帝都ゴム株式会社
テイトゴム
2021
業種
タイヤ・ゴム製品
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

当社は、昭和6年の創業以来技術を磨き、現在は自動車用ゴムホースの生産をメインにおこなっています。

ものづくりへの絶え間ない研鑚を続け、技術力の向上を目指します。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

ゴムホースの製造・販売を通じ、自動車産業に貢献していく

日本のものづくり技術は、世界中から注目を集めている、誇るべき財産です。価値ある技術や知識を生かし、ものづくり業界のさらなる発展に貢献するため、私たちは自動車や産業用の中低圧ゴムホースの製造・販売に注力しています。質のよいゴムホースを製造するためには、精練、押出、成型、加工といった工程が必要。当社では、一貫生産体制を整えることによって、ていねいな作業と低コストの両方を実現しお客さまからご好評をいただいています。日々進化していく自動車産業にますます貢献できるよう、今後も技術向上およびサービス向上を目指し続けます。

仕事内容

技術系、事務系と営業系の3職種で新しい仲間を募集

当社では、技術系と事務系、営業系の3職種で新入社員の募集をしています。技術系の職種では、材料開発や製品設計といった製品づくりに欠かせない業務のほか、新たな生産技術の開発、解析実験、品質保証などをおこないます。高品質な製品を実現するため、高い意識で業務にのぞんでください。事務系の職種では、来客対応や書類作成・整理、伝票管理などの一般事務業務のほか、経理や総務人事の業務もおまかせしたいと考えています。営業系は、大手自動車メーカーへ弊社の製品の営業などを行ないます。はじめのうちは悩むことも多いと思いますが、頼りになる先輩社員たちの力を借りながら、自分らしく成長してください。

会社データ

事業内容 自動車、および産業用の中低圧ゴムホース類の生産と販売精練から押出・成型・加工までの一貫生産
設立 昭和18年
資本金 1億円
従業員数 450名
売上高 97億円
代表者 代表取締役 天羽 勝久
事業所 【本社】
〒358-0055 埼玉県入間市大字新光235番地

【九州工場】〒872-0674 大分県宇佐市安心院町久井田505番地
【関西営業所】〒564-0044 大阪府吹田市南金田2-3-26FE21-803
沿革 昭和6年 帝都ゴム製造所として創業
18年 帝都ゴム製造株式会社に改組
33年 日産自動車(株)と取引を開始
36年 東京工場(樹脂部門)操業
39年 富士重工業株式会社(現 株式会社SUBARU)と取引を開始
42年 埼玉工場操業
46年 カルソニック株式会社(現 カルソニックカンセイ株式会社)と業務提携
51年 東京工場を栃木県塩谷町に移転操業
62年 社名を帝都ゴム株式会社に変更
平成元年 埼玉工場新社屋完成
3年 フィリピン・タイタン・ラバー社と合弁会社、(オリオンラバーマニュファクチャリング社)設立
5年 北関東営業所開設
7年 ダイハツ工業と取引を開始、スズキと取引を開始、九州工場操業開始
9年 本社移転(池袋→埼玉県入間市)、ベトナム・カスミナ社と技術援助契約締結
11年 栃木工場を分離し栃木テイト設立
13年 関西営業所開設
16年 インドネシア・インドカルロ社と技術援助契約締結
19年 オリオンラバーマニュファクチャリン社の全株式を譲渡
23年 交換による鬼怒川ゴム工業の完全子会社化、大阪証券取引所(現,東京証券取引所)JASDAQ(スタンダード)上場廃止
25年 栃木テイトを吸収合併、中国拡張、タイ、インド、メキシコTS設備導入
27年 本田技研工業とホース部品の納入開始(鬼怒川ゴムグループ)
ホームページ http://www.teito-rubber.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)