株式会社いすゞ中央研究所
イスズチュウオウケンキュウショ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

株式会社いすゞ中央研究所

いすゞグループ/研究・開発(機械・電気・電子情報工学)
業種
自動車
輸送機器/機械
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

いすゞ中央研究所は、商用車とディーゼルエンジンにおける先端技術の研究と、いすゞ自動車の商品の先行開発を担う会社です。「エンジン」「車両」「エネルギー技術」等の分野で、安全・環境・経済性という3つの重要な開発テーマを基に研究開発を行っています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

今注目を集めている衝突回避や自動運転などの安全技術を追求

私たちは、いすゞ自動車の商品の「先行開発」を担当する会社として1990年に設立以来、世界中の研究機関と連携し、理想のクルマを実現するために創造的な先行開発・基礎研究を推進しています。研究分野は「ディーゼルエンジン」「xEV」「新エネルギー」「自動運転」「人間工学」「空力」「材料」など多岐に渡ります。その中でも今世間で注目されている” 衝突回避技術 ”や” CACC ”をはじめとする自動運転技術は、より注力して研究に取り組んでいる分野です。今後の実用化に向けて、日々研究を進めています。

仕事内容

学生時代の勉強を活かして、研究員として活躍

入社後は、全員が"研究職"です。研究はテーマ毎に専門のチームを組んで行います。小さい規模で3、4名、大きな規模でも10数名と比較的少数の規模で研究しているのが、私たちの特徴です。テーマは様々ですが、実用化に近い技術研究を行うものもあれば、10年先・20年先を見据えた基礎研究を行うものもあります。当社は幅広いテーマを網羅しているので、学生時代に研究していたことや得意な分野を活かすチャンスが多くあります。また、安全で環境に優しいクルマ社会を実現させるという「使命感」と「やりがい」を持ち、研究に打ち込むことのできる魅力ある職場です。

社風・風土

研究員として成長できる職場環境

当社は、親会社であるいすゞ自動車との交流をはじめ、海外の大学・研究機関との交流のチャンスなど、より幅広い技術や研究手法を身につける機会が多くあります。また、研究員として必要な能力を育むための教育も実施しています。このような職場環境の中で研究員同士、切磋琢磨しながら研究に取り組んでいます。

会社データ

事業内容 いすゞ自動車における、先行技術の研究開発事業
設立 1990年2月
資本金 4億9,000万円
従業員数 209名(2019年5月実績)
売上高 当社規定により非公開
代表者 代表取締役社長 永井 克昌
事業所 ■本社
神奈川県藤沢市土棚8番地
ホームページ http://www.iaec.isuzu.co.jp/
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)