株式会社SUU・SUU・CHAIYOO
スースーチャイヨー
2021

株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

オールドタイランド/クルン・サイアム/タイ料理研究所/
業種
商社(食料品)
食品/外食・レストラン・フードサービス/商社(インテリア)/その他専門店・小売
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【世界No.1のタイ料理チェーンに!】

当社は、社員の約7割が外国人という環境で、「クルン・サイアム」「オールドタイランド」など
4つのブランド名のタイ料理店を国内で12店舗、タイで1店舗展開している企業です。
世界でいちばんお客様や社員に喜ばれるタイ料理チェーンを目指し、
「タイ料理の普及を通じて社会貢献する」という理念のもと、
今後は国内はもとより、アジア、米国を含めた海外出店を進めていきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

タイ料理・文化の普及を実現し、さらなる進化を目指す。

当社は、タイ料理とタイ文化の普及を真摯に追求します。私たちの考える“普及”とは、より多くの方にタイ料理とタイ文化を楽しんでいただくこと。そのためには、QSC(Quality/Service/Cleanliness)の向上はもちろん、本格的な味、笑顔のサービス、現地の雰囲気を、チームワークと誇りをもって私たちがご提供し、お客様に満足していただかなければなりません。その満足の結果が、待遇の改善、生活の向上、働きがい、成長…といった私たち自身のアップデートにもつながります。売上や利益は結果でしかありません。家業から企業へと進化を果たした当社で、タイ料理とタイ文化の普及を実現し、一緒に世界No.1のタイ料理チェーンをめざしましょう。

戦略・ビジョン

2017年のタイに続き、2020年には米国での出店も!

2017年1月のプロンポン店(タイ)オープンにより、当社は海外戦略の第一歩を踏み出しました。プロンポン店は今や、最新の情報収集、人材育成、食材や物流の拠点としても機能しています。実際、この1年間で4名の本場のキッチンスタッフを養成し、日本へ輩出。また、タイジャスミン米「スースーライス」の輸入も開始しました。今後はタイをハブとしたアジア諸国での出店も加速予定。さらに、2020年の米国でのチェーン展開も見据えて着々と準備を進めています。とはいえ、私たちは急激な拡大は考えていません。店長の育成を前提とし、社員の生活を守るためにも健全な財務状態を保ちつつ、着実に成長していきたいと考えています。

社風・風土

全社員に、チャンスと成長の機会と幸せを!

当社で一緒に働く全ての人が、ドキドキ・ワクワクと成長を実感し、誇りを持って幸せに働ける会社をつくりたい。社員全員が仕事で安定した幸せを感じつつも、新しいことを学べる、チャレンジできる、成長できる機会を提供しつづける会社でありたいと、本気で思っています。実際いま、休日数の増加や評価制度の改善、オペレーションの効率化・工数の削減、業務システムやSNSの導入、外部アカデミーへの参加…etc. さまざまな取り組みを進めています。また、有給消化率の高さも当社の特徴のひとつかもしれません。一人ひとりが主体性を持ち、イキイキと働ける会社を目指し、今後も労働環境や待遇面、教育制度などの整備を急ピッチで進めていきます。

会社データ

事業内容 ■タイ料理レストランの経営・プロデュース((国内12店舗・海外1店舗))
■雑貨輸入
社名の由来 タイ語で、SUU・SUUは「頑張れ」、CHAIYOOは「万歳」を意味します。

タイ語のかわいらしい発音と、「頑張れ!!頑張れ!!万歳!!!」という
勇ましい意味がどことなく ミスマッチで面白いですが、
我々の使命や理念をあらわのにふさわしい社名となっています。
設立 2004年9月
資本金 1100万円
従業員数 正社員190名(社員72名)
※約7割は外国人スタッフです
売上高 ◆9億1600万円(2017年3月期)
◆8億3000万円(2016年3月期)
◆6億6000万円(2015年3月期)
◆5億600万円(2014年3月期)
◆4億300万円(2013年3月期)
代表者 代表取締役 川口 洋

<代表者略歴>
大学在学中に初めて飛行機に乗り、ヒッチハイクでニュージーランドを放浪。
以来旅にはまり、アジア、欧米、中東、アフリカと全世界40ヶ国以上を渡航。
その後、「海外の人と仕事がしてみたい」という理由で外務省に入省。
中東勤務中に現地のタイ大使館職員やコックと知り合い、自身もタイへ渡航。
以来、タイに魅了され、34歳でタイ料理店の開業を決意。
本社 東京都目黒区駒場3-5-18 シャローム駒場203
経営理念 <我々は、タイ料理とタイ文化の普及を通じ、社会に貢献します。>
◆衛生的で美味しい料理
◆心のこもった笑顔のサービス
◆チームワーク良く、楽しく、誇りをもって働く

経営ビジョン 「世界No.1タイ料理チェーンとなる」

私たちは、挑戦と創造でSUU・SUU・CHAIYOOを
世界でいちばんのタイ料理チェーンにします。
※「いちばん」=「いちばんお客様に喜ばれる」
店舗 <タイの食卓 オールドタイランド>
19世紀末の首都バンコクに建てられた貴族の家をイメージ。
東洋文化と西洋文化が絶妙に溶け合った落ち着いた雰囲気の中、
本場そのままの本格的なタイ料理を楽しめるタイ料理レストラン。
◆飯田橋店…東京都千代田区富士見 2-3-8 横江ビル2F
◆新橋店・ネスト店…東京都港区新橋2-15-3 1F&2F
◆市ヶ谷店…東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3F


<タイの食卓 クルン・サイアム>
20世紀初頭のバンコクに立てられた西洋風の店内をイメージした
おしゃれな雰囲気の中、本格的なタイ料理を味わえるレストラン。
◆自由が丘店…東京都目黒区自由が丘2-11-16 エクセレンスビル2F
◆吉祥寺店…東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24 小島ビルB1
◆六本木店…東京都港区六本木7-10-4
◆中目黒店…東京都目黒区上目黒1-6-5 森ビル2F202
◆アティック店…東京都目黒区自由が丘1-13-13 KAWABE BLD4F
◆大井町店…東京都品川区東大井5-1-14 K-52
◆渋谷文化村通り店…東京都渋谷区道玄坂2-22-2 渋谷道玄坂1956 2F ★2017年7月OPEN


<タイ料理研究所>
クルンサイアムやオールドタイランドから生まれた、
本格的なタイ料理をリーズナブルな価格で提供する新たなブランド。
◆渋谷店…東京都渋谷区桜丘町24-8 新南平台マンション102

<THAI STREET FOOD>
微笑みの国、タイの雰囲気を感じながら、異国情緒溢れる店内で、
日常の憩いの場として食事を楽しめるタイ料理レストラン。
◆東京都豊島区西池袋1-1-25  B1東武イケチカDining
沿革 ◆2004年09月…前身の有限会社設立
◆2004年11月…クルン・サイアム自由が丘店オープン
◆2007年04月…オールドタイランド飯田橋店オープン
◆2008年06月…クルン・サイアム吉祥店オープン
◆2009年11月…クルン・サイアム六本木店オープン
◆2010年02月…株式会社SUU・SUU・CHAIYOO(略(株)S.S.C.)に商号変更
◆2010年10月…クルン・サイアムアティック店オープン
◆2010年12月…クルン・サイアム中目黒店オープン
◆2012年05月…オールドタイランド新橋店オープン
◆2013年08月…クルン・サイアム大井町店オープン
◆2014年06月…タイ料理研究所駒場東大前店オープン
◆2014年11月…オールドタイランド市ヶ谷店オープン
◆2015年03月…タイ料理研究所渋谷店オープン
◆2016年 4月…オールドタイランド 新橋ネスト店オープン
◆2016年 5月…タイストリートフード 池袋店オープン
◆2017年 7月…クルン・サイアム 渋谷文化村通り店オープン
HP http://www.sscy.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)