株式会社ヤマキヤマキ

株式会社ヤマキ

【鋳造メーカー/ヤマキグループ】
業種 金属製品
自動車/その他製造/輸送機器/機械
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

製造部 生産技術課
山崎 翔多(26歳)
【出身】日本福祉大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 鋳物の製造につきものの不良対策を根気よくトライ&エラーする。
担当しているのは、トラクターなどの農業機械に使われる大型の鋳物、また、大型の自動車用鋳物部品の生産ラインの生産技術です。鋳物の製造に不良はつきものなので、製造スタッフと一緒になって現場で不良対策を練っています。例えば、湯道(溶けた鉄の流れ道)の幅を太くして流れやすくする場合も、今度は流れ過ぎて不良になる場合もあります。少しの対策の差で、製品の仕上がりに影響がでるので注意が必要です。何度も根気よくトライ&エラーを繰り返して調整していきます。
先輩は優しく教えてくれますが、甘えてばかりでは成長できないと思いますので、先輩に質問をする時などは、自分なりの意見もぶつけるように意識しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
文系出身でも、モノづくりの仕事が分かってきたと感じる瞬間!
私は文系出身でしたから、入社までは設計図面やそれに記される様々な記号などには触れてきませんでした。でも少しずつ慣れてきて、図面で読み取れる事が増えてきたと実感できた時は、喜びを感じる瞬間です。分からない事も多いですが、それらを1つずつ乗り越えた時は嬉しいですね。
仕事で一番ミスが出やすいのは、「分からないのに、仕事を進める」という事だと思います。私はよく分からないうちは自分で進めることはしません。先輩は様々な不良対策の中でも、私が少しリスクを負いそうな対策を行う際は横についてくれて心強いです。仕事が少しずつ見えてきたこの頃では、新製品の立ち上げなど先輩が行っている業務に、自分も取り組みたいと意欲が出てきています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 仕事の厳しい所も伝えられたが、それよりも面白そうと感じたこと。
選考に進む中で、面接をしてくださった社長が、自社の良い所ばかりをアピールするのではなく、素直に改善が必要な所も隠さずに伝えてくれました。また、会社見学の中で話を聞けた先輩も同じように「つらい仕事だぞ」「キレイな所ではないぞ」「本気じゃないと続かないぞ」と、厳しい面も教えてくれて、それらを踏まえても、ヤマキで行っているモノづくりが面白そうと感じられたのが入社の決め手です。
また会社見学の時に、自分と同じような文系出身の先輩が仕事の事を楽しそうに話してくれたのも、ヤマキでの仕事をいいな、と感じた一因だと思います。
 
これまでのキャリア 生産技術(現職3年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

将来的に、なりたい自分になれるイメージが持てる会社を選んでほしいと思います。私の場合は、自分がモノづくりに加わることで、製品に変化が起こるといいなと思っていました。そんな、想いを実現できるような会社に出会ってください。

株式会社ヤマキの先輩社員

鋳物の原料の成分分析を行い、材料の面から不良を減らす。

製造部 生産技術課
大江 喜久
富山大学大学院 工学部 物質生命システム工学専攻

鋳物を作るための「型」の補修・改修を通して不良を減らす事。

製造部 生産技術課
仙田 博之
三重大学 工学部 分子素材工学科

真空ポンプ・高圧ポンプなどの品質管理や生産技術に携わっています。

製造部 生産技術課
間瀬 海風
三重大学 工学部 物理工学科

生産技術のポジションで製品工程の管理・改善を行っています。

製造部 生産技術課
磯貝 拓毅
中京大学 社会学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる