株式会社ササクラ
ササクラ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社ササクラ

(株)ササクラ【東証二部上場】
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
機械
プラント・エンジニアリング/その他製造/機械設計
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

【環境保全に貢献しているエンジニアリング企業です!】
1949年、船内の生活用水を海水からつくる船舶用造水装置の製造からスタート。
独自技術と開発力を活かして「海水淡水化装置」を開発し、サウジアラビアや韓国等の海外へ進出しました。
さらに工場排水を減らす蒸発濃縮装置、省エネ性の高い空冷式熱交換器、騒音防止装置、
放射空調システムへと領域を広げつつ、地球環境を守る技術の開発に取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

【技術職も世界で活躍】中東エリアで世界最大級の機械を作る!

海水から真水をつくる技術を応用して開発した「陸上用海水淡水化装置」が転機となり、業界のリーディングカンパニーとして中東諸国の求めに応じてプラント建設を行うなかで、サウジアラビアや中国、韓国への海外進出が本格化。弊社では、技術職としては珍しく、現地に出向き仕事を行っていただきます。その後、工場排水を減らす「蒸発濃縮装置」、石油精製の冷却水不足を補う「空冷式熱交換器」、騒音問題を解決する「騒音防止装置」、快適な「放射空調システム」と環境保全に役立つ装置を開発。休むことなく技術革新を続けています。※入社時点での語学力は問いません。理系職の方もぜひ広い世界で活躍していただきたいと思います。

施設・職場環境

【中東の人が生きるための水を作る】都市や産業を発展させる企業

中東の国から【人が生きるために水をつくってほしい】と依頼され、陸上用海水淡水化装置を開発した当社。水は、すべての生命の源です。1トン/日の水があれば、5~8人が生活できると言われています。しかし地球の温暖化や文明の発達などで、水資源の不足が深刻な問題となっている為、「水の無いところに水を供給。水で人々の生活に役立とう」という理念のもと、世界中の渇きを潤しているのがササクラの陸上用海水淡水化装置です。淡水化プラントの設置・増設により、例えば30年前20万人都市であったサウジアラビアのジェッダは200万人都市に成長しました。ササクラの海水淡水化プラントは、世界の都市や産業を発展させています。

社風・風土

【人に驚きや感動を与えられる開発】、一緒に担いませんか?

当社の歴史は船から始まりました。捕鯨船の海水淡水化装置が原点。そして、中東の国から“人が生きるために水をつくってほしい”と依頼され、陸上用海水淡水化装置を開発。この技術を応用して工場廃水を処理する蒸発濃縮装置や熱交換器が生まれました。船の機関室での労働環境改善を目指した騒音対策製品はISS(国際宇宙ステーション)でも使われています。いずれも、困っているお客さまの声を聴き続け、開発されてきたものです。人を喜ばせたい、驚きや感動を与えたい。斬新なアプローチで「そこに手を付けましたか!」と関心してほしい。そんな開発を目指していますし、同じような思いを持つ方と働きたいですね。 【副社長/笹倉 慎太郎】

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術系
 設計/製品設計業務
 研究開発/新技術・新製品の開発
 生産技術/生産方式の検討・改善、生産設備の立案
 検査/製造途中・完成後の構造上の検査

■事務系
 営業/技術提案、アフターサービス、新規顧客開拓
 調達/国内外から資材・機材を購入
 生産管理/生産工程の立案、製造工程の管理
 総務/人事・労務・福利厚生・情報システムの管理
 財務/出入金管理、原価管理、予算管理、決算書類作成

会社データ

事業内容 <船舶用機器>
○海水淡水化装置
○熱交換器
○汚水処理装置
○油水分離器 など

<陸上用機器>
○空冷式熱交換器
○超低温バタフライ弁
○ヒートパイプ式冷却ロール など

<水処理装置>
○陸上用海水淡水化プラント
○蒸発濃縮装置 など

<消音冷熱装置>
○騒音防止装置
○放射空調システム など

上記機器・装置の開発、設計、製造、販売、アフターフォロー
本社郵便番号 555-0011
本社所在地 大阪府大阪市西淀川区竹島4-7-32
本社電話番号 06-6473-2131
設立 1949年2月22日
資本金 22億2,000万円
従業員数 295名
※2019年3月31日現在
売上高 195億1,900万円(単独)
※2019年3月31日現在
事業所 <本社>
大阪府大阪市

<東京支社>
東京都中央区

<工場>
竹島工場/大阪府大阪市
歌島工場/大阪府大阪市
小野田工場/山口県山陽小野田市

<研究所>
ササクラテクノプラザ/大阪府大阪市

<海外事務所>
中東エンジニアリングセンター(バーレーン)
業績推移(連結ベース)  決算期   売上高  受注高   経常利益 (単位:百万円)
――――――――――――――――――――――
2016年3月  12,932   9,958    179
2017年3月  10,233   9,542   -190
2018年3月  10,709   12,426     -300
2019年3月  25,307   13,157    757
主要製品及び事業 船舶用機器・陸上用海水淡水化プラント・熱交換器・蒸発濃縮装置・騒音防止装置・放射空調システムなど
関連会社 株式会社笹倉サービスセンター(大阪市)
株式会社ササクラ・アルク・エーイー(東京)
SASAKURA INTERNATIONAL(H.K.)CO.,LTD. (香港)
SASAKURA TAIWAN CO.,LTD. (台湾)
SASAKURA SHANGHAI CO.,LTD.(中国)
P.T.SASAKURA INDONESIA (インドネシア)
SASAKURA MIDDLE EAST COMPANY (サウジアラビア)
代表者 代表取締役社長 笹倉 敏彦
代表取締役副社長 笹倉 慎太郎
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行 ほか
沿革 1949年2月   株式会社笹倉機械製作所 設立
1951年3月   船舶用造水装置の製造開始
1956年11月 竹島工場(大阪)操業開始
1960年7月  東京事務所(現東京支社)を開設
1962年12月 船舶用油水分離器の製造開始
1963年9月   空冷式熱交換器の製造開始
1966年6月   アラビア石油向け海水淡水化装置(2,300トン/日)を輸出
1966年9月   松島炭鉱池島鉱業所へわが国初の陸上用海水淡水化装置を納入
1967年1月   クウェート国政府から当時世界最大の海水淡水化プラントを受注
1971年5月   逆浸透式水処理装置の製造開始
1971年8月   騒音防止装置の製造開始
1971年12月 船舶用汚水処理装置の製造開始
1972年7月   超低温バタフライ弁の製造開始
1972年8月   香港政庁から当時世界最大の海水淡水化プラントを受注
1972年12月 歌島工場操業開始
1974年7月   小野田工場操業開始
1979年9月   サウジアラビア王国アルジュベールII海水淡水化プラントを受注
1980年6月   ヒートパイプ式熱回収ユニットの製造開始
1983年1月   バーレーン国から世界最大級逆浸透式淡水化プラントを受注
1983年4月   バーレーン支店を開設
1987年4月   濃縮装置の製造開始
           電解法オゾン発生装置「オゾンマスター」の製造開始
1987年11月 音響ラボラトリー建設
1988年10月 ヒートパイプ式冷却ロールの製造開始
1992年10月 商号を「株式会社笹倉機械製作所」 から「株式会社ササクラ」に変更
1994年4月   超高層ビル用給排気ユニットの製造開始
1994年12月 大阪証券取引所 市場第2部に株式上場
1995年2月   メタダイン無響室の製造開始
1995年4月   高温集塵機の製造開始
1995年7月   ハーベスト式氷蓄熱システムの製造開始
1998年1月   超低温バタフライ弁のISO-9001の認証取得
1998年11月 船舶用プレート式造水装置「アクアリオ(R)」の製造開始
1999年10月 陸上用海水淡水化装置と空冷式熱交換器のISO-9001の認証取得
2001年1月   全製品を対象にISO-9001の認証取得
2001年12月 エコPETサイレンサー製造開始
2002年9月   ISO-14001環境マネジメントシステムの認証取得
2002年10月 半導体用オゾン水供給装置製造専用クリーン工場完成
                  サウジアラビアにおける合弁企業設立
2003年11月 VOC汚染水処理装置の製造開始
2004年2月   バーレーン国電水省向け逆浸透膜法淡水化装置を受注
2004年6月   サウジアラビアAPS社を通じサウジアラビア海水淡水化公団(SWCC)よりジェッダ No.4 MSF 海水淡水化プラントリハビリ工事を受注
        フッ酸回収装置が優秀環境装置として日本産業機械工業会会長賞を受賞
2004年11月 IMO決議MEPC.107(49)に基づく新型油水分離器の製造開始
2005年8月   LNG船用超低温バタフライバルブの製造販売について(株)中北製作所と業務提携
2005年9月   水・熱に関する総合研究所「ササクラ テクノプラザ」竣工
2005年12月 サウジアラビアAPS社を通じサウジアラビア海水淡水化公団(SWCC)より紅海沿岸六都市にレヒート型海水淡水化装置12基を一括受注
2006年2月   舶用Kシリーズ造水装置、累計出荷台数1万台突破
2006年9月   舶用Kシリーズ造水装置が(社)日本機械学会第1回優秀製品賞を受賞
                  SAJAHPプロジェクト(NF/RO+MEDハイブリッド海水淡水化装置日本・サウジアラビア共同研究)に参画
2007年11月 三重県亀山市に「カスタマーサービス亀山事務所」を開設
2008年4月   バーレーン国に「中東エンジニアリングセンター」を開設
2011年4月   中国に「日本株式会社 笹倉上海代表処」を開設
2013年7月   大阪証券取引所・東京証券取引所の現物市場統合に伴い東京証券取引所市場第2部に移行
2014年1月   「台彎篠倉貿易股●有限公司」を設立
          新型造水装置Xシリーズの販売開始
2014年9月   サウジアラビア海水淡水化公団(SWCC)よりアルジュベール フェーズ2 C4 海水淡水化プラントのリハビリ工事を受注
2015年1月  サウジアラビアAPS社を通じサウジアラビア海水淡水化公団(SWCC)より既設シュアイバ フェーズ2 海水淡水化プラントの増設工事を受注
2016年10月  (株)アルク環境エンジニアリングを連結子会社化
                   放射(輻射)冷暖房協議会を発足(発起人 (株)トヨックス、(株)インターセントラル、(株)クボタケミックス、(株)ササクラ)
2017年3月   Arabian Company and Sasakura for Water & Power(現社名 Sasakura Middle East Company)を子会社化
2018年4月   中国に「上海ササクラ環保科技有限公司」を設立
2018年10月 新型造水装置 WX シリーズの販売開始
                   「株式会社ササクラ・エーイー」を設立
URL http://www.sasakura.co.jp/
E-mail saiyou@skm.sasakura.co.jp
交通機関 【大阪本社】JR東西線「加島(かしま)駅」竹島東口 3-イ出口から徒歩5分

なお、JR「新大阪」・「大阪」・「三宮」各駅からは、JR神戸線にご乗車の上、JR「尼崎(あまがさき)」駅にて、JR東西線にお乗換えください。
JR「尼崎」駅から1駅目がJR東西線「加島(かしま)」駅です。
【新型コロナウイルス感染症への対応】 会社説明会会場にアルコール消毒薬を用意します

連絡先

〒555-0011 大阪府大阪市西淀川区竹島4-7-32
TEL 06-6473-2131(直通)(平日9:00~17:30) Fax:06-6475-2899
総務部人事総務室 採用担当
mailto:saiyou@skm.sasakura.co.jp
掲載開始:2020/03/01

株式会社ササクラに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ササクラに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)