小柳建設株式会社オヤナギケンセツ

小柳建設株式会社

建築/インフラ/浚渫/発掘調査/緑化/環境/災害復興/橋梁・ダム
業種 建設
住宅/建築設計/建設コンサルタント/インターネット関連
本社 新潟、東京

先輩社員にインタビュー

建築事業部
K・T(24歳)
【出身】新潟工科大学  工学部建築学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 建設現場の施工管理/更地から建物ができるまでの工程を間近で感じる仕事
施工管理とは、現場で働く職人さんや資材を搬入する業者さんなどとコミュニケーションを取りながら、建物ができるまでの工程をヒト・モノ・カネの観点から管理する役割を担います。案件ごとに現場の様子が変わるため、3年目になった今でも初めての経験がたくさんあり、大変ではありますが、日々新しいことを学べるため、常に成長を感じながら働くことができます。一番間近で建物が出来上がる様子を見ることができるため、工程通り進む変化を肌で感じながら毎日仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
初めての現場!建物の完成で多くの人から喜びの声を頂戴した瞬間
私が入社をして最初に任された仕事は工事写真の撮影をするというものでした。「写真撮影」という言葉だけを聞くと、とても単純な仕事に聞こえますが、実際のところ現場では日々作業が進行するため、いつ・どこで・どんな写真を撮影すればいいかということは、工程表を見て自分自身で計画しなければいけません。初めて経験することを、自分で計画して実行していくというのはとても難しいことでしたが、周りの先輩方とこまめに相談・確認をし、進めることができました。工程表と実際の現場をリンクさせながら日々撮影を行ったため、どのような順序で工事を進めているのかということが理解できるようになり、現場の変化を楽しみながら日々の仕事に臨むことができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社と共に成長を実感できるところ
私が就職活動をしていたときは、『地元で形に残る社会貢献をしたい』という想いから、新潟県内で有力な建設会社に絞って会社を見ていました。いろいろな会社の説明会に参加しましたが、小柳建設は他の会社と比べ、社員一人ひとりが明るく一生懸命でとても良い印象を受けました。また、説明会の話の中で『若い人に任せていく社風がある』というお話を伺い、ここであればいろんな経験を積みながら会社と一緒に成長することを実感できるだろうと、強く思いました。仕事を長く続けるには、やりがいを得て自分自身も成長することが必要不可欠ですので、これからも新しい取り組みにチャレンジし続ける会社と共に、私自身もいろいろなことにチャレンジしていきたいと思っています。
 
これまでのキャリア 建築事業部(今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私の経験から3つ!

1、企業説明会で一つでも多くの企業に行ってみてください。行ってみると自分が想像していたのと少し違くて面白いなとか意外な発見がけっこうあったりします。

2、いいなと思ったら会社個別の説明会も行きましょう。そこで顔を覚えられたりとか就活で少し有利になるかもです(笑)

3、自分をアピールできれば大丈夫です!

みなさん、就職活動頑張ってください!

小柳建設株式会社の先輩社員

建設業の営業/大型案件から一般住宅まで様々な案件に携われます

建築事業部 建築営業部
Y・N
長岡造形大学 建築環境デザイン学科

採用・研修/説明会から入社、その後の教育まで。社員の成長に寄り添う仕事

採用研修チーム
S・D
新潟大学/東京都市大学 新潟大学大学院 自然科学研究科/東京都市大学 環境情報学部

採用・研修

採用研修チーム
Y・K
新潟医療福祉大学 医療経営管理学部 医療情報管理学科

建設工事の施工管理業務/現場での安全・出来形・写真管理の仕事

M・I
De Anza College Liberal Arts ; Business and Computer Information Systems

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる