株式会社ナスカナスカ

株式会社ナスカ

航空機・飛行機/宇宙機器の開発設計
業種 輸送機器
機械設計/航空/機械/人材サービス(人材紹介・人材派遣)
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

航空宇宙設計部
J.I(39歳)
【出身】名城大学  理工学部 交通機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 リージョナルジェット機の燃料系統の設計・開発
国産リージョナルジェット機の開発プロジェクトに8年前から携わり、燃料系統の設計・開発を担当しています。
燃料系統とは,翼の中に搭載された燃料をエンジンに供給する系統です。
また、翼内の残りの燃料量をコックピットに表示する機能も燃料系統の一部です。
それに必要な燃料ポンプ、バルブ等の機械部品やコンピューター等の電子機器の設計・開発をフランスの燃料システム開発パートナーと二人三脚で開発しています。
開発中は機器テストのため、パリやリヨン近郊にあるパートナーの工場へ出張も経験しました。
現在は納入に向けて試作機の燃料システムが、設計通りの機能・性能であるかを確認する地上試験や飛行試験の手順書及び試験立会の業務も行っています。
2017年秋には米国での飛行試験にも立会の業務も行っていました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が設計したものが飛行機となって世の中の人の役に立てる!
自分が設計・開発したものが、実際の形になり、飛行機の一部となって飛び立つのは非常に感動します。また、飛行機の試験手順書などを、実際に動く様々な機能を想定しながら作成します。中には想定外な試験結果が出たりして苦労しますが、新たな発見があることで自分が成長していることを実感でき、エンジニアとして喜びを感じます。航空機業界は、まだまだ海外が強いため、必ずと言って良いほど海外パートナーと共同で開発します。海外出張も多く、各国のエンジニアと接することが出来、また、異文化に触れることも出来、とても刺激を受けます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 航空機をやりたい!の夢を叶えてくれる
展開事業は航空機分野のみで、間違いなく航空機設計ができると思ったからです。また、私は第一期生ということもあり、自分が会社の主力戦力となることで会社を大きく成長させたいという思いもあります。
 
これまでのキャリア 航空機開発設計業務(15年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの ビジネスで通じる語学力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まずは、自分の将来像を想像する。これが一番大事です。そうすれば、自分が何をしたくて、そのためにどの会社が適しているのかが自ずと見えてきます。

株式会社ナスカの先輩社員

民間旅客機の胴体の構造解析

航空宇宙設計部
T.A
関西大学 システム理工学部 機械工学科

航空機の組立作業指示。部品の組立手順を考え、作業者に指示しています。

航空宇宙設計部
S.M
立命館大学大学院 理工学研究科 創造理工学専攻

国内初の国産ジェット機の空調系統設計業務

航空宇宙設計部
S.K
室蘭工業大学 工学部 機械航空創造系学科

設計業務と製造現場の掛け橋

航空宇宙設計部
K.S
名城大学 理工学部 交通機械工学科

ヘリコプタの設計をしています。

航空宇宙設計部
H.K
茨城工業高等専門学校 機械システム工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる