アストラゼネカ株式会社アストラゼネカ
業種 医薬品
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

営業本部 オンコロジー領域 首都圏営業部 千葉課
佐藤 由紀(2008年入社)
【出身】医学部保健学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 患者さんの生活に関わる仕事
医師やメディカルスタッフへ、最新の医薬情報を提供することで、患者さんの命や生活に影響を与える仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「ありがとう」の言葉は最高のご褒美です
入社5年目、MR活動の中で初めて新製品を上市した時の話です。新しい薬ということもあって、先生も私も効果に関しては半信半疑な部分があったのは正直なところです。が、発売直後にその薬を処方頂き、もう治療法が残っていなく諦めかけていた患者さんの症状が一気に改善した話を聞いた時は、MRとして活動をしていて本当に良かったなと実感した瞬間でした。その後、患者さんとも直接面会させて頂き、「ありがとう」と言われた時の気持ちは表現しきれません。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 色々な会社の説明会に顔を出して、空気を感じる
「私の働きたい会社」を見つけるために、社風を肌で感じることは、就職活動中、常に心掛けていました。どんなに周りに評判の良い会社でも、自分に合わなかったら意味がありません。人事の方や先輩社員とコミュニケーションを取る中で、「この人達と働いてみたい」と思えた会社を私は選択しました
 
これまでのキャリア 配属当初よりオンコロジーMRとして6年間勤務しています。初めは中小病院を担当していましたが、キャリアを積んでいくうちに、地域の大きな病院・がんセンターなども担当させてもらえるようになりました。

この仕事のポイント

職種系統 MR(医薬情報担当者)
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中は、どうしても自分を良く見せようと考えがちですが、ありのままの自分を面接官にぶつけることが大切だと思います。就職活動のために作り上げた自分で臨むのではなく、素直な気持ちで活動することで、入社後の充実した生活も可能になると思います。内定を貰うことをゴールにするのではなく、その先何をしたいか?も、ぜひ考えてみて下さい。

アストラゼネカ株式会社の先輩社員

医師・薬剤師に医療用医薬品の情報提供をする医薬品情報担当者(MR)です

営業本部 消化器・呼吸器領域 東京第2埼玉課
石井 恵美佳(2012年入社)
比較文化学部 比較文化学科

薬剤を通じ、患者さんが最良の治療を受けることができる環境を整える仕事!

営業本部 オンコロジー領域 中日本 大阪2課
田坂 祐介(2009年入社)
薬学部 生物薬学科

悩みが尽きない、樹形図のごとくやることがどんどん湧いて、だから楽しい!

営業本部 消化器・呼吸器領域 大阪神戸3課
船渡 聖太(2013年入社)
薬学部・薬学科

「最適な医薬品を患者さんへ届ける。医療における、縁の下の力持ち!」

営業本部 循環器・代謝 東京第1課
篠原 慶彦(2012年入社)
経済学部・経済学科

医薬品情報を通じて患者さんの治療をよりよいものにする手助けができる仕事

営業本部 消化器・呼吸器領域 北海道・東北 札幌1課
青木 祥子(2012年入社)
国際教養学部 グローバルビジネス課程

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる