株式会社日本シネアーツ社
ニホンシネアーツシャ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社日本シネアーツ社

デジタルシネマ 映画フィルム 映画字幕
  • OpenES
  • 正社員
業種
芸能・芸術
放送/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

当社は1951年に創業し、映画字幕に携わってきた業界の老舗企業です。業界でもいち早くIT化に対応した最先端技術を取り入れ、字幕作成作業のみならず、翻訳等のトータルコーディネートなど関連する高品質なサービスを複合的に提供することで映画産業の振興に貢献しています。多様なメディアが登場した現代社会において映像コンテンツの役割は増す一方であり、将来性が大きく広がる分野でもあります。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

駅から近いスタイリッシュな働きやすい環境とアットホームな社風

職場は市ヶ谷駅から近く、スタイリッシュでオシャレなデザインの新しい建物です。明るく清潔感のあるオフィスは、周辺が一望できる高い場所にあり、素晴らしい眺めで気持ちよく仕事ができる環境です。映像にも音響にも徹底したこだわりで作った映写室を完備し、最高の状態で映画を鑑賞することが可能です。より良いコンテンツをより多くの人に届けることを共通の目的としている「映画好き」が集まる職場で、高いモチベーションに刺激を受けながら成長することができます。アットホームな雰囲気の中、自分らしさを出してのびのび働けるので、映画とその技術に関わる仕事に興味がある方にとってこれ以上ない職場だと思います。

戦略・ビジョン

デジタル化によって大きく広がる映像コンテンツの未来を見据えて

映画を記録する媒体がフィルムが主体であった時代、フィルムの現像施設を持たない当社では劇場用プリントの焼き増しや色変換をおこなうといった作業は不可能でした。しかし、現在ではデジタル化されたデータが主流となっており、最終出力も物理的な現像作業が不要となったことで、当社ができる作業に大きな可能性が広がっています。業界全体を含めた大きな変革を背景として大きく広がる未来への投資を続け、最先端の技術を取り入れながら進化を繰り返していくことをテーマとしています。時代が変化していく先を追い求めながら、昔から変わらない映画と映画産業に対する情熱を胸に、高品質なサービスで社会に貢献していきます。

事業・商品の特徴

経験と蓄積されたノウハウ、幅広いネットワークで業界をリード

当社が事業を開始した1951年から、60年以上の歴史を映画産業とともに歩んできました。その間、急速な技術の進化、社会の変化とそれに伴う消費者の嗜好の移り変わりなど、映画を取り巻く環境も大きく変革し、それは現在も継続しています。こうした中、常に業界のフロントラインで高品質のサービスを提供しながら、映画産業を支えてきた老舗企業が当社です。豊富な経験と蓄積されたノウハウ、幅広いネットワークを駆使してお客さまのニーズに期待以上の品質で応えるサービスを提供してきました。最先端の設備を完備し、新しい技術をいち早く取り入れながら、スピーディかつ柔軟なフットワークで良質な映画の提供に寄与しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

○総合職(字幕の制作管理、字幕作成・編集、総務事務)
多種多様な業務が新しい才能を待っています!
映画作品を映画館で上映可能な状態に仕上げるまでの工程管理や、字幕編集、予算管理、請求作業、貸試写室のブッキング管理など、日々の字幕制作業務がスムーズにおこなわれ、かつ高い品質を確保するための仕事です。業界特有の専門知識が必要ですが、基本からしっかりと指導しますので安心してご応募ください。

会社データ

事業内容 ○外国映画字幕制作業
○貸試写室業
○輸出入業
○カメラ及び写真材料の販売業
○不動産賃貸業
設立 1951年6月10日
資本金 2,000万円
従業員数 13名
売上高 267,110千円(2018年度実績)
代表者 代表取締役 金木 啓宗
事業所 ■本社所在地
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町2-5 AD市ヶ谷ビル
沿革 1951年6月 東京都千代田区神田にて、映画フィルムの字幕製作を業として設立
1953年10月 株式会社に改組
1961年 現在の地、東京都新宿区市谷に新社屋ビルを竣工し、移転/航空及び海上輸出/貨物の通関業務を主軸とする国際貨物部を新設/社屋ビル内に貸試写室を新設
1962年 映画フィルムの字幕加工に国内唯一となる、ケミカル方式を導入
1978年 成田空港開港と同時に、国際貨物部 成田営業所を開設
1995年 映画フィルムの字幕加工に国内初となる、レーザー方式を導入
1999年 ケミカル方式の映画フィルム字幕加工業務の受注を終了
2006年 関連会社の金木フィルムを吸収合併
2009年2月 本社社屋建て替えの為、東京都新宿区早稲田に一時移転/タイプ方式の映画フィルム字幕加工業務の受注を終了
2010年9月 本社新社屋(AD市ヶ谷ビル)竣工  
2010年10月 新社屋(AD市ヶ谷ビル)に移転し、業務開始/デジタルシネマ関係の業務を受注開始/デジタルシネマに対応した貸試写室をリニューアルオープン/貸オフィスビル業を新設
ホームページ http://www.cinearts.co.jp/

連絡先

株式会社日本シネアーツ社
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町2-5 AD市ヶ谷ビル
TEL:03-3268-5201(代表) FAX:03-3268-5235
掲載開始:2020/03/01

株式会社日本シネアーツ社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社日本シネアーツ社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)