株式会社小松総合印刷所
コマツソウゴウインサツショ
2021

株式会社小松総合印刷所

印刷・セールスプロモーション支援/マーケティング支援
業種
印刷関連
広告
本社
長野

私たちはこんな事業をしています

「同じものを大量に刷り上げる」。一般的な印刷会社のそうしたビジネスモデルに対して
お一人お一人に合わせ内容を1枚ずつ変えて印刷する「バリアブル(可変)印刷」や圧着ハガキ、
現代のニーズにフィットした商品を開発・提案しているのが私たち小松総合印刷所という会社です。

常に新しいことを取り入れ、提案する。そしてお客様のビジネス成功に貢献する。
そんなバリューの提供によって大きな存在感を発揮しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

お客様の課題やご要望を踏まえ、「成果」を提供

私たちはお客様の販売促進活動のお手伝いを行っています。どんな販売促進施策にも、必ず「目的」があります。ですから、ただお客様から依頼されたものを印刷するのでなく、まずはお客様の課題やご要望をしっかりと踏まえた上でその解決に向けた提案をしていきます。紙媒体か、スマホ向けか、という選択ではなく、両者を組み合わせた販促施策のご提案も行います。紙とwebを組み合わせた様々な販促手法をご提案し、お客様の販促施策の結果にコミットしていくこと。これが私たちのビジネスの大きな特徴であり、バリューです。

仕事内容

どんな提案をするか、一人ひとりが自由に発想

お客様に対してどういう提案を行うか、決まり事はありません。それは個々の営業担当者が自由に発想し、提案するもの。この「自分にしか生み出せない価値」を提供できることが、私たちの仕事の大きな醍醐味です。現在、仕事の依頼は急増中で、誰もが知っているような有名企業の案件も少なくなく、大手企業との取り引きも増えています。そこで武器になるのが若い人の大胆で斬新な発想力です。お客様はほとんどが県外で、東名阪を中心に北は北海道から南は沖縄まで全国に広がっており、出張も少なくありません。ちなみにお客様とのお取り引きはお問い合わせや展示会から始まることがほとんどで、飛び込み営業などはありません。

事業優位性

バリアブル(可変)印刷によるダイレクトマーケティングへの対応

差別化できる印刷物を提供するため、設備投資にも力を入れてきました。中でも私たちの大きな優位性となっているのは、バリアブル(可変)印刷ができること。一度に同じものを大量に刷る旧来の印刷と違い、対象者に合わせ内容を変えて印刷できるもので、全国的にもこれができる事業者は稀少な存在です。例えば焼肉屋のDMなら、成人男性向けにはビール、子供連れならアイスなどレコメンドしたいものをアピールすることが可能に。ダイレクトマーケティングに対応したこのバリアブル印刷を一つの武器に、私たちは動画を絡めたWebへの対応も含め、顧客データベースを活用した個客対応のトータルなマーケティング支援の体制を確立しています。

会社データ

事業内容 ◎総合印刷業
◎マーケティング支援
◎販促キャンペーン構築支援
◎情報発信業

ダイレクトメールやくじなど、企業の販売促進目的の印刷物に特化した会社です。
お客さまの製品をより多く売るために、何をすべきか?
この「売れる仕組みのお手伝い」をテーマにビジネスに取り組んでいます。

IT化が進む現代にあっては、紙の印刷物単体では大きな販促効果は見込めません。
Web媒体を含めた多様なツールを、トータルに活用・連動させることが求められています。

ですから私たちは印刷会社というより、印刷を核とした「販促支援会社」を自認しています。
近年では新しく「マーケティングオートメーション」を導入。
紙の印刷物によるリアルの販促活動だけでなく、スマホ等とのメディアミックスにより
「効果の見える化」まで提案できる力を身に付けています。
評価制度 一人ひとりに対して定量(数値)目標と定性(行動)目標を設定し、3ヶ月を1つの単位として、評価を行っていきます。
1.5ヶ月毎に中間面談、3ヶ月目に評価面談を行いますので、1年で計8回の面談を行います。
進捗具合の共有はもちろん、困っていること、悩んでいることなど、定期的なコミュニケーションの機会としています。

定量(数値)目標については各職種で変わってきますが、年齢や経験に応じて設定し、目標達成に向けて活動をしていただきます。

定性(行動)目標については、「会社はあなたにどのような行動をしてほしいのか」を設定します。「行動」なので数字で評価できない部分になりますが、上司との面談を通して、それぞれの頑張りをきちんと認め、成長につなげる仕組みがあります。

これらの評価を半期でまとめ、半期ごとに昇給に反映させていきます。
設立 1948年5月
資本金 2,100万円
従業員数 30名
売上高 17億8,000万円(2017年度実績)
代表者 代表取締役社長 小松肇彦
事業所 【本社】
長野県伊那市伊那10955番地1
沿革 昭和23年05月 長野県伊那市大字伊那3402番地に「小松印刷」設立
昭和38年10月 株式会社小松総合印刷に組織変更
平成04年04月 製版用カラードラムスキャナ導入
平成07年   マッキントッシュによるDTP開始
平成09年11月 イメージセッター導入及び、OPIサーバーを核としたLAN構築
平成10年02月 ウィンドウズDTP開始
平成10年03月 マルチメディア事業開始
平成10年09月 WEBサーバ、イントラネット構築
平成11年09月 CTP導入 フルデジタル化になる
平成12年05月 ISO9001:2000認証取得
平成13年05月 IT関連成長企業として経営革新支援法認定
平成18年10月 Pマーク取得 16190121(06)
平成19年01月 新工場移転
平成19年05月 個人情報保護士認定証(PiiP)取得
平成19年05月 環境保護印刷「クリオネマーク」の中で「ゴールドプラス」を取得
平成19年05月 指紋認証システム導入
平成21年06月 DMMエキスパート取得者3名
平成23年12月 世界初インクジェット搭載 インラインUV印刷機導入
平成25年05月 パンダスタジオ南信州 運営開始
平成25年09月 太陽光発電システム設置・発電開始
平成26年02月 レンチキュラー製造システム 導入
平成26年04月 HP Indigo10000デジタル印刷機 導入
平成27年07月 マーケティングオートメーション「DMA」サービス開始
平成27年10月 バリアブル中綴じ製本機 導入
福利厚生 ぷち社食あり
各種保険完備
退職金制度あり
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)