株式会社構造計画研究所コウゾウケイカクケンキュウショ
  • 株式公開
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
ソフトウェア/情報処理/シンクタンク/建築設計
本社 東京

先輩社員にインタビュー

デザイン工学部
中村 早希(25歳)
【出身】熊本高等専門学校  電子情報システム工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 住設機器メーカー向け Web業務支援システムの開発
営業マンや機器設計者がWebブラウザで仕様を入力すると、その情報を基に見積や図面を自動作図するシステムを担当しています。
大手SIerと異なりプロジェクトに携わる人数が少ないので設計から運用保守まで一連のシステム開発に携わることができ、さらに若手でも比較的早い時期からお客様との打ち合わせに参加することでシステムに対する責任感が強くなるため、無事に納品できた時の喜びもひとしおです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様から評価いただけたとき
システム納品後にお客様に高い評価をいただいたときが一番嬉しかったです。
システム開発はパソコンの前に向かってキーボードをひたすら叩くイメージがあると思いますが、それだけでなく、お客様とコミュニケーションをとるのも重要な仕事です。
最初の頃は自分の考えをなかなか伝えられませんでしたが、お客様の業界知識や技術の勉強をするうちに自分に自信がついていき、積極的にコミュニケーションが取れるようになりました。最近は担当のお客様から相談の電話が掛かってくるようになり徐々に信頼をお寄せいただいていることを実感しています。そんなお客様のためにより良いモノを提供することが自分のやりがいとなり、それに対して評価いただけると嬉しいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人、事業領域
SIerを中心に就職活動をしていた私の視点で当社を見ると、建築や意思決定支援など「本当に1つの会社ですか?」と聞きたくなるくらい事業領域が幅広いため、自分の仕事とは異なる分野と仕事ができる可能性に魅力を感じました。実際、異分野の部署同士でビジネスを起こしているケースもあり、当社の特色の1つだと思います。
最終的に当社を選んだ理由は「人」でした。説明会や選考の過程で採用担当や先輩社員の方達と接する機会があり、他社と比較して自分なりのこだわりを持った人が多い印象を受けました。こだわりがある分、くせも強そうだが一緒に働くと面白そうだと思い決断にいたりました。(入社後に自分の考えは合っていたと実感しました)
 
これまでのキャリア システムの設計・開発(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 システムエンジニア(SE)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動はただの入口です。その後は自分で決めた会社で何年、何十年も働くことになるので、入社後のことを考えたうえで会社を選ぶべきです。「学生時代の専攻とマッチしているから」「几帳面な性格が○○の業務に適している」など論理的な分析も大事ですが、妄想力を働かせることをお勧めします。自分が働いている姿を思い浮かべ、この会社だったら・この仕事だったらワクワクできるか?と。そんなプラスの気持ちがモチベーションを持って働くうえで重要な要素となります。

株式会社構造計画研究所の先輩社員

構造解析コンサルティングと解析プログラムの開発

建築構造工学部
會田 裕昌
横浜国立大学大学院 工学府 社会空間システム学専攻

応用数理技術を用いて、顧客業務の作業計画の改善を支援

通信システム部
山田 裕通
上智大学 文学部社会学科

地盤の安全性についてシミュレーションや解析をする仕事

防災・環境部
吉野 亜香利
東京大学大学院 農学生命科学研究科

Web営業支援システムの開発と提案。多くの人と関わって作り上げる

社内ICTセンター
綱井 祐美子
早稲田大学大学院 基幹理工学研究科表現工学専攻

お客様とメンバーをつなぐマネジメントの仕事

品質安全デザイン室
行武 晋一
東京都立科学技術大学大学院 力学系システム工学専攻 航空宇宙システム工学

プレイングマネージャとして組織管理と構造設計業務の双方に励む

構造設計2部
石塚 広一
法政大学大学院 現:デザイン工学研究科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる