株式会社札幌北洋リース
サッポロホクヨウリース
2021

株式会社札幌北洋リース

札幌北洋グループ
業種
リース・レンタル
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

リースとは、お客様に代わって機械設備を購入し、それをお客様に賃貸することで、お客様の
設備投資をお手伝いすることです。
当社は、『北洋銀行』を中心とする札幌北洋グループの一社として、グループの情報ネットワーク
を活かしてリース事業を進めています。
北海道内のさまざまな業種のお客様に、多種多様な機械設備をリースすることを通じて、お客様の
発展に貢献することを目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

札幌北洋グループの強みを生かした安定した事業基盤

私たちは「北洋銀行100%出資の子会社」として、札幌北洋グループの情報ネットワークを生かして事業を進めています。1989年の設立以来、北洋銀行のお取引先を中心として数多くのお客様に対して「リース・割賦」を通して、設備投資をサポートするBtoBビジネスを展開してきました。この結果、北海道内のあらゆる業種のお客様に適切で良質なサービスを提供することができ、北海道内ではトップクラスの実績を達成しています。今後はグループ各社との連携を更に強化し、グループ一体となって北海道内の企業の発展に貢献していきまいす。

仕事内容

いろいろな業界・業種のお客様

私たちの主力ビジネスであるリース事業は、『お客様が希望する機械や設備を』 、  『お客様に代わって購入』し 、 『それをお客様にリース(賃貸)する』ことです。北海道内のあらゆる業種の企業・個人事業主のお客様との取引があり、活躍のフィールドがとても幅広いという特徴があります。多種多様な業界・業種のお客様のニーズにお応えしていくには幅広い知識が必要です。これからご入社いただく方には、何事にも好奇心を持って挑戦していくチャレンジ精神と最後までやりりぬく粘り強さを期待しています。

事業・商品の特徴

物融サービスを通じて、お客様のビジネス発展に貢献

よく訊かれるのが『リース』は『レンタル』どこが違うのか、です。『レンタル』はレンタル会社がもっている在庫からお客様が選んだ機械や設備を賃貸します。『リース』はお客様が希望するメーカーや機種の設備を、時には特注品の設備をお客様に賃貸します。総合リース業を展開している私たちは、パソコンなどの「情報関連機器」をはじめ、「土木建設機械」「商業設備」「産業用機械設備」「輸送用機器」「医療機器」など、あらゆる業界で必要とされる設備をリースしています。お客様の経営にとって重要な設備投資を、『金融』ではなくリースという『物融』でお手伝いしています。

会社データ

事業内容 ■情報関連機器、事務用機器、産業機械、工作機械、医療機器、商業用設備、土木建設機械、自動車などのリース、賃貸借及び割賦販売業務
■金銭の貸付その他各種金融業務
■前各号に付帯する一切の業務
設立 1989年6月
資本金 5,000万円(北洋銀行100%出資)
従業員数 92名(男性59名 女性33名)※2018年3月31日現在
売上高 2016年3月期  269憶9200万円
2017年3月期  280憶1300万円
2018年3月期  282憶9600万円
代表者 代表取締役社長 飯田 祐司
事業所 【本社】
〒060-0042 札幌市中央区大通西3丁目11番地 北洋ビル6階
沿革 1989年 6月 北洋リース株式会社設立
1998年11月 株式会社たくぎんリースを統合
2002年 3月 北都リース株式会社を統合
2002年 4月 北見支店開設
2004年12月 札銀リース株式会社を統合 社名を「株式会社札幌北洋リース」に変更
2009年 4月 栗林リース株式会社を統合 室蘭支店開設
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)