中国木材株式会社チュウゴクモクザイ
業種 建材・エクステリア
商社(建材・エクステリア)/電力・電気/農林
本社 広島

先輩社員にインタビュー

経営企画部 企画課
上野 広隆
【出身】東京農工大学  農学部 地域生態システム学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 様々な経営データを分析し、会社の運営に活用していきます
現在担当しているのは、会社の収益構造の分析業務。具体的には、米マツ製材事業においての仕入れから販売までのコスト分析です。この事業は様々な要素によって、損益に変動が生じてきます。例えば原木をアメリカで買い付ける際には、その時の相場や為替が購入額に大きく影響してきます。また製材工場でも、スタッフの人件費などのコストが原価に関わってきますし、商品販売の際には品質によって価格も変わってきます。これら様々なデータを分析してそれぞれの数値の増減要素を抽出し経営陣と共有。今後の企業運営の下敷きに活用したり、またミスの防止に役立てていくことが、経営企画部の仕事となります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「初めての仕事」で、周囲に支えられながら結果を出せた
日向工場の土地造成プロジェクトに参加させて頂く機会がありました。これは工場の一部をアスファルト舗装する数億円規模の大きな工事でした。工事業者さんと話を進めていくうち、先方のご尽力もあって、こちらのリクエストよりも更に良い形で計画が完成し、稟議書を提出。無事この稟議に決裁が降りて工事がスタートした時は、非常に嬉しかったですね。初めてで何もわからない仕事に、周囲の方々に本当に何度も助けていただいて、なんとか成果を出すことができた。その過程が、嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「儲かる林業」のビジネスモデル構築に心惹かれた
私は就職時に「森に関わる仕事がしたい」という希望を持っていました。いま現在、正直なところ日本の林業は難しい状況にあります。手入れがされないまま放置され、荒れ果ててしまった森林の映像などを、皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。これは結局「林業は短期的に利益が取れない」ことに起因していると思います。しかし中国木材はそうした状況にあって、なんとか「儲かる林業」のビジネスモデルを構築しようとしています。自分もそうした取り組みに大きな興味があり、入社を志望しました。まだ現在は直接的に「森」に関わる仕事はできていませんが、将来に向けて必要な知識・ノウハウは着実に身についている感覚があります。
 
これまでのキャリア 工場での研修(半年間)→(現職・3年目)

この仕事のポイント

職種系統 経営企画
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ツイッターなどで後輩たちの就職活動の様子を見ていると「気負ってるなー」と感じることが多いですね。しかし実際は企業の人事の方も、社会に出て一緒に仕事をすることになる先輩も、基本的に「怖い人」はいません!ぜひ気持ちを楽にして、リラックスして就職活動に取り組んでください。

中国木材株式会社の先輩社員

お客様に的確に商品をお届けする、在庫管理業務

営業部 統括課
岡 泰平
静岡大学 農学部 環境森林科学科

品質維持に欠かせない、測定器のシステム管理を担当

管理部 生産技術課
中村 達彦
高知工科大学 システム工学群 電気電子科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる