杉本電気有限会社
スギモトデンキ
2021

杉本電気有限会社

総合電気設備工事業(鉄道電気/建築電気)、トロリ線取替工事
業種
設備・設備工事関連
鉄道/電力・電気/その他サービス
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

【プレエントリー受付中!!!】
私たちは、愛知県清須市で鉄道架線工事を主体とした電気工事業を営んでいます。愛知県は東西の鉄道の結節点であり、鉄道は日本経済の動脈であるとともに、人々の生活インフラでもあります。私たちは鉄道設備に電気を供給するトロリ線や饋(き)電線、その支持物など線路設備の新設や維持保守、除却までを一貫通貫で対応。次世代を担う人材の育成にも、全社を挙げて取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

役割分担と適材適所で、チームワークを活かして頑張っています

鉄道架線工事の仕事は、チームワークがポイントです。作業はダイヤに影響が出ないよう、主に夜間に行います。1作業あたりの作業時間は2時間ほどで、少しの遅れが後工程にも影響を及ぼします。そのため、スタッフ間の作業分担や情報共有は必須。当社はメンバー同士が工夫し、分かりやすい作業手順書や数値化した指示事項を独自に開発することで、安全かつ迅速に作業を行っています。入社後しばらくは先輩の補助作業をしながら現場経験を積み、経験値が上がれば監理業務にも携わっていただきます。仕事の大小に関わらず、一つの工事を事故なく安全に終えた時や、自分が提案したアイデアが施工の中で役立った時は、格別な達成感を感じられます。

事業優位性

世界有数の輸送サービス「新幹線」の安全・安心を担っています

当社は東海旅客鉄道株式会社(JR東海)など大手鉄道事業者と長年の信頼関係があり、高度な経験と技術力が求められる東海道新幹線などの架線工事を任されています。1日あたり約350本が運行し、時速300kmで移動する新幹線の架線は負荷や摩耗が避けられませんが、当社は日々の点検や金具類の交換、架線の張替、支柱の建替などの業務を通じ、年間延べ1億6000万人もの「安全・安心」を担っているのです。また、電車線技術者は社会に貢献しているという誇りを持ち、専門性の向上や自己研鑽に取り組んでいるほか、会社としても最新設備・安全設備の導入を最優先で進めています。また、工事の機械化やIT化にも積極的に取り組んでいます。

技術力・開発力

「技術は人から」をモットーに、専門人材の育成に努めています

プロ人材の育成に力を入れている当社では、資格取得制度を設けて専門資格の取得を推奨しています。例えば、電気工事士や電気工事施工管理技士、電気主任技術者などの資格が取得できるほか、電気監理技術者や鉄道設計技士(鉄道電気)、技術士(電気電子部門)などへのチャレンジも歓迎しています。社内研修では教育用の器具や設備を使い、受配電設備や信号システム、電車線引留装置などについて専門的な実技講習を実施。夜間の工事でもスムーズに作業ができるよう、「頭と体で」工事手順を習得できる体制を整えています。鉄道会社主催の講習会にも積極的に参加し、鉄道事業者ごとの工事の違いや、最新の工法などについての理解を深めています。

会社データ

事業内容 ◆電気工事業
設立 1966年4月1日
資本金 1000万円
従業員数 14名
売上高 1億6000万円(2018年9月)
代表者 代表取締役 杉本 日正
事業所 【本社】
愛知県清須市西枇杷島町上新102
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)