森・濱田松本法律事務所モリハマダマツモトホウリツジムショ
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
各種ビジネスサービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

渉外秘書
E.A.
【出身】文学部英語英文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 先回りし、弁護士一人一人に合わせた臨機応変な対応で業務を円滑に
M&A分野の弁護士を複数名担当しています。電話応対やスケジュール管理、契約書のチェックや判例のリサーチ、執筆やセミナーの資料作成など、仕事内容は担当している弁護士次第で多岐に渡ります。秘書の仕事は一見、個々で対応する仕事が多いように思われるかもしれませんが、M&A案件は他の秘書と連携して進める作業が多く、チームワークも求められます。
日々の仕事では、忙しい弁護士が業務を円滑に遂行できるよう常に気配りを心がけています。例えば、指示を受ける前に先回りをして作業を進めておいたり、必要になりそうな関連情報を集めて準備するなど、先を見据えて主体的に仕事を進める事で弁護士のニーズに的確に応えるよう意識しています。ここ2年ほどは、部署を代表して当事務所の執務環境づくりについて話し合う委員会も引き受けていました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々の感謝の言葉や達成感などの小さな積み重ねがやりがいに
M&A案件は、案件の性質上、スケジュールが二転三転することが多く、大量の資料整理や報告書の校正、製本作業等を限られた時間内で対応しなければならない状況が頻繁に発生します。とりまとめの秘書を一任された時は責任感と緊張感が伴いますが、案件メンバーの秘書と協力した結果、期限内に無事に終える事ができた時に弁護士からかけられる感謝の言葉は非常に嬉しく、達成感とやりがいを感じます。
また、自分の関与した案件が新聞等に掲載された時は、サポートという立場ではあるものの貢献できたことを大変光栄に思います。
このように日々の感謝の言葉や達成感などの小さな積み重ねが、この秘書という仕事の醍醐味であると感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 魅力的な職場環境
数ある事務所の中での決め手は、就職活動中にOG訪問や事務所説明会でお話しした先輩秘書の雰囲気が自分にあっていると感じたこと、強みである英語力を活かせそうな職場であること、また、女性にとって働きやすい環境が整っている点に魅力を感じたからです。
実際に入所してみると、外国人弁護士を担当する機会も頂き、また、育休・産休・時短制度を利用されている先輩秘書も多く、女性にとっては非常に働きやすい環境で、大変恵まれていると感じています。
近年では定期的に事務所の交流イベントが開催されたり、福利厚生が充実しつつあったりと所員を大切にする職場であると思います。
 
これまでのキャリア 渉外秘書8年目です

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、幅広い業界を見る事ができる大変貴重な機会です。OG訪問や会社説明会で感じた雰囲気や直感は大切にするとよいと思います。会社の知名度や憧れの職種に捉われず「どういう働き方をしたいか?(理想のワークライフバランス)」「企業は社員に何を期待しているか?それは自分に本当にあっているか?」といった点で会社を選ぶと、入社後もミスマッチが少なく、充実した生活を送る事ができるかと思います。悔いのないよう自分に合った職場をぜひ見つけてくださいね。

森・濱田松本法律事務所の先輩社員

臨機応変な対応力で弁護士が集中できる環境を作る仕事

渉外秘書
M.T.
国際交流学部 国際交流学科

法務文書等の和訳・英訳を通して弁護士業務をサポートします。

英文翻訳
Y.H.
外国語学部 欧米第一課程 英語専攻

法務・金融分野の翻訳

英文翻訳
M.M.
教養学部 語学科

物件に関するデューディリジェンスの補佐等、不動産分野で弁護士をサポート

金融パラリーガル
M.S.
法学部

М&Aのデューディリジェンスやリサーチ、資料整理での弁護士の補佐。

渉外パラリーガル
S.Y.
法学部法律学科

クライアントと事務所の間に立ちながら、あらゆるアプローチで事務所をPR。

広報
M.A.
文学部人文社会学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる