日新製薬株式会社ニッシンセイヤク

日新製薬株式会社

ジェネリック医薬品
業種 医薬品
商社(医薬品)/食品
本社 山形

先輩社員にインタビュー

日新製薬株式会社企画開発部開発課
吉田圭一(31歳)
【出身】大学院  生命科学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ジェネリック医薬品の研究開発
研究開発の試験・分析を担当しています。製剤担当者が製剤化した薬の有効成分量の測定や不純物の検出方法の検討、さらに製剤中の有効成分の経時的な安定性の評価などが主な仕事です。品質の良し悪しを見極めるために、正確な考察・判断能力が必要な仕事であると感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
試験方法を生み出すことができた
開発製品の中には、製剤化する前に試験方法を一から考えなければならないものがあります。
一年目の冬、試験方法が確定せず、なかなか進展しない製剤がありました。その試験方法の検討を担当した際、様々な文献を調べたり、結果・考察・対策を上司に逐一報告するよう心がけたりしたことで、何とか期限内に試験方法を確立させることが出来ました。上司からアドバイスを貰いながらですが、試験方法を一から創り出すことが出来たのは貴重な経験となりました。今はまだ研究開発の中のごく一部にしか携わっていませんが、将来的には処方検討や製剤化などにも挑戦していきます。当社は、そういった挑戦が出来る環境であると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 世の中に貢献できるものづくりがしてみたい
大学・大学院と細胞に関する基礎研究を行ってきました。基礎研究は大切であると実感しながらも、就職したら目に見える形で世の中に貢献できるものを生み出したいという考えもありました。
そこで、ものづくりがしてみたいと考え、食品・化粧品・医薬品メーカーの研究開発部門を見ていく中で当社の存在を知りました。当社では、社員一人ひとりが開発の最初から最後までを担当します。細分化された仕事の一端ではなく、ものづくり全体に携わりたいという私の希望にも当てはまりました。また、ジェネリック医薬品というこれからの世の中に貢献できるものづくりができることも、当社に魅力を感じた理由でもあります。
 
これまでのキャリア 研究開発(2010年4月入社)

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分にとっての「楽しみ」や「喜び」とは何かを考えて就職活動をしていました。なぜなら、仕事をがんばる最大の源となるのが、そういったポジティブな感情だと思ったからです。働いてみて正直、大変なとき・辛いときもありますが、自分なりの「楽しみ」や「喜び」を感じる瞬間があるからがんばれるのだと実感しています。積極的に外に出て、多くの企業や人と触れ合って、将来自分が楽しめそうな仕事が見つけ出せることを願っています。

日新製薬株式会社の先輩社員

医薬品の出荷に対する品質保証

品質保証部 品質保証第2課
高橋陽介
昭和薬科大学大学院 薬学専攻

医薬品製造における品質管理

日新製薬株式会社品質保証部品質管理第2課
早川真美
大学 工学部  機能高分子工学科

医薬品に関する情報を収集・提供し<ジェネリック医薬品>を世の中に広める

営業部 関西エリア
関西エリア 若手男性MR
追手門学院大学 経営学部

学術情報部員 MRのサポート

学術情報部
浦野有美
外国語学部フランス学科

品質管理、製造された医薬品などの検査を行うこと

品質保証部 品質管理第二課
柳町 幸希
日本大学 薬学部

MR!

営業部 九州エリア
田中綾夏
名古屋学院大学 スポーツ健康学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる