国立研究開発法人 国立がん研究センター
コクリツガンケンキュウセンター
2021
業種
公社・官庁
医療関連・医療機関/福祉・介護/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

国立がん研究センターは昭和37年に日本で初めてのナショナルセンターとして、がんの診療、研究を行うべく設置されました。以来50年間がんの診療・研究に多大な成果を上げ、広く世界にも知られるようになっております。研究所は開設以来、病院及び行政との密接な連携を基に、がん対策を推進すること、我が国におけるがん研究を推進する中核施設としての機能を果たすことの2つの基本的かつ統一的な目的のために活動しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

全てのがん患者とそのご家族が希望を持てる医療体制を実現する。

1962年にがん医療・がん研究の拠点となる国立の機関として創設され、日本のがん医療と研究を強力にリードしてきた国立がん研究センター。2010年4月に独立行政法人として生まれ変わり、2015年4月には国立研究開発法人に指定され、「大学又は民間企業が取り組みがたい課題に取り組む」法人に位置づけられました。同時に、世界レベルでの研究成果の創出と研究開発成果の最大化が求められており、また、国際水準の臨床研究等の中心的な役割を担う機関として期待されています。基礎研究と臨床研究の両方の視点から、がん制圧に資する研究・診療両面でのがん対策を実践するとともに、その戦略を提言できる機関としての存在意義が求められてい ます。

魅力的な人材

正確さが求められる仕事です。

学生時代は80点、90点を取れば合格ですが、この仕事は100点を取らなければ合格とは言えません。例えば、給与業務は毎月職員の方へ正確に給与を支給することが仕事なので、毎月満点を取ることが当たり前の仕事です。厳しいですが日々勉強することで、自分自身の成長を感じることが出来るのがこの仕事の醍醐味です。

社風・風土

事務として最先端のがん研究を支える。

世界最先端のがん研究、がん診療を事務として下支えする仕事なのでとてもやりがいがあります。いずれの部署でも上司、先輩と一緒に仕事をしていくので安心して取り組めます。職員は穏やかな人ばかりですので、わからない事があれば何でも聞いてください。丁寧にお教えします。

会社データ

事業内容 がん その他の悪性新生物に関する診療・研究
設立 (開設)1962年2月
代表者 理事長 中釜斉
事業所 ■築地キャンパス(東京都中央区築地5-1-1)
研究所
中央病院
先端医療開発センター
社会と健康研究センター
がん対策情報センター

■柏キャンパス(千葉県柏市柏の葉6-5-1)
東病院
先端医療開発センター
資本金 91,662,446,513円
経常収支 68,051,309,310円
従業員数 3456人(H30.4.1現在)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)