木下建工株式会社キノシタケンコウ

木下建工株式会社

コンクリート構造物の長寿命化施工/災害復旧工事/リノベーション
業種 建設
設備・設備工事関連/住宅/不動産/建築設計
本社 長野

先輩社員にインタビュー

保全事業部 調査設計グループ
H.Y(25歳)
【出身】筑波大学大学院  生命環境科学研究科 生物資源科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 インフラ再生のための調査試験、ソリューション開発
保全事業部 調査設計グループで、橋梁の劣化調査診断、鉄筋探査や各種試験関係をしています。また兼務で土木部にて実施する元請工事のドローン測量、Photoscanでの点群処理、TREND-POINTを使った三角網による土量計算等もしています。
現在木下建工では補修補強分野へのi-Con導入をリードするため、全工程を内製化し社内のノウハウを保持することを心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
成長を実感しています
まだ入社して半年たたないのですが、様々な業務、プロジェクトを任せてもらえる点です。私自身この数カ月で、これまで知らなかった世界を見て、考えて、習得しています。社内もいいことはどんどんやろうという姿勢なので、基本若手の意見が採用されますし、スピード感があって楽しいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ビジョンと実績実績がある会社
循環型社会の実現に向けた構造物・建築物の長寿命化に取り組むとともに、長年災害対策など東信地域を支えてきた会社で自分も働きたいと思いました!
 
これまでのキャリア 入社研修→保全事業部配属

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

社会には色々な会社があります。ぜひ説明会などで訪問して直接話してみましょう。それだけでも雰囲気がいい会社か悪いか結構わかりますよ。

木下建工株式会社の先輩社員

保全事業部でコンクリート構造物補修・補強工事の施工管理をしています。

保全事業部
K. F
千葉工業大学 建築学部

災害で流された河川や老朽化したインフラ工事の施工管理をしています。

土木事業部
S. W
長野県立丸子修学館高等学校 総合学科

インフラ長寿命化の現場で施工管理をしています。

保全事業部
S. M
上田情報ビジネス専門学校 建築学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる