株式会社ローソンストア100
ローソンストアヒャク
2021

株式会社ローソンストア100

ローソングループ/販売/接客/商品企画/マーケティング
業種
スーパー・ストア
コンビニエンスストア/専門店(複合)/その他専門店・小売/百貨店
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

ローソンストア100は、スーパーマーケットのような【幅広い品揃え】、コンビニエンスストアの【利便性】、100円というわかりやすい【均一価格】の3つの特長を兼ね備えたオンリーワンのビジネスを展開中。節約生活支援業態=「くらし支えるストア」として、“欲しいときに、欲しい商品が、欲しい場所にある”を叶え、お客さま一人ひとりのライフスタイルや地域に密着した、生活インフラ的な存在になることを目指しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

“コンビニのようでコンビニではない”、独自のビジネスモデル

『私たちは、日常生活を簡単、便利に、そして節約支援します』を企業理念に、一般的なコンビニチェーンとは一線を画す新業態として誕生した当社。生鮮食料品から日用品まで豊富な品揃えを強みに、地域に密着した店舗運営を行なっています。充実した商品ラインナップと手に取りやすい価格帯から、子どもからお年寄りまで幅広い世代に愛されており、プライベートブランド『バリューライン(VL)』の商品開発にも注力するほか、こだわりの青果は生産者の顔が見える『ローソンファーム』から仕入れるなど、価値ある商品をお届けしています。「いつもありがとう」「毎日助かるわ」――日々お客さまからいただく感謝の言葉が、私たちの原動力です。

戦略・ビジョン

常に時代を先読みし、世の中に求められる店舗づくりを実践

少子高齢化が進む日本では、消費の二極化が進み、ますます節約志向ニーズが上昇していきます。主婦層、シニア層を中心に、単身者や核家族が気軽に買い物ができる店舗が求められており、スーパ―で大量購入する時代から近くの店舗で毎日買い物をする時代へと徐々に移行しています。そうしたなか、地域密着型の新しい生活インフラとして、お客さま目線に立った店舗を運営することが、私たちの社会的意義だと捉えています。現在、関東・中京・近畿地方を中心に約800店舗を展開しており、次に目指すは1000店舗達成。新商品開発や生産性向上の追求など、ローソングループならではの強みを活かし、今後も日々新しいチャレンジを続けていきます。

会社データ

事業内容 「ローソンストア100」の店舗運営及び指導並びに商品関連事業
「ローソンストア100」のフランチャイズチェーン展開
設立 2013年11月14日
資本金 9,900万円
従業員数 627名(2018年2月)
売上高 会社規定により非公開
代表者 代表取締役社長 佐藤 隆史
事業所 本社/東京都品川区
店舗数 805店舗  ※2018年2月末日現在
グループ ローソングループ
沿革 1996年 4月  (株)ベストの新規事業部門として東京都立川市若葉町に「99エンオンリーストア」
         1号店をオープン    
2000年10月  (株)ベストより独立。新会社「株式会社九九プラス」設立(設立時:直営44店)
2000年11月  フランチャイズチェーン(FC)展開開始
2001年 1月事業拡大のため、新CIを導入
以降、新店舗の店舗名を「SHOP99」に統一
2002年 6月食品スーパーなどを手がける(株)チコマートより、関西チコマート(株)を買収、100%出資子会社化
2007年 2月コンビニエンスストアの(株)ローソンと業務・資本提携
2008年 9月 (株)ローソンの連結子会社に。ローソングループの一員として本格稼働
2009年 5月 (株)ローソン子会社の(株)バリューローソンを吸収合併
12月100%子会社の(株)九九プラス関西を吸収合併
2010年 7月 (株)ローソン完全子会社
2014年 2月 (株)ローソンマートに社名変更
2016年 3月 (株)ローソンストア100に社名変更
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)