株式会社豊中ホット研究所
トヨナカホットケンキュウショ
2021

株式会社豊中ホット研究所

工業用ホース/配管の専門メーカー
業種
設備・設備工事関連
非鉄金属/重電・産業用電気機器/金属製品/半導体・電子部品・その他
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

■大阪を拠点とする「工業用ホース」のスペシャリスト集団です!

世の中で使用されているホースの約9割はゴムホースですが、私たちが開発・製造しているのは、工業用の特殊なホース。
業界内では「ホットホース」や「高圧樹脂ホース」と呼ばれるものです。
私たちがつくりだす製品は、耐寒熱性に優れ、特殊な仕様にも対応できることから、自動車、食品、重工業の工場など、さまざまな製造現場で重宝されています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

工業用の「ホース」「カバー」の専門メーカーとして。

常温では固体化してしまう原材料を、「熱する」もしくは「冷やして」使うことが、モノづくりの現場では時に必要です。塗料などはそのひとつの例。しかしその素材を高温にした場合、その素材を扱う設備もその温度変化に耐えられるものでなければいけません。豊中ホット研究所はそうした流体が流れる「ホース」や、貯めておくタンクの「カバー」などを開発、製造する専門メーカーです。日常生活の中ではあまり見ることがない製品ですが、私たちの製品は自動車、食品、塗料、重工業といったメーカーの工場で活躍しています。さまざまな業種と関わっており、日本のモノづくりの現場に欠かすことができない会社であると自負しています。

事業優位性

オーダーメイド型の商品開発で、独自のビジネスモデルを確立。

創業から50年以上にわたり、着実な成長を遂げている当社。その理由は大手とは違うビジネスモデルにあります。私たちはお客様となるメーカーから「こんな仕様のホースはできますか?」というオーダーを個別に受け、それぞれの要望に合わせた製品を納入しています。大手のように大量生産によるスケールメリットで勝負するのではない、オーダーメイド型の商品開発が豊中ホット研究所ならではの強みと言えます。自分たちにしかできないモノづくりに特化することで、厳しい価格競争に陥ることなく、高収益体質を可能にしているのです。最近ではその活躍ぶりが、東京の有名リサーチ企業からも注目されるほどになっています。

社風・風土

休日を自分で指定できる制度があります。

製品開発や製造において、独自の強みを発揮できていることは、社員一人ひとりの働き方にも影響しています。顧客から特別なオーダーが舞い込むときは、全員で協力して取り掛かるために、ある程度の残業が発生することもありますが、それ以外の通常期は定時に帰れることがほとんどです。また休日に関しては、こどもの長期休暇やピーク期の旅行代金を考慮して、自分が休みたい日を決めることができる「指定休暇制度」もあります。この制度は社員にもっと休暇を取得してもらうため、年末に翌年の休日を自分で申請してしまおうという制度です。若いときからコツコツとスキルを磨き、長く勤めたいという方には、当社は働きやすい環境と言えるでしょう。

会社データ

事業内容 生産工場等で使用される工業用ホース・配管の開発、製造、販売

■ホットホース・ヒーティングホース
水・油・空気・溶液の保温・昇温や凝固・凍結防止、または粘液・樹脂・油脂の粘度上昇を防ぎ定温移送するホースです。

■高圧樹脂ホース・特殊ホース
各種工業用ホース。用途に応じて耐圧加工した製品群。化学薬品・食品・ガス・スチーム用から塗装用、洗浄用などの幅広い用途・素材に対応しています。

■フレキシブルヒーター
バルブや配管ライン等に簡単に取付が可能なうえ、水・油・ガスなど流体の保温・昇温や凝固・凍結防止など様々な用途に使用できます。また、粘液・樹脂・油脂の粘度上昇を防ぎ、フラットな定温移送が実現できます。

■その他・取扱製品
特殊シリコーンスポンジ(チューブ)/特殊シリコーンスポンジ(シート)/ネオプレンスポンジチューブ/ナイロンチューブ等
創業 1967年8月
設立 1987年4月
資本金 1,000万円
従業員数 66人
売上高 1,200,000,000円
代表者 代表取締役社長 河原年男
事業所 ■本社
大阪府豊中市 服部南町1丁目2番1号

■大阪工場
大阪府豊中市 服部南町1丁目2番1号

■大阪営業部
大阪府大阪市淀川区新高3-9-14 ピカソ三国ビル4F

■大田工場
東京都大田区 大森南4-6-15 テクノフロント森ヶ崎209

■東京営業所
東京都港区芝大門1-1-32 芝大門ビル 4F

■九州工場
宮崎県宮崎市 田野町乙1742-46
沿革 1967年08月 福岡市博多区に於いて、高圧ホース・耐溶剤ホース の製造販売開始
1971年05月 ホットホース、パイプ加熱ヒーターの製造販売開始
1985年01月 インパルス高圧テストポンプ設置
1985年06月 テープヒーター・カバーヒーターの製造販売開始
1986年04月 営業と工場直轄のため、豊中市利倉に移転統一・ 拡張し、名称豊中ホット研究所とする
1987年01月 塗装用エアレスホース製造販売開始
1987年04月 資本金500万円で株式会社豊中ホット研究所として 法人組織設立
1987年05月 九州(宮崎)工場設立
1990年12月 資本金を1000万円に増資する
1991年04月 ナイロンチューブ押し出し成型機設置
1991年11月 PVC・ウレタン・熱可塑性エストラマーコーティング押し出し成型機設置
1992年05月 スチーム用アイロンホースの製造販売開始
1993年12月 テフロンチューブ押し出し成型機設置
1994年01月 スチーム用プレス機ホースの製造販売開始
1995年05月 高周波用電線製造販売開始
1999年01月 シンテープヒーター製造販売開始
1999年04月 東京営業所設立
2002年02月 事業拡張のため九州工場を日南に新設し移転
2002年07月 ISO9001:2000認証取得
2003年02月 本社を現住所(豊中市服部南町)に移転
2003年02月 東京工場設立
2006年06月 株式会社太洋と事業統合し、製造技術部門と販売部門を一体化する
2007年12月 東京営業所を移転
2009年11月 東京営業所を移転(大森:テクノフロント森ケ崎)
2010年12月 インパルス試験機導入
2015年04月 九州工場を移転(宮崎市:田野町西工業団地)
2017年11月 大阪営業所を移転(三国:ピカソ三国ビル)
2019年01月 東京営業部を移転(港区芝大門)
2019年04月 本社を移転(大阪市淀川区新高)、大阪工場・研究所を統合移設(豊中市庄内)
主要取引先 トヨタ自動車株式会社
日産自動車株式会社
本田技研工業株式会社
マツダ株式会社
富士重工業株式会社
スズキ株式会社
ダイハツ工業株式会社
いすゞ自動車株式会社
川崎重工業株式会社
株式会社大島造船所
三菱重工業株式会社
パナソニック株式会社
富士電機株式会社
株式会社ロッテ
株式会社資生堂
花王株式会社
久光製薬株式会社
ライオン株式会社
ユニ・チャーム株式会社
株式会社フジクラ
株式会社堀場製作所
直本工業株式会社
ニチレキ株式会社
株式会社オリエンタルランド
宇宙航空研究開発機構
防衛省・自衛隊
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)