株式会社 藤木工務店フジキコウムテン
業種 建築設計
建設コンサルタント/不動産/建設/住宅
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

工事課
芦田 俊洋(26歳)
【出身】神戸大学 大学院  工学研究科建築学専攻 卒
【年収】520万円位
これが私の仕事 建築工事現場の施工管理
工事現場で現場監督として施工管理をしています。具体的には、職人への指示や施工図の作成、現場の安全管理等、多岐にわたります。図面を基に建物を字際に作っていく仕事であり、ごまかしがききません。そこが難しいところでもあり、また、楽しさでもあります。仕事の成果が常に目の前にあるため、確かな手ごたえが感じられる仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
建物の実物が目の前で出来上がっていくところが面白い。
現場の仕事は実物を相手にしているので、徹底的に具体的で、そこが気に入っています。図面を書く仕事にも関心がありますが、図面とは建物の三次元形状を記号化し、二次元に落とし込んだバーチャルなのものであり、現実とは違います。現場を見ることでこのギャップが埋められるのではと考え、この仕事を選びましたが、正解であったと感じています。実際一つ目の現場を終えたころ、個人的に取り組んだコンペの図面を描いているときに、以前よりも具体的かつ詳細にイメージしながら作図できていることに気づきました。学生時代の、空想の建築を絵にかくだけの製図に違和感を持っていたのですが、現実の建物に取り組む難しさ、面白さを知ることが出来て、より建築を好きになることが出来ました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 扱っている物件の種類(伝統建築、注文住宅等)
扱っている物件の種類に魅力を感じ、この会社を選びました。住宅建築に興味があったことと、大学での研究テーマが日本建築史だったことから、住宅、伝統建築を扱う会社を探していました。実際入社してみると、設計施工を含む注文住宅、伝統建築の修理保存工事等がコンスタントにあり、満足しています。すべての人がこれらの工事にかかわれるわけではありませんが、希望すれば若手にも挑戦させてくれる風土があり、とても働き甲斐がある会社です。
 
これまでのキャリア 施工管理(現職2年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 ニッポンの文化・伝統・歴史を守っていく仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 結果がすぐにわからないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

世の中には学生のころには知りもしなかった仕事がたくさんあります。就職の段階でこれしかない、と思える仕事が見つからなくても心配する必要はありません。そもそも自分のやりたいことも時間とともに変わっていくものです。これまでの経験から自分の特性をよく分析し、ある程度の方向性を定めたら、あとは「実際に働いてみるまで分からない」とある意味割り切ることも大切だと思います。

株式会社 藤木工務店の先輩社員

建設現場の現場管理

工事部工事課
平尾 卓也
香川大学 工学部安全システム建設工学科

施工管理。現場にて計画・管理を主な仕事としている。

工事部工事課
中村 明幹
金沢工業大学 建築学部都市デザイン学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる