進和鉄工株式会社
シンワテッコウ
2021

進和鉄工株式会社

メーカー/金属製品
業種
金属製品
設備・設備工事関連/機械/半導体・電子部品・その他
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

みなさん電車に乗る時、必ず一度は案内表示板を目にすると思います。
私たちはその外装部分(筺体と言われるもの)を製造しています。
その他にも電気制御盤や分電盤など、あまり目立ちませんが世の中にはなくてはならないモノをつくっています。
このような製品を製造している会社は他にもありますが、実際にJRや阪急、地下鉄の製品を生産出来る会社はごく一部、それだけ当社の技術力の高さが認められている証拠でもあります。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

進和鉄工の武器は、質の良い製品を造る「技術力」

当社のものづくりは既存品の大量生産ではなく、駅にある案内掲示板のような一流の技術力が必要な一品モノの特注品の生産です。特に大阪では駅の数も多いので、駅の改修も頻繁に行われます。その度に当社に仕事の依頼が舞い込んで来るので、会社も安定した収益を得る事が出来ています。実際にJRや阪急、地下鉄などの製品を生産できる会社は業界でもごく一部であり、高品質で安全性の高い製品を提供出来る会社にしか仕事の依頼はしません。そういったものづくりが出来ているという事はそれだけ進和鉄工の技術力の高さが社会的に認められているという事です。

魅力的な人材

新時代を迎える進和鉄工

当社では2012年から毎年新卒採用を実施し、今まで9名の新卒大学生が入社しました。社員の高齢化解消、技術継承を目的として始めた新卒採用も現在では徐々に形になり、設計、品質保証、製造、営業、事務の各分野でこの若い世代が活躍しています。新卒一期生ともなれば現在7年目になり、もう若手ではなく、会社を支える重要なビジネスパーソンとして活躍しています。そして今まさに、新卒で入社した社員がさらに次の世代に技術やノウハウを伝えていく新たな進和鉄工の時代を迎えようとしています。若手からベテランまで活躍する当社で新しい時代を切り開きませんか?

仕事内容

製造課の伊藤さんにインタビューしてきました!

Q:「今の仕事内容は?」A:「お客様から依頼のあった各種筐体の製造を行っています。様々な機械を操作し、一枚の金属板を切断し、曲げ、溶接し、研磨して箱の形に仕上げていきます。資格も取れるし、技術も身につくので面白いですよ!」Q:「仕事のやりがいは?」A:「一番やりがいを感じるのは実際に自分が製作に関わった行先表示板が駅に設置されているところを見たときですね。見かける度に『自分がこれを作ったんだ』と誇らしい気持ちになります。」Q:「製造の仕事は理系だけですか?」A:「私は理系出身ですが、文系の方でも入社してからスキルを身につける事は十分に可能です。大切なのはモノづくりに興味があるかどうかです。」

会社データ

事業内容 各種筐体(制御盤、コントロールボックス、分電版、配電盤、案内表示板、電光掲示板、操舵室など)の設計・製作
設立 1968年
資本金 4,800万円
従業員数 32名
売上高 3億5,000万円
代表者 代表取締役社長 栗生 真作
事業所 【本社・工場】
〒578-0921
大阪府東大阪市水走5丁目9番33号
TEL:072-964-8688(代)/FAX:072-964-8232
【高知工場】
高知県宿毛市平田町戸内字扇3386番51
沿革 1961年 進和鉄工所創業
1968年 法人登記。進和鉄工株式会社設立
1976年 1,800万円に増資
1984年 3,200万円に増資
1985年 東大阪市水走に本社・新工場建設
1998年 高知県宿毛市に高知工場建設
           4,800万円に増資
2009年 代表取締役に栗生真作が就任
ホームページ http://shinwa-works.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)