株式会社ナスカ
ナスカ
2021

株式会社ナスカ

航空機・飛行機/宇宙機器の開発設計
業種
輸送機器
機械設計/航空/機械/人材サービス(人材紹介・人材派遣)
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

◆◇◆ナスカは100%航空機のエンジニア集団です◆◇◆

会社設立以来、航空宇宙機器の設計、開発、解析に特化し、国産初のジェット旅客機(MRJ)を始め
とする民間機、防衛省向けの航空機(飛行機・ヘリコプター)の設計・開発、解析、生産技術を手がけています。

『航空機開発エンジニアになりたい!』
その想いを実現し、チャレンジし続ける環境を整えています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

航空機開発のこんなところが面白いんです!

航空機開発の魅力は、何といってもそのスケールの大きさ!自分の体の何十倍もあるものをつくっていくので、やりがいを感じられること間違いナシです!自分が苦労して設計した航空機が、はじめて空を飛び立つ瞬間を想像してみてください。ワクワクしてきませんか?当社では、そんな航空業界ならではの面白さだけでなく、さまざまなメーカーの機体開発に携われるというメリットも。中には開発の中枢を担うエンジニアとしてメーカーからも一目置かれる先輩や、航空機開発の本場シアトルへエンジニアとして出向する先輩など、その活躍の場の広さは無限大です!あなたも航空機100%のナスカで、航空機開発の面白さを感じてみませんか?

社風・風土

航空機エンジニアへの道をとことん追求する技術者集団。

航空機開発にどっぷり浸かった先輩たちが多いのがナスカの特徴。自ら声を掛け合い、集まって勉強会などを開催しています。取締役や管理職の社員も育成には積極的で、会議でメンバーたちの能力UPに向けて「何が必要なのか」を熱く議論し、個々の能力を引き伸ばすお手伝いを行っています。定期的に開催される「技術セミナー」では、「もっと航空機を知りたい!」という人のために、ベテラン先輩技術者が講義を行い、技術を伝承していきます。また、みんながエンジニアとして成長しようと同じ方向を向いている会社なので、先輩が後輩を教えるという風土が根付いており、成長のスピードは速いと感じていただけると思います。

仕事内容

入社してからぐんぐん「伸ばせる」。それがナスカの育成力!

「航空機のエンジニア」というと難しいイメージを持ってしまう人が多いのかもしれません。そんな人でも大丈夫!私たちの会社には「初めから航空機開発の専門知識を持っていた人」ばかりではなく、就職活動を通じて航空機開発の楽しさを知り、志望してきた学生も多くいます。入社時に知識のなった先輩も、入社後に技術を身に付け、今では開発の最前線で活躍しています。その原動力となっているのがナスカ自慢の研修カリキュラム。現役エンジニアが毎年内容を見直して、現場で活きる最先端の知識が学べるように更新をしており、日進月歩の航空機開発において常に先頭を走るエンジニアとして活躍できます。

会社データ

事業内容 航空宇宙機器の設計・開発・解析
企業理念 航空宇宙機器の設計開発を通して
個人の能力を最大限に活かし
お客様に信頼される技術を提供することにより
社会に貢献します。
業務概要 【航空宇宙機の設計・開発をしています。】
飛行機(旅客機、貨物機、戦闘機、練習機、ヘリコプターなど)
の開発から詳細な設計まで、航空機に特化した技術提供を行っています。

●航空宇宙の機械/電気電子分野における開発・設計・製作
●電気通信機器・情報制御機器の開発・設計・製作
●コンピュータソフトウェアの開発
●労働者派遣事業許可番号「派23-301880」

※ボーイング社(米 シアトル)に技術者派遣など、 海外航空機メーカーでも
多数のエンジニアが活躍しています。
※国産初のジェット旅客機(MRJ)への技術提供をしています。
設立 2000年2月3日
資本金 3000万円
従業員数 68名(2018年10月)
平均年齢 30.7歳(2018年4月)
売上高 4.4億円(2018年3月実績)
代表者 代表取締役社長 関口相二朗
事業所 ■本社
〒455-0022
名古屋市港区竜宮町22番地の6 竜宮町菱興ビル3F
TEL:052-698-4577 FAX:052-698-4576

■岐阜オフィス
〒504-0821
岐阜県各務原市蘇原瑞雲町一丁目4-6 Vヒロエビル2F
TEL:058-371-0933

■小牧オフィス
〒480-0202
愛知県西春日井郡豊山町豊場高前91 貴前ビル205
TEL:0568-65-9679
業務分野 航空機エンジニア職
 ■構造設計
 ■装備設計(油圧、空調、燃料、動力、アビオニクス等)
 ■構造解析
 ■プロジェクト(設計の取り纏め)
 ■生産技術
主要取引先 川崎重工業株式会社 航空宇宙カンパニー
三菱重工業株式会社 名古屋航空宇宙システム製作所
三菱重工業株式会社 名古屋誘導推進システム製作所
三菱航空機株式会社
沿革 2000年 2月 株式会社ナスカ 設立
           12月 川崎重工業株式会社 取引開始
2003年 5月 岐阜オフィスを開設
           12月 ボーイング社(米 シアトル)に技術者派遣開始
2004年 3月 三菱重工業株式会社 取引開始
2007年 3月 増床に伴い名古屋本社へ研修室・セミナールームを設置
2008年 4月 三菱航空機株式会社 取引開始
2013年 1月 資本金を3000万円へ増資
           3月 岐阜オフィス全面改装 研修室、設計室、会議室、商談室を設置
2016年 5月 小牧オフィスを開設
航空機エンジニアとして成長できる風土があります! いままでたくさんの技術者を育ててきた私たち。
当社の育成方針は「やりたい仕事」を任せることで、
個々の能力を最大限に引き延ばしていくことです。

当社では社員ひとりひとりに合わせた能力開発を行っており、
実践的な研修やレベルにあった技術支援、啓発等の機会を与え、
航空機開発エンジニアを夢見る社員を応援しています。

航空宇宙機器開発は、世界のグローバル化に伴って、
今後ますます必要とされるこれからの産業です。
あなたもナスカで航空機のスペシャリストを目指してください。
たくさんのエントリーを待っています!
こんな知識が身につきます 航空機設計、航空機工作法、航空機概論、複合材技術、3次元CAD、解析設計など、
航空機開発に欠かせない専門知識が身につきます。

また、世界に通用するエンジニアを目指すための英語能力向上研修、
さらに人間的に成長するための人材育成など、
エンジニアとして社会人として、とことん成長できる環境を整えています。
とても奥が深いから面白い! 10のマイナス9乗という厳しい安全品質が求められます。
一生に一度起こる事故の3倍のリスクを想定して、
万が一のさらに万が一が起こっても安全に飛ばせるように、
研究開発が求められるのです。
日進月歩で技術が生み出される航空機開発には、
これでお終わりというゴールがありません。
一つのことを究められるタイプが向いているのかもしれませんね。
腰を据えてじっくり働けます 航空機開発の大きな特徴は「開発期間が長い」こと。自動車や家電品だと数年おきにフルモデルチェンジを繰り返していきますが、航空機が大きなフルモデルチェンジを行うのは十年単位。ひとつの開発テーマにじっくり取り組んでいける環境です。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)