クオレ株式会社
クオレ
2021

クオレ株式会社

美容商材/コスメ/化粧品/AXI
業種
化粧品
商社(化粧品)/コンサルタント・専門コンサルタント/エステ・理容・美容/各種ビジネスサービス
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

様々な角度からアプローチする美容室経営のコンサルティングはクオレの代名詞。
美容室を専門にした化粧品流通システムの確立を行った草分け的存在の企業としても知られる当社。
豊富なノウハウで美容室が持つ可能性を拡げています。

近年は「クオレ化粧品」以外にアイメイク・ベースメイクアップ商品「K-Palette」も
全国のバラエティショップ・ドラッグストアに展開。クオレの名を広める主力商品の一つになっています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

50年以上の歴史を有する、美容室とのリレーションシップ

全国の美容室2万6000店と取引実績有!クオレは自社商品製造メーカーでありながら、直接美容室へ卸すという全国直販体制を確立。「クオレ化粧品」の商材を通し美容室の経営を全面的にサポートするというコンサルタント営業が基本です。近年の美容室の増加に伴い、お客様がサロンを選ぶ基準も多様化。技術力や価格だけでは、勝ち残るのが難しい時代となってます。クオレは美容商材メーカーとして、オリジナル商品の開発やメニューの企画を提案。また、自社の美容インストラクターと営業がプロジェクトチームを組み、各サロン毎の社員教育や技術指導を提供。独自のコンサルティングで美容室との強固な信頼関係を築いています。

仕事内容

マーケットの動向を読み、あらゆる戦略を

クオレを支えるグループは全部で2つ。どちらも美容商材を扱いますが、営業手法が全く違います。【第1営業グループ】は美容室が対象で、ヘアケア・スキンケア商品の卸売販売の他、シーズン毎のメニュー提案や人材教育の技術サポートなどのコンサルティングを行います。サロン毎のニーズに対していかに深くケアできるかがポイントとなります。【第2営業グループ】は既存のバラエティショップ、ドラッグストア等にアイメイク「K-Palette」シリーズの販売や流通管理を行います。ルートセールスが基本となりますが、店舗毎の自社商品のシェアを上げるために、キャンペーンを企画したり、レイアウトを考案したり、様々な施策を講じる必要があります。

会社データ

事業内容  事業内容 化粧品等の商品企画、研究開発、販売、卸
(クオレ化粧品、K-Paletteの製造・卸)
設立 1965年(昭和40年)3月1日
資本金 9,500万円
従業員数 320名
売上高 65億円(2018年2月末実績)
代表者 代表取締役社長 木下英司
本社 〒564-0052 大阪府吹田市広芝町12-25
営業所 ◆札幌営業所:札幌市東区北35条東2-1-5
◆青森営業所:青森市篠田1-26-12 第3新藤ビル1F
◆仙台営業所:仙台市宮城野区榴岡1-7-27
◆新潟営業所:新潟市中央区天神1丁目17-1けやきビル301
◆埼玉営業所:埼玉県志木市上宗岡2-20-25
◆東京営業所:東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル
◆横浜営業所:横浜市中区山下町207-2関内JSビル10階1001号室
◆静岡営業所:浜松市中区細島町5-2 ビジネスパーク細島2号室
◆名古屋営業所:名古屋市天白区池見2-97-1
◆金沢営業所:金沢市野町1-2-43 安藤芳園堂ビル3階A号室
◆大阪営業所:大阪府吹田市広芝町12-25
◆広島営業所:広島市南区的場2-1-4 TOMA1ビル
◆岡山営業所:岡山市北区一宮792-1 木下製薬株式会社内1F
◆松江営業所:松江市西津田5丁目20-16 サンティーヌ・G101号
◆四国営業所:愛媛県松山市北井門1-4-8
◆福岡営業所:福岡市博多区吉塚2-16-11
◆熊本営業所:熊本市中央区桜町2-21 マーカス桜町7F
◆大分営業所:大分市金池南1-8-32華冠ビル4F
◆鹿児島営業所:鹿児島市七ツ島1-6-25
※全国、19営業所・3出荷センター・2物流センター
クオレグループ □株式会社美研ホールディングス
□木下製薬株式会社(化粧品研究開発・製造)
  <本社:岡山 研究所:岡山 工場:岡山・玉野・姫路>
□韓国クオレ化粧品株式会社(韓国美容室向け販売会社)
沿革 1965年03月 | 大阪市北区老松町に株式会社美研を創立。BSリプロンを美容室ルートで販売。
1965年09月 | 全国の主要地区に次々と代理店制度を導入、販売綱強化を図る。
~66年08月 |    
1967年04月 | 創業時より懸案のCCS制度(クオレ・チェーン・サロン・システム)が発足。
1967年11月 | クオレBSシリーズ発売。
1968年02月 | 第1回クオレ全国合同ゼミナールを開催、CCSの優良店から100余名が参加。
1968年09月 | 東日本地区の専属代理店東京美研を吸収合併し、東京支店とする。
1969年09月 | 業務拡張により本社を大阪市北区西天満に移転。
1970年02月 | 千里研修センター(大阪)オープン。
1972年03月 | クオレMUシリーズ発売。
1973年08月 | 第1回クオレ若人の集い(現在のサマーキャンパス)開催。
          1万2千トンの豪華客船を使用し洋上で実施。美容界の若人たちのための有力な
          福利厚生バックアップ策として、従業員問題に悩む業界の注目を集める。
1974年04月 | CCSの超優良店を対象とするCSS(クオレ・スぺリア・サロン)制度スタート。
1981年03月 | クオレFOシリーズ発売。
1981年03月 | 販売会社制度の本格的スタート。エメラルド会発足。
1982年09月 | コンピュータ「クオリックスシステム」美容室へ導入。
1982年11月 | 東京研修センターオープン。
1984年03月 | 全国の販売会社制度確立。
1985年03月 | 創立20周年を迎え、株式会社美研から「クオレ株式会社」に社名変更。
          同時にマーク、ロゴも新しくデザイン変更。
1986年02月 | クオレ全国合同ゼミナール「創立20周年記念大会」を
          東京・新高輪プリンスホテルで開催。
1986年04月 | エステティック「クオレア・システム」導入。
1988年06月 | 美白剤「プレニッククリーム」発売。
1989年09月 | ケンゾーブランドによる香水「KENZO」の輸入販売開始。
1990年11月 | 本社ビル完成。エステティックサロン「クオレア」オープン。
1992年11月 | 岡山に株式会社イクソラファブリカ(現在の木下製薬株式会社)設立。
1993年03月 | 全国11販社をクオレ株式会社に合併。
1993年10月 | 日本エステティシャン協会公認「クオレエステティックスクール」開校。
1995年08月 | 「KENZOパレット」セルフセレクション市場にて販売開始。
1998年09月 | 木下製薬株式会社岡山工場竣工。
1999年09月 | パルファム・ジバンシィ社との契約により「グランサンボン」をバラエティショップ
          にて販売開始。
1999年10月 | 三嶋皮膚科学研究所と技術開発提携。
2001年09月 | 「KENZOパレット」から「K-パレット」にブランド名を変更。
2004年01月 | 事業内容を見直し、化粧品事業をクオレ株式会社、
          不動産管理事業を木下商事株式会社に分割再編を行う。
2008年06月 | ISO 9001 認証取得。  
2010年04月 | 西日本出荷センター開設。
2010年10月 | 東日本出荷センター開設。  
2011年09月 | 中部出荷センター開設。
2011年10月 | 木下製薬岡山新工場稼働。
2013年05月 | 北海道出荷センター開設。
2013年05月 | 兵庫物流センター開設。
2014年02月 | ダイヤモンド経営者倶楽部にて2013年度優秀企業賞を受賞。
2015年03月 | 創立50周年を迎える。
2015年08月 | 「AXIホワイトニングクリームTS」特許取得
2016年04月 | 「AXIホワイトニングクリームTS」2016年度モンドセレクション最高金賞受賞
2017年04月 | 「AXIホワイトニングエマルジョンTS」2017年度モンドセレクション最高金賞受賞
2017年04月 | 「AXIホワイトニングローションTS」2017年度モンドセレクション金賞受賞
2018年04月 |  「AXIホワイトニングクリームTS」2018年度モンドセレクション3年連続最高金賞受賞
2018年04月 |  「AXIホワイトニングエマルジョンTS」2018年度モンドセレクション2年連続最高金賞受賞
2018年04月 |  「AXIホワイトニングローションTS」2018年度モンドセレクション2年連続金賞受賞
主要取引先 ◆ 第1営業グループ ◆
   クオレ化粧品
      ▼
全国主要美容室及びエステティックサロン・美容学校


◆ 第2営業グループ ◆
    K-Palette
      ▼
全国有名バラエティショップ・ドラッグストア・大手GMS
◆第1営業グループ 【 日本での先駆けとなった流通チャネル確立 】

『美容室と共に栄える』を信条に、美容室を“トータルビューティーの場”と位置付け、
半世紀を経過。
化粧品販売を行うことで日本での先駆けとなる流通形態を築き上げました。
「第1営業グループ」は当社の柱となるグループです。
様々な企業が参入する中で、お客様のご要望にタイムリーにお応えできるよう、
全国で営業を展開しています。
◆第2営業グループ 【 クオレ第二の事業として、安定化を図る 】

美容室専売の流通チャネル確立により、大きな成長を遂げたクオレ。
第1営業グループを柱とし、新たに立ち上げたのが、第2営業グループです。
当グループが行うのは自社ブランド「K-Palette」の拡販。
サロン直取引の第1営業グループに対して、
第2営業グループは一般品ルートで全国の有力化粧品卸業者等を通じ、
バラエティショップやドラッグストアなど、営業先は多岐にわたります。
また、通販サイトでも人気を獲得するなど、確かな商品力と認知度を獲得。
さらに海外マーケットに進出し、世界を視野にしたグロ-バルな営業展開を進めています。
◆CMS制度について 美容室の成長、美容業界の繁栄はクオレの成長にも密接に繋がる動向。
多くの美容室は個人経営のため、オーナー様は様々な壁にぶつかっておられます。
当社はそんな多種多様な悩みに耳を傾け、適正なコンサルティングを施しています。

「新規出店に向けて利益確保したい」
「翌年は売上げを2倍にしたい」
「スタッフ一人ひとりの技術力を底上げしたい」
「新規のお客様のシェアを50%にしたい」

私たちは数々の悩みを抱えるオーナー様のよき相談相手となり、
経営に関するあらゆる角度からサポートするシステムを完成させました。
それが、CMS(クオレ・メンバーシップ・システム)制度です。

これは「美容業界の総合コンサルタント」 を目指す、
クオレの企業姿勢を、形にしたものです。

「販売技術・情報の提供」「経営・従業員対策」「管理能力の開発」
「美容技術の向上」 などのレクチャー実施やイベントを開催。
クオレオリジナルの価値の提供に一役買っています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)