組むことができたそのプロセスこそが、仕事の上で重要なのだと学びました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 採用段階で様々な事に挑戦できる社風を感じることができた点。
私は就職活動の軸を、「自らチャレンジできる会社(主体性があるかどうか)」という観点から据えていました。そして、もともとインテリアに興味があったため、メーカーから小売業まで幅広く受けていました。選考が始まる当初は、アクタスに特別強い気持ちはありませんでした。しかし、様々な企業の採用面接を受けましたが、アクタスの面接だけはとても楽しかったのです。それは恐らくありのままの自分を素直に表現できたためと私は思っています。その時、会社で働く想像が容易にできたことが決め手となったのではないかと思います。
 
これまでのキャリア 営業(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は相性だと思います。緊張して偽りの自分で内定をもらっても、それは偽りの自分と相性が良いだけです。素の自分と相性のいい会社を探すことが大事だと思います。そのためには、採用段階でありのままの自分で臨むべきだと思います。

株式会社アクタスの先輩社員

店頭での家具・雑貨販売

店舗営業部 アクタスみなとみらい店
M.H
青山学院大学 経営学部 経営学科

お店でお客様に商品を販売し、様々なライフスタイルを提案するお仕事です。

店舗営業部 アクタス新宿店
N.K
岩手大学 国際文化課程 フランス言語文化コース

雑貨商品の開発とバイイング

MD本部マーチャンダイジング部 雑貨/TEX開発チーム
N.M
神戸市外国語大学 第二部英米学科

副店長 店舗マネジメント・販売・売場つくりなど

店舗営業部 スローハウス二子玉川店
K.N
静岡大学 理学部地球科学科

企業・商品・店舗のPR

マーケティング部
K.K
青山学院大学 経済学部・経済学科

顧客様を店舗へ誘致する仕事。提携企業様とのタイアップ企画など

店舗外商部
M.M
九州大学 芸術工学部環境設計学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる