バイオ科学株式会社
バイオカガク
2021

バイオ科学株式会社

動物用医薬品、ワクチン及び飼料添加物の製造メーカー
業種
医薬品
本社
徳島

私たちはこんな事業をしています

当社は、生命の誕生、成長、健康、病気に至るまでのすべての生命現象を科学し、バイオテクノロジーや近代栄養学、微生物学、薬理学を駆使して動植物の栄養剤、サプリメント、動物用医薬品、水産用ワクチンといった製品を 開発しています。
農業、水産業、畜産業の発展に貢献すると同時に、健康を求める人々の要求に応える医薬品や健康食品を提供することを通じて、社会にあるいは世界に貢献することを目指します。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

世界的にも稀な事業形態を取るユニークな企業が目指す場所。

当社は、動物用医薬品・ワクチン・飼料添加物などの開発・製造・販売を行うメーカーです。グループ会社では、マダイやシマアジなどの養殖用種苗の生産や市場への鮮魚販売も行っており、こういった稚魚や飼料・医薬品の製造、鮮魚販売を一貫して手掛ける企業は世界でも例がなく、独自性の高いビジネススタイルを取っています。また、医薬品の原材料は海外企業から直接仕入れているため、徳島にいながら海外とも強い繋がりを持っています。現在は販売先のほとんどが国内ですが、今後は海外向けの販売も強化し、それと同時に、今まで培ってきた技術を生かした新製品の開発にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。(代表取締役 奥谷飛)

事業優位性

常識を変えた牛用栄養剤。新工場を建設し世界No.1を目指す。

成長を牽引している製品の一つに牛用の栄養剤(ルーメンバイパス製剤)があります。牛には胃が4つありますが、第1胃(ルーメン)で餌を分解発酵しています。そのため、栄養学上の研究が進んでいませんでした。一方で、品種改良が進んだ牛には、正しい栄養を補強しないことが原因で問題が発生していました。そこで当社では、第1胃を素通りして小腸で消化吸収されるビタミン剤を業界に先駆けて開発。常識を覆す製品としてヒットさせ、売上を飛躍的に伸ばしました。今後は国内のみならず、世界一のシェアを目指し、中国・アメリカへの販路拡大も視野に入れています。輸出に対応するべく19年中には新工場の稼働を開始予定。更なる飛躍を目指します。

社風・風土

若い社員が温かい雰囲気の中、意見を発信し、成長しています。

成長期にある当社では、若い社員が大勢活躍しています。前向きな改善要求が歓迎される雰囲気の中、「こんな風にやり方を変えたい」と発言し、上司は、それに「やってみてよ」と笑顔で答える。そんな光景が溢れています。また、女性が働きやすい環境も整っています。産休制度が当たり前に運用されているのはもちろん、基本的には復帰後も同じ部署で同じ仕事に戻れます。必要以上に特別扱いをすることなく仕事を続けられる環境が自慢です。さらに、社員の視野を広げるべく2年に1度は海外へ。過去にはヨーロッパ、イタリア、アメリカ、オーストラリアなどに出かけました。誰もが一人のビジネスパーソンとして成長できる。当社はそんな企業です。

会社データ

事業内容 動物用医薬品、ワクチン及び飼料添加物の製造・販売
機能性飼料の製造・輸入
健康食品の販売
設立 1983年7月1日
資本金 1億円
従業員数 74名(2018年11月時点)
売上高 33億円(2017年12月期)
31億円(2016年12月期)
代表者 代表取締役 奥谷飛
事業所 本社・工場/徳島県阿南市那賀川町工地246-1
第二工場/徳島県阿南市那賀川町工地562-1
北海道営業所/北海道帯広市西6条南6丁目3 ソネビル5F
福島営業所/福島県福島市丸子字中町裏30-3
関東営業所/栃木県宇都宮市御幸町44-1
東京事務所/東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル
埼玉営業所/埼玉県深谷市東方町1-12-19
阿北営業所/徳島県板野郡上板町七条字古町54-1
九州営業所/佐賀県佐賀市開成5丁目12-12
関連会社 バイオ科学販売株式会社
・動物用医薬品、動物用飼料栄養剤、養殖用資材、鮮魚
バイオ愛媛株式会社
・養殖用稚魚生産販売(マダイ、トラフグ、ヒラメ、カワハギ、マハタ、クエ)、クルマエビ養殖
沿革 1983年07月  徳島県阿南市西路見町にて営業を開始  
1986年03月  現在地に本社および工場を移転  
1989年08月  栃木県宇都宮市に関東支社(現・関東営業所)開設  
1989年11月  本社内に動物用医薬品GMP工場を新設  
1990年02月  徳島県那賀郡那賀川町に第2工場を新設  
1990年05月  福島県伊達郡伊達町に福島営業所を開設  
1990年06月  宿毛営業所を関連会社バイオ科学販売株式会社として設立  
1994年02月  健康食品事業を開始  
1995年07月  現在地に本社社屋および動物用医薬品工場を新設  
1996年12月  徳島県板野郡上板町に阿北営業所を開設  
1997年01月  株式会社バイ・エヒメの経営権を引き継ぎ関連会社バイオ愛媛株式会社に社名変更  
2000年09月  北海道札幌市に札幌営業所を開設  
2001年12月  徳島県那賀郡那賀川町に物流センターを新設  
2004年08月  本社工場内に生物学的製剤工場を新設  
2006年01月  北海道帯広市に帯広営業所を開設  
2006年11月  熊本県熊本市に熊本出張所(現・九州営業所)を開設  
2008年04月  北海道営業所として、札幌営業所と帯広営業所を統合  
2008年04月  埼玉県深谷市に埼玉営業所を開設  
2014年05月  東京都港区に東京事務所を開設  
2014年06月  福島県福島市に福島営業所を移転  
2018年11月 東京都中央区に東京事務所を移転
創業者の想い ■現場の問題を解決する製品開発が成長の原動力。

栄養学上の問題を顕在化し、改善する商品を市場に出すことで、人の役に立ちたい―そんな想いで会社を立ち上げました。私はもともと、世界最大手のビタミン剤メーカーの出身で、動物や人にどんな栄養素がどのくらい必要かの知識を持っていました。創業の源流は、その知識を生かした水産用の栄養剤開発でした。はまちや鯛の養殖で使用するオリジナル添加剤を開発し養殖魚に投与したところ、魚の成長と品質の良さが評判になり、当社は急成長しました。その後、大手製薬メーカーから医薬品の製造依頼が寄せられ、医薬品の製造にも事業領域を拡大。現在では、ワクチンの事業にも進出し、新薬開発にも積極的に取り組んでいます。(創業者・当社顧問 奥谷亮)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)